わたしん 眠りBlog

秋の《乾燥肌対策》に知っておきたい、おすすめタオルとその使い方

こんにちは!

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

昼と夜の長さが同じの秋分の日も過ぎ、すっかり秋の空ですね。

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、9月、10月これからだんだんと寒くなる季節の変わり目、気温が下がり空気が乾燥すると全身の肌が乾燥して、ときにはかゆみを伴うこともあります。さらにやっかいなのが、かけばかくほど痒さが増すことです。。

 

肌に触れる肌着の縫い目や品質表示のタグがチクチクして気になったり、かゆみを感じたりと、乾燥肌にとってはちょっとした刺激でも禁物ですね。

 

 

どうしても衣類は洗濯を繰り返し行うことで繊維が硬くなり、縫い目がざらざらと痛く感じて刺激になってしまいます。

お子さんは特に、まだ皮膚も薄く敏感なので、気をつけてあげたいものですね。

 

肌に直接触れるものほど、できるだけ上質な素材を選び、そして繰り返しの洗濯や着用で繊維が劣化してきたら、買い替えて新しいものを使用したほうがよさそうです。

 

 

  乾燥肌の対策に、毎日使うタオルの触り心地にこだわりを

 

さて、今お使いのバスタオルや洗顔後に顔を拭くタオルの、触り心地はどんな感触でしょうか?

 

 

おろしたてのときのようにふんわりしていますか? それとも、洗濯の繰り返しでちょっとゴワゴワしてきていますか?

 

今日は、最近タオルのゴワゴワ感が気になっている方にはぜひ知っていただきたいタオルのお話です。

 

タオルと一言でいっても、さまざまな触り心地、風合いのものがあります。

ふかふかした柔らかいタオルや、厚みがあってしっかりしたタオルなど、色柄も含め多くの選択肢のなかからお好みで選ぶことができます。

 

日常生活では、お風呂上がりに使うバスタオルや洗面所で手や顔を洗ったときに使うフェイスタオル、お出かけの際に持ち歩くハンドタオルなど、本当に毎日なくてはならない存在です。

 

結婚式の引き出物など、贈答品としていただくことも多いので、自分ではあまり買うことがないというご家庭も多いかもしれません。

 

けれど、種類があるなかから実際に触って、自分好みのタオルを選ぶのことで、毎日の生活の質を上げるちょっとしたエッセンスになると思いませんか?

 

「わたしん」旭店と銚子店では、高品質タオルとして有名な「今治」と、寝具メーカー「東京西川」のタオル専門「タオリエ」コーナーが充実しています。

 

 

例えば、同じ白いフェイスタオルでも、数種類の触り心地・風合いから選ぶことができます。ぜひ実際に触って比べてみていただきたい、本当に気持ちよい肌触りのラインナップです。

 

そして、生活を明るく彩る楽しいコンセプトのタオルがたくさんあるので、見ているだけでも楽しめる空間になっていますよ

 

例えば、家族それぞれ色を変えて揃えると、誰のタオルかが一目瞭然です。

お父さまとお嬢さまのタオルの感触の好みが違っても、色で見分けられるので間違うことがありません。色違いだったとしても、トーンが揃っていれば、取り出しやすいオープン収納でも美しく収納できておすすめです。

 

「タオリエ」でお取り扱いしているタオルは、上質な素材、こだわりの製法のタオルなので、「もっと他に安価で手に入るものがある」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。けれど、そういうものを10枚持つよりも、お気に入りを3枚だけ持って、毎回わくわくした気持ちで使うこと、そして乾燥肌や敏感肌のお肌を優しくケアするように使用することで、きっと満足度が全く違ってくる思います。

 

 

  気になる美容のケアにもタオルが重要です

 

先月のお盆休み、実家に帰省した際に私の母(60代)に久しぶりに会った時の話なのですが、顔の印象が前よりも明るくなったように感じたので、

「あれ? 肌が明るくなった?」と本人に聞いてみました。

母は3040代の頃からシミ・ソバカスに悩み、ずっと色々なメーカーの化粧品を試していました。

なので、最近になってシミが目立たなくなって、むしろ明るく見えるようになったことに驚いたのです。

 

よく聞くと、普段気をつけていることは、高価でなくてもとにかく「美白」成分が入っている化粧水や乳液を使用し、外で洗濯物を干す時でも徹底的にサンバイザーを着けて日焼けを防止。そして、洗顔時のタオルは柔らかい、顔専用のタオルとして決めて使っているそうで、ゴワゴワしたタオルで顔を拭くことは絶対にしないと言っていました。

 

何が直接の効果かは計りきれませんが、できることはどんな小さなことでも全てやる!という姿勢は見習いたいと思った次第です。

 

この話は一例ですが、本当に美容の面からみても、タオルの風合いと使用方法は大切です。

 

寒くなってきてお肌の乾燥が気になる方は、入浴後や洗顔後、決して肌をこすらずに上からタオルで軽く押さえるようにして拭いていただきたいと思います。

 

そして、化繊素材のタオルは肌を刺激しやすいので、綿などの天然素材のタオル、なおかつ柔らかい肌触りのものがおすすめです。

 

女性が気になるお肌の美容、乾燥する時期のお肌ケアのためにも、ぜひご家庭の《タオル》について見直してみてくださいね。タオルを変えるだけで、もっと毎日が楽しくなりますよ

 

 

「わたしん」では、上質の今治タオルを多数取り揃えています。

詳しくはこちら

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年9月25日