わたしん 眠りBlog

深酒は安眠を妨げる?

寒さの厳しかった冬から、少しずつ近づいてくる

春の訪れを感じる今日この頃です。

花粉症の方にとってはちょっと辛い時期でもありますね。

 

そして3月から4月は、年度の切り替わりであり

企業や学校の人事異動の時期。

送別会・歓迎会などでお酒を飲む機会が多くなります。

 

 

お酒を飲むのが好きな方も苦手な方も

お酒と眠りの関係についてご存知でしょうか。

 

お酒を飲み過ぎた夜、深夜に目を覚ましてしまうことが

ありませんか?

 

深酒をして眠りにつくと、アルコールを分解しようと

体が活動状態になってしまい、深い眠りを妨げてしまうのだとか。

 

浅い眠りが続くことで、脳や体が休まらず、

翌朝ダルさや疲れが残ってしまいます。

十分な睡眠時間をとったとしても

お酒の量に気をつけないと休息の効果が半減してしまいますね。

 

大のお酒好きではなくても、周りの雰囲気につられて

つい飲みすぎてしまう人は多いと思います。

飲み過ぎが翌日以降の体調にどう響くかを考えながら

お水と交互に飲むなど、工夫して対応したいものです。

 

それから

「酔っ払う=眠くなる」イメージを持つ方は多いと思いますが、

深酒によって眠りを促そうという考えも要注意です。

不眠の解消目的にお酒をたくさん飲むのは危険なのでやめましょう。

本当に適度の量でしたら、眠りを誘う意味でも問題ありません。

 

簡単なようで難しいことかもしれませんが

何ごとも「ほどほど」が良いということですね。

 

「わたしん」では、皆さまが快適に眠っていただけるように

厳選した寝具を取り揃え、専門知識を持った眠りのプロスタッフが

各店にてお待ちしております。

 

眠りの悩みや疑問についてのご相談は

「わたしん」スタッフにお尋ねください。

 

お近くの「わたしん」店舗はこちら 

  • 掲載日:2018年3月10日