わたしん 眠りBlog

大谷翔平選手も愛用する「眠りに夢中になれる、マットレス」

 

冬季オリンピックは終わってしまいましたが、日本プロ野球、メジャーリーグ、そして今年はサッカーワールドカップの開催と、スポーツファンにとって楽しみが多いシーズンです。

 

皆さんは応援しているチームや、注目している選手はいらっしゃいますか?

 

実際にご自分でスポーツをするわけではなくても、

プロ選手のプレーを観戦することは日常を忘れてその勝敗にハラハラドキドキ、夢中になって楽しめる疑似体験ともいえるのではないでしょうか。

 

ときにはサポーター同士が、または地域が一体感に包まれることもあります。

そこには大きな感動の物語があり、子どもたちにとっては夢と憧れの対象です。

 

ファンの方は、大好きで応援しているチームや選手のグッズ・ユニフォームを身近におくことでさらに親近感が感じられ、

そして、「勝ってほしい、活躍してほしい」という気持ちが一層盛り上がり、観戦を楽しむことができます。

 

 

 メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手

 

速報に注目が集まる、メジャーリーグのエンゼルス 大谷翔平選手。

好成績であることと、人柄にも親しみが持たれ、アメリカの地元ファンの間でも人気が高まっている様子がテレビで特集されています。

日本人選手が海外で活躍する姿に、勇気づけられている方も多いと思います。

 

どんなときも変わらない爽やかな挨拶や笑顔、”好青年”と好感をもたれる気さくな振る舞いで、周りの人々から信頼を得ているようです。

そんな23歳の大谷選手をこれからも応援していきたいですね。

 

 

 眠りに夢中になれる、マットレス

 

プロスポーツ選手は最高のプレーのために「睡眠」をとても重要視しています。

東京西川の「AiR(エアー)」は国内外で活躍するスポーツ選手に選ばれる高機能マットレスです。

 

大谷翔平選手も「AiR(エアー)」を愛用しています。

「AiR(エアー)」について詳しくはこちら

 

体型に合わせた高さ調整と好みの寝心地からオーダーする

「オーダーメイド枕」について詳しくはこちら

 

 

 ぜひ一度、見て、触って、横になってみませんか?

 

「わたしん」では敷きふとん(マットレス)の体感スペースをご用意しております。

腰痛、肩こり、不眠など、眠りに関するお悩みをお持ちの方も、そうでない方も一度その快適な寝心地を体験してみませんか?

 

「AiR(エアー)」シリーズの寝比べ体験が可能です。

硬さによる微妙な寝心地の違い、サイズの種類、カラー展開がございます。

 

寝具は、体験してからお選びいただくことをおすすめいたします。

ぜひ多くのお客さまにお試しいただきたいと思っています。

 

「わたしん」では、眠りの専門家「スリープマスター」の資格を持ったスタッフが、最適な選び方、使用方法をアドバイス。

比較した時の微妙な違いも、丁寧にご案内いたします。

長く快適にお使いいただくためのアフターフォローも万全ですのでご安心ください。

 

詳しくは、お近くの「わたしん」各店へお問い合わせください。

「わたしん」各店の店舗情報はこちら 

  • 掲載日:2018年4月30日

食べて快眠!そのおすすめ食材とは? 体調を崩しやすい季節に、朝の目覚めが変わる枕

快眠のためにおすすめの食材は?

 

効率的・効果的な眠りにますます注目が集まっています。

皆さんは、普段口にする食べ物と眠りの関係について考えてみたことがありますか?

身体は食べた食べ物でできているともいえます。

心地よい眠りのための生活習慣として、プラスになることはぜひ取り入れてみていただきたいと思います。

そこで今回は、質の高い睡眠の助けになる食材についてご紹介します。

 

まずは「バナナ」です。

 

 

バナナに含まれる[トリプトファン]は、睡眠を促すホルモンである[メラトニン]に変化するため、摂取すると寝つきがよくなるといわれます。

寝る前に食べるのではなく、朝食のメニューに加えるのがおすすめです。

朝食を毎朝食べることも良い眠りのためには大切です。

 

バタバタと忙しくて時間がない朝。

バナナは調理しなくても手軽に食べられるため、そういった意味でも重宝する食べ物でもあります。

 

もちろん毎日バナナのみの朝食では栄養が偏ってしまうため、

パン派の方もご飯派の方も、魚・卵などのタンパク質を一緒に摂ったり、野菜のおかずも合わせてバランス良い食事をいつも心がけたいですね。

 

 

それから、「セロリ」や「パセリ」も眠りの助けになる食材です。

 

 

独特の香りや味がちょっと苦手な方も多いかもしれませんが、

セロリの[アピイン]、パセリの[アピオール]など、強い香りの素になる成分が、精神安定や疲労回復をもたらし、穏やかな睡眠を促すようです。

 

セロリはトマト風味のスープに他の色々な野菜と一緒に入れると、お子さまでも食べやすい味になるのでおすすめです。簡単にできる市販のピクルス液に漬けてセロリピクルスを作るのも良いですね。

 

パセリはオムレツやパスタに混ぜると、彩りも美しくなり食欲がわく一品になります。普段あまり口にしないという方は、ぜひトライしてみてください。

 

 

就寝前のほっと一息タイムが眠りをより良いものに

 

寝る前に、リラックス効果や体を温める効果がある”ハーブティー”を飲むのもおすすめです。

 

 

ハーブティーはカフェインゼロ。眠りの妨げになりませんので、眠る直前の飲み物として最適です。

 

ゆっくりと香りを楽しんで、温かいハーブティーを飲む時間。

今から眠りにつくという準備になり、香りによって心を落ち着かせることもできます。

この時間はテレビやスマホは見ずに、静かに過ごすことが安眠への近道です。

 

「わたしん」旭店や銚子店では、穏やかな眠りを促す”ハーブティー”のお取り扱いがございます。どれを選んだら良いかわからない、という方も、お気軽にご相談ください。詳しくはこちら

 

 

 春から初夏にかけて、特に眠りの大切さを実感する時期です

 

就寝中、脳と身体がリラックスすることで1日の疲れをとることができます。

今月から新年度がスタートし、もうすぐやってくるゴールデンウィーク、そして6月〜7月の梅雨の時期と、環境の変化による疲れと季節の変わり目につきものの気温差によって、体調を崩してしまう場合があります。

 

新しい環境に慣れることができずにストレスが溜まっている状態や、睡眠不足が続いてしまうと、精神的にも肉体的にも良くありません。

日々、質の高い睡眠をとることがとても重要です。

毎日よく眠り、心と体をリセットして、元気に過ごしたいものですが、

そのためには寝具選びも大切なのです。

 

余計な負担のかからない”敷ふとん”や”枕”を選んで使うことは、質の高い眠りのために必要不可欠といっても過言ではありません。

 

 

 朝の目覚めが変わる枕

 

朝起きて、「疲れが取れない」、「肩や首が凝っている」、「体がだるい」といった症状はありませんか?

 

それは枕が合っていないことが原因かもしれません。

理想の寝姿勢は、自然に立った姿勢でそのまま横になり、その姿勢をキープしておくことです。

 

一人ひとり頭の形や首の形状などが違います。

ぴったりの枕が見つからないのは、あなたの頭部や首の形状にあった枕ではないからです。

 

また、1/3の方は睡眠に関して何らかの悩みを持っているといわれています。

特に「枕」に関しては、「高さが合わない」、「寝て起きたときに首が凝る」、「肩が痛い」、「寝返りがしにくい」などの悩みをよく聞きます。

そういったお悩みを解決してくれるのが、「オーダーメイド枕」です。

 

 

「わたしん」では、”素材”、”高さ”など、お客さまの体型やお好みに合わせてフィッティングをして、快適な枕をお作りいたします。

オーダーメイド枕について詳しくはこちらをご参考ください。

 

  • 掲載日:2018年4月19日

冬の寝具を収納する前にすべきこととは? ふとんのメンテナンスをするなら今!

 

すっかりあたたかくなり、洋服や寝具を冬用から春夏用に替える時期になってきました。

 

通常より多めのお洗濯をしたり、クリーニングに出したりする家事が増えて忙しい時期ですが、

冬に活躍した「毛布」や「掛けふとん」は、押入れやクローゼットに収納する前にしておくべきことがあります。

 

 ポイントは、きちんと「乾燥」させてダニやカビを防止

 

まずは、寝具をしっかり乾燥させることが重要です。

寝ている間にかいた汗などの湿気を含んだままで収納してしまうと、

ダニやカビの温床になってしまいます。

カラッと良く晴れた日に天日干しをすると良いのですが、

この時期は花粉が飛んでいることもあるので、「ふとん乾燥機」を使うとよいでしょう。

 

ふとん乾燥機はふとんを乾かすのと同時にダニ退治もできます。

天日干しでも完全にダニを撃退することは難しいので、とても嬉しいメリットですね。

 

ちなみに、

ネット通販会社の人気ランキングを見ると、ふとん乾燥機は大体1万円前後の価格帯のものがよく売れているようです。

自宅に置いておいてもじゃまにならず、年々使いやすいものが増えているので活用してみるのも良い方法です。

 

 

 自宅で丸洗いしたい方におすすめのグッズ

 

また、花粉の時期が過ぎたら、自宅でふとんを洗って天日干ししたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

 

ご自宅の洗濯機で丸洗いするときは、ふとんが傷まないように丸洗い専用の

「洗濯ネット」に入れてお洗濯することをおすすめします。

 

洗濯ネットを使用することで、”型崩れ”や”色落ち”の防止になります。

ぜひご使用の上、ふとんのお洗濯をしてください。

(ドラム式の洗濯機ではふとんを洗うことができませんのでご注意ください)

 

 高品質のものほど専門店に依頼した方が安心

 

しかし、羽毛ふとんの品質とお値段によっては使い分けることも必要です。

よく、スーツのクリーニングでいわれることの例に
“クリーニング費用はお求め金額の5%を目安に”ということがあります。

2万円〜3万円のスーツに数千円、数万円のクリーニング費用を出すことは考え難いですが、数十万円クラスの高品質スーツをクリーニングに出す場合には、近所のクリーニング店様に出すのはちょっと心配ですよね。
聞いたお話ですが、そのような高級スーツは専門のクニーリングに出されるようです。1着、数万円ともいわれています。

おふとんも同じような感覚で捉えていただくといいと思います。
丸洗いは自宅でできたとしても、側生地の中にある羽毛をきちんと乾かさないとダマになってしまったり、よってしまったりすることも多いです。

当店では、専門会社にお願いをして丁寧にクリーニグいたします。
この画像をご覧ください。

 

 

羽毛ふとんを5年間、クリーニングしていなかった場合と10年間クリーニングしていなかった場合の汚れの差です。

私たちは寝ているだけでもコップ一杯分の汗をかくと言われています。

その汗から塩分や脂分がおふとんにつき、嫌な臭いの原因となってしまいます。いろいろな雑菌がふとんの中で増えてしまう原因にもなってしまいます。

ですから、最低3年に一度は品質を保つために“丸洗いのクリーニング”を専門店に出すことをおすすめします。

 

 

おふとんの丸洗いに関するお問い合わせはお気軽に。

お近くの「わたしん」店舗はこちら

 

 

 収納は視点を変えてみるのも一つのアイデア

 

ふとんを乾燥させたり、きれいにしたら、次は収納です。

押し入れや納戸など、収納スペースが確保された住宅は良いのですが、一人暮らしのお住まいはスペースが限られるものです。

 

クローゼットや押し入れに寝具を入れずに済むことで、一人暮らしの学生や単身世帯の方に好評なのが「クッションになる布団袋」です。

 

寝具を収納した収納袋は部屋に置いてクッションとして使用できます。

さらに、ソファとして使えるふとん収納袋もあります。

 

しまいこむだけが収納ではない、新しいかたちです。

 

 

 お子さまの「おねしょ」のふとんのお手入れ方法とは?

 

お子さまがおねしょをしてしまった時は、どのような方法でふとんのお手入れをしていますか?

 

今のような年度の切り替わりの時期は精神的に落ち着かないこともあり、普段しないお子さんでもおねしょをすることがあります。

幼児期のお子さまだけでなく、夜尿症といって小学生になってからもおねしょが続くこともあります。

夜尿症は成長にしたがって自然に解決されるケースがほとんどといわれており、

叱ったりせずにあたたかく見守ってあげながら、ふとんは都度清潔にお手入れしておきたいものです。

 

おねしょしたふとんのお手入れ方法

(1)

ふとんの濡れた部分に熱めのお湯をかけ、タオルで尿を手早く拭き取ります。

範囲が広がらないように、できるだけおねしょの部分だけにお湯がかかるようにします。

このときタオルは数枚用意して、取り替えながら拭き取りましょう。

すぐに使えるように古いタオルなどをストックしておくと安心です。

(2)

尿が拭き取れてにおいが取れたら日光に干し、裏表両面を十分に乾かします。

 

 

 

シーズンオフで保管するときは、上記にも記載しましたように、

ふとんに残った雑菌等によってニオイがついてしまいますので、

ぜひ専門店である我が店へお問い合わせいただければと思います。

丸洗いによって、すっきりきれいなおふとんによみがえらせることができます。

 

季節の変わり目のこのタイミングで、おねしょのシミなどの形跡もスッキリきれいにして長く快適に使用しましょう。

 

 

 季節の変わり目は寝具のメンテナンスに最適

 

次のシーズンまで保管しようとする時期は、ふとんの“クリーニング”や、“除菌・消臭”をする良いタイミングでもあります。

 

お手入れをすることは、寝具が清潔になるだけではありません。

さらに愛着がわき、お気に入りの寝具を長く大切に使っていただくことが、心の充足感にもつながります。

 

家事の時間がお好きな方は便利グッズを使って快適に楽しくお手入れをしていただきたいですし、

「自宅で丸洗いができない」、「手間がかかって面倒」と思われる場合は、

寝具のプロである「わたしん」にぜひおまかせいただければと思います。

 

「わたしん」では「羽毛ふとん」、「ムートン」、「真綿ふとん」などのクリーニング、除菌・消臭、丸洗いサービスを承っています。

 

お手入れの家事にかかる時間を、「わたしん」におまかせいただくことで、

他の“楽しいこと”や“リフレッシュタイム”にあてていただければ何よりです。

 

 

「わたしん」の“ふとんメンテナンスサービス”について、詳しくはこちらもご覧ください。

 

 

 

  • 掲載日:2018年4月11日

春のウォーキングにおすすめの「シューズ」と、室内で紫外線対策する 「カーテン」

4月に入りました。本格的な春です。

花が咲き誇りお出かけが楽しい季節がやってきました。

 

これからゴールデンウィークも控えており、多くの方が

さまざまなお出かけプランをご予定していらっしゃると思います。

気候が穏やかで清々しい今の季節こそ、屋外で自然に親しみながら

心と身体をリフレッシュして健康的に過ごしたいですね。

 

 体を動かすことが、眠りにも影響します

 

日常的にスポーツをするなど、体を動かす習慣をお持ちですか?

 

普段忙しい方などは特に運動不足になりがちです。

「わかってはいるけれど、なかなか時間やタイミングがない」

という方も多いかもしれません。

 

そこで、

お仕事がデスクワークで座ったままの姿勢が続く方や

室内で過ごすことが多い方は、天気が良い日だけでも

屋外で新鮮な空気を吸いながら、いつもより長い距離を「歩く」ことをおすすめします。

昼間、太陽の光を浴びて数分歩くだけの運動でも、

体を動かして日中を活動的に過ごすことが

スムーズな睡眠に入ることができるポイントといわれます。

 

運動不足と感じている方は、健康と良い眠りのためにも外を歩くなど、運動不足解消を意識して生活してみてはいかがでしょうか。

 

いつもの道も、ゆったりとした気持ちで歩いてみると今まで気づかなかった発見も楽しめるかもしれません。

 

 

「ウォーキング」には最適なシューズを

 

歩くことが楽しくなり、時間も長めにとって定期的な「ウォーキング」運動として初める場合には準備が必要です。

 

ウェアも大切ですが、何より一番大切なのはシューズではないでしょうか。

合っていない靴や、足が痛くなるような靴では、長く歩いたら逆効果です。

 

お出かけが気持ちの良い季節、「わたしん」には、

ウォーキングシューズ「ミズノ2018年春夏モデル」が多数入荷しました。

 

ミズノのウォーキングシューズは、クッション性と安定性を両立し、

ひざや腰にやさしく、歩きやすいという特長があります。

(ひざや腰への影響に不安がある場合は、ウォーキングを始める前に

医師の指示をうけてから始めてください)

 

シューズは、カジュアルに合わせられるのはもちろんのこと

通勤服のようなきちんとしたスタイルにも合わせやすいデザインもあり、

スポーティーな印象が強いスニーカーとは違った「大人のコーディネート」も楽しめます。

 

街でウィンドウショッピングをするときも、

森林浴など、自然を存分に楽しむときも、

そして旅行にも、ぴったりのおすすめシューズです。

 

ご家族やお友だちとこれからウォーキングを始めたいとお考えの方には特に、

ぜひ一度お試しいただきたいラインナップになっております。

 

また、かかと部分には車のライトにあたると光る「再帰反射材」を使用し、

夜のウォーキングにも安心です。

 

快適な眠りは、適度な運動から。

店頭にてその履き心地の良さをお試しください。

お近くの「わたしん」店舗はこちら

 

 

 女性の大敵、「紫外線」が気になる季節です

 

さて、お出かけといえば女性がそろそろ気になるのが紫外線。

真夏の手前の今の時期は、ちょうど対策を始めるタイミングです。

 

紫外線はシミ・そばかすの原因になるので、

 日焼け止め化粧品

 日よけ帽子

 日傘

 サングラス

 手や腕を守るアームカバー

 カーディガンやパーカー、ストール

このようなグッズが手放せません。

年々、便利なもの、洒落ていて使いたくなるようなものが増えているので、

すでに持っていてもついつい購入してしまう女性も多いかもしれません。

 

海やキャンプのような、長時間屋外で過ごすときだけでなく、

美容のために日常的にこまめな対策をしていきたいですね。

 

室内の紫外線対策はお済みですか?

 

 

屋外に出るときのための対策はグッズも駆使して万全、けれど、

室内ではいかがでしょうか?

 

これから夏にかけて、紫外線量が増えてきます。

紫外線はガラス窓を通すため、家の中にいても肌が日焼けしてしまうそうです。

外から差し込む日差しによって日焼けしてしまうなんて、女性にとっては、何とも不安になってしまいますね。

けれど室内では帽子も日傘も使用できません。

 

 紫外線を遮断するカーテン

 

そこで、おすすめなのが「UVカットカーテン」です。

 

「UVカットカーテン」は、日中使用するレースタイプのカーテンで、

こちらを使用することによって、室内での紫外線による日焼けを防ぐことができます。

 

紫外線カットの効果(遮断率)はカーテン生地の種類により違いがあるため、

お部屋の日光の差し込み具合、お部屋の使用頻度、ご予算によってお選びいただけます。

 

ガラス窓全てに紫外線防止のフィルム加工をする方法もありますが、

紫外線の影響が気になる方は、取り入れやすいカーテンをご検討してみてはいかがでしょうか。

 

「わたしん」では、UVカットカーテンのお取り扱いがございます。

詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください。

お近くの「わたしん」店舗はこちら

  • 掲載日:2018年4月5日