わたしん 眠りBlog

冷えを緩和する!冬の寝具選び

 

新しい年がスタートしました。

「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、

2018年の目標は立てましたか?

 

「今年こそ夜型の生活を朝型にする」

「早起きしてジョギングを日課にする」など

一日の時間の過ごし方について見直したり、

朝の時間をもっと有効に使おうという考え方が

ますます広がっているように感じます。

 

けれど

冷え込みが厳しい真冬の朝は目覚めが悪く、早起きどころか、

いつまでもふとんの中で寝ていたい気持ちになりますね。

 

それには二つの理由があります。

 

一つ目は、寒さのために朝体温が上がりにくいこと。

二つ目は、冬場は日の出が遅いために、陽の光をしっかりと

浴びにくいことです。

 

そこで、「冬の目覚めを良くするポイント」を二つお伝えします。

 

1)

起床時間の30分前くらいから室内の暖房が入るように

タイマーをセットしておき、体温が上昇しやすい環境をつくる。

2)

起きたらすぐにカーテンを開けて直接太陽の光を浴びる。

 

「体温」と「光」を上手に意識して、爽やかに一日をスタートさせたいですね。

 

また、冬でも気持ちよく目覚めたい方におすすめの寝具が

東京西川の「ドクターセラ」です。

「ドクターセラ」は敷きふとん型の寝具で

温熱療法と電位療法を組み合わせて、眠りながら

疲れや肩・腰のコリ、冷え症、不眠症などの諸症状を緩和して改善に導きます。

 

眠っている間に気になる症状をケアできるのは、

時間を有効活用できるという意味でも

普段忙しい方には嬉しいポイントですね。

 

 

さらに、今回お伝えしたい「ドクターセラ」の一番の特徴は、

日本の四季に対応した「季節コース」があること。

例えば「冬コース」では、

設定時間の最後2時間が温熱療法になり、目覚めに合わせて

体温を上昇させるような設定になっています。

 

寒さが厳しい季節でも朝早く起きて、

自分の生活時間に合わせたり、会社に早めに出勤して定時に帰宅するなど、

毎日をもっと充実したものにするためにも

最適な寝具選びによって生活のリズムを改善することも

可能になるかもしれません。

 

コース変更や時間設定は付属のリモコンで手軽に行えるので

若い方から高齢の方まで安心してお使いいただけます。

 

入床時と明け方の冷えの緩和に、とってもオススメです。

 

「ドクターセラ」シリーズは、「わたしん」各店でお取扱いがございます。

詳しくは店頭スタッフにおたずねください。

お近くの「わたしん」店舗はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月4日