わたしん 眠りBlog

レスリング選手が使っている敷き布団「エアー」

ロンドン五輪女子レスリング金メダリストの

吉田沙保里選手、伊調馨選手、

プロ野球の坂本勇人選手、女子プロゴルファーの有村智恵選手、

プロサッカーの三浦知良選手など

世界で活躍するトップアスリートが愛用している

西川の高機能マットレス「AIR」

 

「点で支える」がキーワードのこのマットレスは、

ポコポコとした独特の感触が新しい、身体に負担をかけない設計。

点が密集したような、でこぼこしたウレタン素材でできており、

一度見ると強く印象に残ります。

 

スポーツ選手は体が基本です。近年睡眠について研究開発や様々な科学的データも
発表されているため、今まで以上に睡眠に関して学んでいる方が増えていますし、
睡眠もコンディショニングの一環と捉えている選手の方が多いです。

よくテレビで映るかもしれませんが、
海外遠征や国内遠征のときには、ベッドの上に敷くふとんを持ち込んでいる
スポーツ選手も多くいらっしゃいます。

 

「AIR」は独特の構造が体圧の分散に効果的に機能し、

寝たときの姿勢を自然な状態でキープするため

身体の一部分に負担がかかって寝返りが減り、起きた時に身体が痛い……

という、お悩みをもっていた方からも「使用してから改善した」という

喜びの声をいただいております。

 

他の敷きふとんと組み合わせる必要なく

1枚だけで床や畳に敷いてご使用いただけますし、

季節に合わせてパッドや敷布団と併用してもご使用いただけます。

 

また、寝具として気になる機能である通気性・保温性ですが

ともに抜群です。

多くの空気層があるため、冬はあたたか。

通気性が高く湿気がこもりにくい構造によって、蒸し暑い夏も快適です。

 

今まで

いくらマットレスを重ねても床につく感じがする、

寝て起きると腰が痛い、など

眠る環境に課題があった方には特におすすめしたいマットレスです。

 

最初にご紹介したトップアスリートの方々も

『「AIR」に変えてからは快適に眠れるようになった』

という感想をおっしゃっていました。

 

 

 

そして気になる「お手入れ」ですが

複雑に見える特殊な構造から、手軽なお手入れはできないのでは?と

感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ご無用です。

通気性が高く、ダニなどもつきにくい素材なので天日干しの必要がありません。

数日に一度風通しの良いところで室内に立てかけておくだけでOKです。

これでしたら、忙しい方でも負担になることはありません。

 

それから

専用カバーは取り外してご家庭でお洗濯できます。

普段は専用カバーの上にシーツを敷き、

シーツをこまめに洗濯するようにするとウレタンマットレスの出し入れが

少なく済むのでおすすめです。

 

それぞれの方の体型や体重、寝る姿勢によって合う硬さなど違います。

「AIR」には種類がございますので、店舗にてぜひ実際に寝て比べてみてください。

敷き寝具と密接な関係の「枕」も合わせてお選びになると、より効果的です。

 

「わたしん」各店の「AIR」体験コーナーで、快適な寝心地をお試しいただけます。

「AIR」について詳しくはこちら

 

  • 掲載日:2018年1月30日

ふとんの天日干しのコツとは?

冬の時期、室温の低下によって

ふとんがひんやり冷たいことがあります。

いくら保温性の高い掛けふとんをかけても

寒くてすぐには寝付くことができません。

 

寒い日は、入った瞬間からポカポカの

あたたかいふとんで眠りたいものです。

 

最近では

高機能なふとんクリーナーやふとん乾燥機など

住宅事情やライフスタイルに合わせた

便利な家電が年々登場し、進化しています。

 

その影響もあり

ふとんの天日干しをしなくなったご家庭も多いと思いますが、

「天日干し」にはうれしいメリットがあります。

 

就寝中に人はコップ1杯分の汗をかきますが、

天日干しによってその汗が蒸発して、ふとんがふっくら軽くなり、

さらに紫外線が菌の繁殖を抑えてくれます。

 

お天気の良い日に外に干したおふとんは

ほんわかとあたたかく、お日さまのにおい。

家電では再現できない気持ちよさがあります。

外に干して部屋に取り込んだおふとんに

飛び込むことが大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

 

ふとんの天日干しのポイントは

紫外線の多い時間帯で2~3時間干すのが良いとされています。

冬場ならば、午前11時~午後2時くらいの間が理想的です。

 

また、紫外線によってふとんの生地が劣化するのを防ぐため、

ふとんカバーはつけた状態で干しましょう。

 

そして1時間くらいずつで裏返し、両面を充分に日光に当てることが

殺菌効果やダニの除去に効果的です。

 

 

しかし、花粉が多く舞う時期やPM2.5の濃度が高い日、

また交通量の多い幹線道路沿いにお住まいの場合は、

屋外で天日干しをすると

空気中の有害物質がふとんに付着してしまいます。

 

かさばるふとんを運ぶことやベランダの物干し棹にかけることが

困難な場合もあるでしょう。

 

そんなときは無理に外に干さずに

窓際など日が当たる場所に室内で干す、

ふとんクリーナー、ふとん乾燥機などをご使用になることをおすすめします。

屋外と室内を上手に使い分けて

快適なお手入れをしていきたいですね。

 

もし、おふとんを干す時間がない方、
いつも忙しくて敷いたままの楽なふとんをお探しなら
ウレタン素材で、天日に干す必要のない、整圧敷きふとん などもございます。

こちらは、体圧分散をしてくれる高機能敷ふとんですので

肩こりや腰痛の方には、大変喜ばれております。
実際にお使いになったお客様の喜びの声はこちら

 

「わたしん」では、ご家庭の環境に合わせたふとんのお手入れ方法や

お手入れグッズのご案内をしております。

 

寝具のお手入れで気になることがあったり

お質問などございましたら

お気軽にお近くの店舗のスタッフまで。

店舗情報はこちらをご覧ください→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月27日

入浴剤の「色の効果」を知って、快適な眠りを

古くから入浴文化が根付く日本には、現在

約1,000種類の入浴剤が市場に出回っているそうです。

 

スーパーでも雑貨店でも

さまざまなお風呂グッズ、とりわけ入浴剤は豊富なラインナップ。

カラフルでおしゃれなパッケージのものも多く

プレゼントの候補としてもよく登場するのではないでしょうか。

 

入浴剤を湯船に入れると、良い香りとともに

オレンジ、グリーン、イエロー、レッド系などの

鮮やかな色が広がります。

 

種類によってさまざまな色がありますが、

「バスクリン」の元社員で現在「睡眠改善インストラクター」の

石川康弘 氏の著書『お風呂の達人』(草思社 出版)によると、

それらの色は “カラーセラピー” に基づいて考えられているとのこと。

 

例えば、

気持ちを穏やかにするなら「グリーン」

冷静になりたい時は「ブルー」

元気になりたい時は「レッド」

他人と打ち解けたい時は「イエロー」など

色による癒しの効果が入浴剤に取り入れられているので、

そのときの体調や気分によって「色」で選んでも良いのです。

 

直感的に手に取った色が

そのとき必要としていることかもしれません。

 

心地良い眠りのためには、

お風呂で心と身体の疲れを癒すこともとっても大切なのです。

 

また、快適な眠りのために効果的な入浴方法は

以下のポイントを実践してみてください。

 

<快適な眠りのために最適な入浴のポイント>

・シャワーだけでなく、できるだけ湯船に入る

・温度38〜40度のぬるめのお湯にゆっくりつかる

・眠る1〜2時間前に入浴する

人は身体の深部体温が下がることで眠くなります。

入浴中に体温が上昇し、あがった後は30分ほど経過した頃に

徐々に体温が下がり始めるため、そのタイミングを計算し、

眠りにつきたい時間の1時間前や2時間前に浴室に向かいましょう。

 

 

忙しくてもできるだけゆっくり湯船につかる時間を作って

毎日を健康的に過ごしたいですね。

 

快適な眠りのために、

その日の気分に合った入浴剤を選び、きれいな色や良い香りに癒される、

そんな入浴タイムをもっと楽しみませんか?

 

 

快適な眠りについてのご相談は「わたしん」へ

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月25日

良く眠れる「抱き枕」の選び方

横向きで寝るときに、

腕を組んだり

腕を伸ばしてみたりしたものの、

何となく寝る体勢が落ち着かないときってありませんか?

 

いつもより疲れた日ほど

脳が興奮状態で落ち着かず眠りにくいこともあります。

 

そんなとき、「抱き枕」を使用することで

体勢が楽になる効果が期待でき、

柔らかい枕に抱きつくことで精神的にも落ち着いて

すんなりと入眠することができます。

 

近年では横向き寝用のサポート寝具、

妊婦の方向け、いびき対策用など、

目的別の抱き枕が多数販売されています。

 

抱きつきながら眠ることで得られる

「安心感」や「癒し」効果を高めるために

まるで “ぬいぐるみ” のようなデザインのものも。

可愛らしくてインパクトのある商品は思わず目を引きますね。

 

日常生活のストレスや疲労を日々解消することは

すべての人にとって大切なことです。

 

オンタイムの活動を充実させるために

「休むこと」も大切な仕事の一つ。

ゆっくりお風呂に入ること、

のんびりお茶を飲むことのように、

眠るときにリラックスするための工夫を

もう一度見直してみることをおすすめします。

 

「抱き枕」を取り入れてみることはその工夫の一つです。

 

そして

抱き枕を選ぶ際の重要なポイントは「使う目的」です。

見た目のイメージや価格ではく

まずは目的をしっかり定めてから探しましょう。

 

枕の形状、詰め物の素材などの種類は豊富にあり、

普段の寝姿勢や目的によって、最適な抱き枕はさまざまです。

 

妊婦さんが大きくなったお腹でも楽に眠るためや、

腰痛の方のお悩みを緩和するため、

入眠しやすくするためなど用途によって異なるので

確認して実際に試してみることが

ぴったりのものを見つける近道。

 

カバーがあって洗うことができるタイプだと

常に清潔に使用できるので安心です。

 

 

ご自身にぴったりの快適な「抱き枕」選びは

「わたしん」各店のスタッフにご相談ください。

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月23日

「睡眠負債」を知っていますか?

最近よくさまざまなメディアで取り上げられているので

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

「睡眠負債」という言葉、知っていますか?

 

「睡眠負債」とは

スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で、

日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、

心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態をいいます。

 

日本では約4割の人の睡眠時間が6時間未満であり

睡眠不足に陥っている、つまり

「睡眠負債」を抱えていると指摘されています。

 

「睡眠負債」の状態が続くと、免疫機能の低下やうつ、がんなど

深刻な疾病につながる可能性もあり、その点を危惧する内容の

書籍が出版されるなど、各メディアで「眠り」が注目されています。

 

充分な睡眠がとれないことによる疲労感や眠気によって、

本来持っている能力が発揮できなくなり、

気がつかないうちに日中の活動に支障が生じてしまうことも。

 

健康の柱である「睡眠」がいかに大切か

あらためて考えさせられます。

 

ある調査によると、睡眠不足になる原因は

・仕事や外出で帰宅時間が遅いため

・ふとんに入ってからスマートフォンを見るため

ということが多いようです。

 

これらの原因に対しては、

残業しがちな働き方や時間の使い方を見直す、

スマートフォンの使用を就寝直前は控える、

ということが対策として考えられます。

 

特にスマホの光は寝る前に目に入ると睡眠の妨げになるので、

そのような習慣はできるだけ早く改善した方が良さそうです。

 

また、身体に合わない寝具を使い続けることで不眠になったり、

身体の不調につながったりするケースも少なくありません。

 

このことは逆に、

寝具を見直すことが睡眠の質を上げることになり、

さらに日常の生活の質も向上できるかもしれないとも考えられます。

 

今お使いの寝具がご自分に合っているのか

ぜひこの機会にチェックしてみてください。

 

ふとんに入ったときに快適と感じているか。

起きた時に身体が痛いなどの症状がないか。

よく眠れているか。など

寝具を見直し、今の生活リズムをあらためて考え、

ご自身や家族の皆さんがよりよい暮らしをできるように

改善していきたいですね。

 

 

「わたしん」では「睡眠負債」を抱えないための

最適な寝具選びをお手伝いいたします。

 

寝具選びのご相談はお近くの「わたしん」へ。

お近くの店舗はこちらからご覧いただけます→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月16日

冬用の「あったか下着」はわたしんへ

「“わたしん”さんで下着を売っているの?」

と、驚かれますが

(当店では下着というよりもインナーウェアと捉えておりますが。。。)

 

「わたしん」は眠りの専門店であり、

同時に健康・快眠ショップでもあります。

 

そのため、寒い冬でも快適にお過ごしいただくための

健康グッズも多数取り揃えております。

 

冬に何枚も重ね着をして防寒する時代は過ぎ、

薄手であたたかいインナーで着ぶくれせず

スマートな着こなしをする習慣がかなり浸透していますが、

冬用のあたたかいインナーはどれも同じと思っていませんか?

 

「わたしん」が自信をもって冬に最適とおすすめする商品、それは

スポーツブランド・ミズノが開発した発熱する下着

「ブレスサーモ」シリーズです。

 

 

歴史と信頼・実績のあるスポーツ用品メーカー・ミズノが開発した

この素材は、身体から出ている見えない汗(水分)をとらえ、

瞬時に熱に替える高機能素材。

実験結果からも、あたたかくなる様子が目に見えてわかります。

 

あたたかい機能をうたったインナーは

どれもそんなに変わらないと考える場合は、

当然価格で選ぶことになると思います。

 

しかし、こちらの商品を実際に使用した方からは

リピートでまた買い足す方も多く、ご好評いただいております。

お値段的にはもっとお求めやすいものが

他にあるかもしれませんが、

よりあたたかく、快適に冬を過ごすことができるという

この「ブレスサーモ」の特徴を体感していただくと

その違いがわかり、ご愛用いただけているようです。

 

「薄手であたたかい」という

男性にも女性にも嬉しい高機能インナー「ブレスサーモ」を

ぜひお試しいただきたいと思います。

 

 

冬でもおしゃれに、かっこよく。

仕事でもプライベートでも快適に過ごしたいですね。

寒くて仕事に集中できない、

外のレジャーが楽しめない、

室内にいても寒くて……などのお悩みを解決するインナーです。

 

肌着のほかに、靴下やタイツ、腹巻タイプなどもございます。

店頭にてそのあたたかさをお試しください。

「ブレスサーモ」に関するお問い合わせは「わたしん」各店へ。

http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月11日

羽生結弦選手が使用する「オーダーメイド枕」とは?

2018年2月に開催される平昌(ピョンチャン)オリンピックで、

メダルが期待されるフィギュア日本代表の羽生結弦選手。

 

男子66年ぶりの連覇が期待される羽生選手が

遠征先で使う寝具として選んだのが

西川のオーダーメイドブランド「&Free」の

オーダーメイド枕です。

 

スポーツ選手は練習や大会出場で遠征することが多くあります。

長時間の移動や、慣れないホテル等の部屋で生活をしながら

コンディションを整えなくてはなりません。

 

これまでは遠征先のホテルの枕が大きすぎたり、硬かったりして

首の痛みや張りの原因になっていたという羽生選手。

自身の身体に合わせて作った「&Free」の枕を使うことで

「呼吸が楽になり、首の張りも改善されてきた印象がある」と

感じているそうです。

 

どんな環境でも

身体能力を存分に発揮しなければならないのがアスリート。

世界の舞台で挑戦し続けるために、「眠り」が重視されています。

眠りにつく前にイメージトレーニングをするなど、

羽生選手の寝具に対する思いがインタビューから伝わってきます。

 

 

さて、羽生選手も愛用の寝具ブランド「&Free」は

創業450年を迎えた東京西川が

これまでの技術を結集させて、お客さま一人ひとりの

体型や体重にあわせた寝具がオーダーメイドできるオリジナルブランドです。

 

「&Free」の「&」は「つながり」を、

「Free」は「素の自分へ戻り、本来持っているチカラを引き出すこと」を

意味しています。

 

ふとんの中にいるときは、素の自分へ戻って

本来持っているチカラを引き出すメンテナンス時間ととらえ、

一人ひとりに合わせた質の高い眠りを提供することがコンセプトです。

 

オーダー枕のほかにも、

マットレス、ベッドフレーム、ドクターセラ、羽毛ふとん、ベビー用寝具など

幅広いラインナップがあります。

 

「素の自分に戻る」というコンセプトの通り、

シンプルでナチュラルなイメージを大切にした「&Free」シリーズは、

お部屋を上質な雰囲気にまとめてくれる存在感があります。

 

穏やかな気持ちになれるナチュラルカラーと

上質さが感じられるがモダンなデザインが

おしゃれなお部屋にぴったりです。

 

現在ご使用の寝具のデザインがインテリアと合わない、

好みと違う、と感じていらっしゃる方にも

「&Free」は大変おすすめです。

 

身体に合わせた高品質の機能性と、

心地よい暮らしに調和するデザインが

毎日をよりよいものに変えてくれます。

 

 

「&Free」は「わたしん」旭店(TEL:0479-62-0234)にて取り扱っております。

詳しくは、こちらもぜひご覧ください→http://andfree.jp/

  • 掲載日:2018年1月9日

女性向け “かわいい”インテリアのポイント

寝室のイメージをかわいらしくコーディネートしたい方へ

 

新年を迎えて気分一新、

お部屋の模様替えをお考えの方や

4月から新生活を迎える予定の方にとって

「どんなイメージの部屋にしよう?」と

ちょうど検討していらっしゃる時期かもしれません。

 

特にワンルームの間取りで一人暮らしの場合、

白い壁紙に茶系・白系のフローリングのお部屋が多いと思います。

広さ的にもお部屋に占める寝具の割合は大きく、

掛けふとんカバーや枕カバーのデザインがそのままお部屋の印象に。

 

そうなれば

家具やカーテンと同じくらいこだわって

お気に入りの寝具カバーを選びたいですね。

 

まずはお部屋のベースとなるカラーを決めて

どんなインテリアにするか、方向性を考えましょう。

 

女性の場合、やはり「かわいい」イメージは

インテリアにおいても欠かせない要素です。

 

白を基調としたお部屋に、ソファのクッションや

ベッドの掛けふとんカバーが、ピンクや赤などの

かわいらしい色柄だと、若々しいポップな印象に。

 

茶色などのアースカラーでまとめた落ち着いたお部屋に、

アクセント的に花柄やドット柄などの寝具カバーを選ぶのも

さりげなく女性らしさが表現できておすすめです。

 

一見インパクトがある、お人形の部屋のような

ピンク一色・フリルやレースを多用したインテリアにも、

好みは分かれますが一人暮らしのときこそ

挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

どんなイメージでも

お部屋は早く帰宅したくなるお気に入りの場所でありたいもの。

じっくりとインテリアを整えることによって、

住む人にとって「わくわくする空間」に作ることができます。

なおかつ「心から安らげる空間」であることも大切です。

 

寝具ひとつでお部屋のイメージは変わります。

交換可能なカバーにこだわって、大好きなインテリアを楽しみましょう。

 

デザインの良いものは高くて……と思われる方も多いですが、

肌に触れるものなので見た目の印象だけでなく

素材の質も重視してお選びいただきたいと思います。

 

手軽に購入可能なものは肌触りが良くなかったり、

洗濯で生地が早く傷んでしまったりする場合があります。

 

寝具カバーは、デザイン、素材の品質、肌触りすべてを

確かめてからお選びください。

 

 

女性向けのかわいい寝具セットをお求めなら「わたしん」へ。

レースやフリル、パステルカラー、ドット柄、花柄など

「かわいい寝室」を演出する枕カバーや掛けふとんカバーを

多数取り揃えています。

お近くの「わたしん」はこちらから→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月6日

冷えを緩和する!冬の寝具選び

 

新しい年がスタートしました。

「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、

2018年の目標は立てましたか?

 

「今年こそ夜型の生活を朝型にする」

「早起きしてジョギングを日課にする」など

一日の時間の過ごし方について見直したり、

朝の時間をもっと有効に使おうという考え方が

ますます広がっているように感じます。

 

けれど

冷え込みが厳しい真冬の朝は目覚めが悪く、早起きどころか、

いつまでもふとんの中で寝ていたい気持ちになりますね。

 

それには二つの理由があります。

 

一つ目は、寒さのために朝体温が上がりにくいこと。

二つ目は、冬場は日の出が遅いために、陽の光をしっかりと

浴びにくいことです。

 

そこで、「冬の目覚めを良くするポイント」を二つお伝えします。

 

1)

起床時間の30分前くらいから室内の暖房が入るように

タイマーをセットしておき、体温が上昇しやすい環境をつくる。

2)

起きたらすぐにカーテンを開けて直接太陽の光を浴びる。

 

「体温」と「光」を上手に意識して、爽やかに一日をスタートさせたいですね。

 

また、冬でも気持ちよく目覚めたい方におすすめの寝具が

東京西川の「ドクターセラ」です。

「ドクターセラ」は敷きふとん型の寝具で

温熱療法と電位療法を組み合わせて、眠りながら

疲れや肩・腰のコリ、冷え症、不眠症などの諸症状を緩和して改善に導きます。

 

眠っている間に気になる症状をケアできるのは、

時間を有効活用できるという意味でも

普段忙しい方には嬉しいポイントですね。

 

 

さらに、今回お伝えしたい「ドクターセラ」の一番の特徴は、

日本の四季に対応した「季節コース」があること。

例えば「冬コース」では、

設定時間の最後2時間が温熱療法になり、目覚めに合わせて

体温を上昇させるような設定になっています。

 

寒さが厳しい季節でも朝早く起きて、

自分の生活時間に合わせたり、会社に早めに出勤して定時に帰宅するなど、

毎日をもっと充実したものにするためにも

最適な寝具選びによって生活のリズムを改善することも

可能になるかもしれません。

 

コース変更や時間設定は付属のリモコンで手軽に行えるので

若い方から高齢の方まで安心してお使いいただけます。

 

入床時と明け方の冷えの緩和に、とってもオススメです。

 

「ドクターセラ」シリーズは、「わたしん」各店でお取扱いがございます。

詳しくは店頭スタッフにおたずねください。

お近くの「わたしん」店舗はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月4日