わたしん 眠りBlog

冷えを緩和する!冬の寝具選び

 

新しい年がスタートしました。

「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、

2018年の目標は立てましたか?

 

「今年こそ夜型の生活を朝型にする」

「早起きしてジョギングを日課にする」など

一日の時間の過ごし方について見直したり、

朝の時間をもっと有効に使おうという考え方が

ますます広がっているように感じます。

 

けれど

冷え込みが厳しい真冬の朝は目覚めが悪く、早起きどころか、

いつまでもふとんの中で寝ていたい気持ちになりますね。

 

それには二つの理由があります。

 

一つ目は、寒さのために朝体温が上がりにくいこと。

二つ目は、冬場は日の出が遅いために、陽の光をしっかりと

浴びにくいことです。

 

そこで、「冬の目覚めを良くするポイント」を二つお伝えします。

 

1)

起床時間の30分前くらいから室内の暖房が入るように

タイマーをセットしておき、体温が上昇しやすい環境をつくる。

2)

起きたらすぐにカーテンを開けて直接太陽の光を浴びる。

 

「体温」と「光」を上手に意識して、爽やかに一日をスタートさせたいですね。

 

また、冬でも気持ちよく目覚めたい方におすすめの寝具が

東京西川の「ドクターセラ」です。

「ドクターセラ」は敷きふとん型の寝具で

温熱療法と電位療法を組み合わせて、眠りながら

疲れや肩・腰のコリ、冷え症、不眠症などの諸症状を緩和して改善に導きます。

 

眠っている間に気になる症状をケアできるのは、

時間を有効活用できるという意味でも

普段忙しい方には嬉しいポイントですね。

 

 

さらに、今回お伝えしたい「ドクターセラ」の一番の特徴は、

日本の四季に対応した「季節コース」があること。

例えば「冬コース」では、

設定時間の最後2時間が温熱療法になり、目覚めに合わせて

体温を上昇させるような設定になっています。

 

寒さが厳しい季節でも朝早く起きて、

自分の生活時間に合わせたり、会社に早めに出勤して定時に帰宅するなど、

毎日をもっと充実したものにするためにも

最適な寝具選びによって生活のリズムを改善することも

可能になるかもしれません。

 

コース変更や時間設定は付属のリモコンで手軽に行えるので

若い方から高齢の方まで安心してお使いいただけます。

 

入床時と明け方の冷えの緩和に、とってもオススメです。

 

「ドクターセラ」シリーズは、「わたしん」各店でお取扱いがございます。

詳しくは店頭スタッフにおたずねください。

お近くの「わたしん」店舗はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月4日

幸せになる枕の向きは?

もうすぐお正月。

会社でもご家庭でも

大掃除をしたり、鏡餅やお正月飾りの準備など、

新しい年を迎える準備に忙しい時期ではないでしょうか。

 

普段より丁寧に掃除をしたり、新年を迎えるためのお飾りを飾る……

これらはすべて一年を無事に終えられることに感謝し、

新年も良い年になるように願いを込めて行う伝統行事です。

 

普段から、運勢を占う雑誌やウェブサイトの特集を

チェックするのがお好きな方も多いと思います。

 

「開運」、「運勢アップ」など、魅力的なフレーズです。

「西に黄色のものを置くと金運アップ」や、

「良い運気を呼び込むために玄関は常に清潔に」など

風水にもとづく、方角やカラーの考え方があります。

 

みなさんは、寝るときの枕の向きを意識していますか?

 

「北枕はよくない」と言われていますが、

風水的には健康運・金運アップの向きだそうです。

亡くなった方を北枕にすることから、

あまり縁起の良くないイメージがついてしまったのかもしれません。

健康運や金運は性別・世代を問わず望まれる運気です。

 

逆に、気持ちが高ぶって寝つきが悪くなるのは

「南枕」なのだとか。

「東枕」は仕事運・成長運がアップし、

「西枕」は心穏やかにしたいときにおすすめの向きとのこと。

ただし、西枕は若さが失われる向きともいわれるため、

女性には好ましくない向きかもしれません。

 

皆さんはどんな運気をアップさせたいでしょうか?

お部屋の間取りによっては

枕を好きな向きにするにも制限があるかもしれませんが、

毎日の眠りが良い「気」の流れで

運気アップにつながると良いですね。

 

 

いずれにしても、快適な眠りのためには、

身体にあった枕選びが大切です。

 

起きたときに首や背中、腰が痛いなど、

「枕が合っていないかも?」と思ったりしていませんか?

そんな時は、枕が体にあっていないこともありますし、
敷きふとんやマットレスが体にあっていないということも多々あります。

実は、人の体って

首の形、頭の形など一人ひとり違いますので
本当にその方にあった枕にしようと思うと、最終形は
オーダーまくらなんです。

日々のライフスタイルを伺いながら、頭部や首の形など計測をして
プロのまくらアドバイザーがカウンセリングいたします。

少しでも気なることがある場合は、お気軽に

わたしん にご相談ください。

 

お使いの敷きふとんやベッドのかたさによって、

また、その人の体型によって、ぴったりな枕は違います。

 

枕選びは、信頼のおける専門店で

実際に横になってみて選ぶことをおすすめします。

枕選びのそのひと手間が、毎日の睡眠の質を変え

上質な毎日を過ごすことにつながります。

 

新年をより充実した日々にするために

運気がアップする向きで、そして最適な枕で眠ってください。

 

眠りに関する専門知識をもつ「ピローアドバイザー」が

最適な枕選びをご提案いたします。

おすすめの枕はこちら→http://watashin.com/bedding/page/4/

  • 掲載日:2017年12月28日

長寿のお祝いに「羽毛ふとん」を贈る理由

2017年も早いものであとわずかとなりました。

今年はどんな一年でしたでしょうか?

 

2017年を振り返って

一年間を振り返るとき手帳や日記をみると、

書き込まれた記録からいろいろなことが思い出されます。

 

それから、携帯電話やスマートフォンで撮影した写真は

ついつい時間を忘れて見入ってしまい、

そういえば去年の今頃はこうだったんだ、と

たった1年前のことでも懐かしく感じます。

 

来年もハッピーな思い出がたくさんの、充実した一年にしたいものです。

 

書店や文具店、雑貨屋さんでは

2018年のカレンダーや手帳のコーナーも

9月〜10月くらいからラインナップが出始め、

すでにご用意している方がほとんどかと思います。

 

お気に入りの新しいカレンダーや手帳は

なんだかわくわくするもの。

一番最初にペンで書き込む瞬間は、ちょっと緊張してしまいます。

そんななか、一年間のなかで予定欄にまっさきに書くことができるのが

大切な方の「お誕生日」ではないでしょうか。

 

大切なご家族のご長寿祝い

 

忘れずにお祝いの気持ちを伝えたい、ご家族のお誕生日。

来年、2018年にご長寿のお祝いをする

予定のご家族様はいらっしゃいますか?

 

長寿祝いで一番ポピュラーなのは

“赤いちゃんちゃんこ”を贈って60歳の誕生日をお祝いする

「還暦」祝いでしょうか。

 

還暦祝いは、ちょうど60歳ですとお勤めしている方の場合は

職場でお祝いを受けることも多いようです。

 

先日は

結婚式の披露宴で、新郎のお父様の還暦のお祝いを

サプライズの演出で行ったというご家族のお話しも聞きました。

お祝いごとが重なって、とても良い記念になったそうです。

 

主な長寿のお祝いはこのようになります。

  • ・60歳 還暦(かんれき)  
  • ・70歳 古稀(こき) 
  • ・77歳 喜寿(きじゅ)  
  • ・80歳 傘寿(さんじゅ)
  • ・88歳 米寿(べいじゅ)
  • ・90歳 卒寿(そつじゅ) 
  • ・99歳 白寿(はくじゅ) 
  • ・100歳 百寿/紀寿(ひゃくじゅ・ももじゅ/きじゅ)

 

それぞれの呼び方にも意味・由来があり、

古くから伝わる風習であることがわかります。

今の自分があるのも、ご先祖様をはじめとして、

お祖父様・お祖母様がいてくださったからこそ。

家族みんなで感謝の気持ちを伝えたいですね。

 

ご長寿祝いの贈り物

歳を重ねてこられたことへの敬意と祝福に、

節目のお誕生日には心のこもった贈り物で喜んでいただきたいもの。

 

しかし、何にしようか悩み考えてしまうのが贈り物です。

好みが分かっていれば考えやすいですが

ご長寿の方ほどすでに多くのものをお持ちなので難しいですね。

 

色紙に家族それぞれからのメッセージを寄せ書きしたり、

最近ではインターネットで注文できる

ご本人の名前をつかったポエムを額装で贈るのも喜ばれるでしょう。

 

お出かけが好きな方なら、おしゃれができるファッショングッズ。

決まった趣味がある方なら、その関連のものなど、

贈り主が家族の複数人数である場合が多いご長寿祝いには

普段の誕生祝いよりも高級・上質なものを選ぶことができます。

 

上質な羽毛ふとん

そこで、わたしんがご長寿祝いの贈り物にオススメするのが、

「羽毛ふとん」です。

 

厳選の高級「羽毛ふとん」なら、

「健康で長生きをしていただきたい」という

ご家族のあたたかい思いを表わすのにふさわしい贈り物だと思います。

 

上質な羽毛を使用した羽毛ふとんは、

「軽くてあたたかい」と、70歳、80歳以上のお客様からも

ご好評をいただいているアイテムです。

 

お年を召した方ほど、重い掛けふとんは負担になります。

羽毛ふとんの「軽さ」と「あたたかさ」で、

より気持ち良く快適な眠りをとっていただけます。

もっと健康で元気に過ごしていただくためには、

睡眠はとても重要です。

 

羽毛ふとんを選ぶポイントは

中身の羽毛の質とボリューム感です。

 

住居環境や季節によって必要な寝具のあたたかさや

厚さなどが変わるため、

ご本人様が普段どのように使うかをご相談いただければ

わたしんのスタッフがご案内させていただきます。

 

お使いの掛けふとんのご使用歴が長いようでしたら、

ぜひ贈り物の候補にご検討ください。

 

わたしん おすすめの「羽毛ふとん」について、

こちらもご参照ください。→http://watashin.com/bedding/

  • 掲載日:2017年12月25日

冷え性の方におすすめ「ムートンシーツ」

今回は、わたしんの商品を購入された

お客さまの声をお届けまします。

 

年間を通して冷え性に悩まれていた

茨城県神栖市の63歳の女性です。

 

西川の「トリプルサポートン(ムートンシーツ)」を購入して

寝ている間の冷えが解消されたそうです。

 

「真冬でも寒くなく温かい。寒がりで冷え性の私には

体にとても良いです。買ってよかったです」とのこと。

「夜中に目が覚めなくなった」との感想もいただきました。

 

ムートンとは羊の毛皮です。

密度の高い、厚みのある毛並みは

人が横になったときの体重を受け止め、

医療用として病院のベッドの床ずれ防止にも使われています。

 

羊の体を覆っている毛皮ですから

その保温性は大変優れたものです。

思わずさわってみたくなるような

ふかふかの見た目の通り、あたたかさは十分。

冷え性の方にはぴったりの寝具といえます。

 

実際に寝てみると、その寝心地は

人工的に作られた化学繊維では再現できない

極上の気持ちよさ。

そして、肌になじみます。

高級ムートンを使用した

西川のムートンシーツならではのポイントです。

 

また、冬だけでなく夏でも

お使いいただけるのが良いところ。

季節によって衣替えのように

しまいこむ必要はないのです。

夏でしたら、肌触りがさらっとする

麻や綿のシーツをムートンの上にかけて

お使いいただくのがおすすめです。

 

「寝ている間にかく汗の問題は?」

「保温性が良くて、あたたかくなりすぎるのでは?」

という不安の声も聞こえてきそうですが、

ムートンは吸湿性・放湿性にも大変優れた性質のため

ジメッと不快になることなく

快適にお使いいただけます。

 

「手足が冷えてなかなか寝付けない。」

「寒くて夜中に目が覚める。」

そんなお悩みを解決する方法の一つである

「ムートンシーツ」をぜひ実際に触って、

横になってみてお確かめください。

 

 

冷え性でお悩みの方におすすめの

あったか寝具をお探しなら、わたしんへ。

わたしん 各店に常駐する「ピロー・アドバイザー」が

快適な寝具をご提案いたします。

お近くの「わたしん」はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月22日

オーダーカーテンのお求めも、わたしんで

 

年末の大掃除のタイミングで

カーテンを新しくしようとお考えの方へ

 

大掃除はどのように計画していますか?

 

年末の数日間で一気に実行したり、

11月くらいから毎日少しずつ進めたりと、

ご家庭によってやり方はさまざまです。

 

掃除は苦手で好きではないという方や、

日頃のお掃除だけで済ませる方でも、

やはり新年は気持ち良く迎えたいものだと思います。

 

必要なものは決まった場所に、定位置を決めてお片付け。

逆に不要なもの、1年以上使っていないものは

誰かに譲る、処分するなどして

すっきりさせておきたいものです。

 

モノを減らしたら、次に整えたいのはインテリア。

 

特にリビングなど人が集まる部屋は

数年に1度は見直して

家族全員がくつろげるような

空間作りができると良いですね。

 

見た目にも心地よく

調和がとれたインテリアなら、

ゆっくりと休みたいときも

家族が一緒にくつろぐときも、

きっと良い時間を過ごせるでしょう。

 

カーテンを変えると、

お部屋の雰囲気はガラリと変わります。

 

素材や形式でいろいろな種類があり、

例えば今までオーソドックスな布製の

ドレープタイプをお使いでしたら、

ロールスクリーンにすると

窓まわりがスッキリとして部屋も広く感じ、

洗練された印象に。

 

木製ブラインドなら、

自然の温もりが感じられる

ナチュラルでおしゃれな雰囲気のお部屋になります。

 

すてきなカーテンのあるお部屋なら

最近話題の「SNS映え」もかなうので、

写真を撮るのも楽しくなりますね。

 

今お使いのもののご使用期間が長いようでしたら、

そろそろ買い替えても良い時期かもしれません。

思い切って新調して

新年を清々しい気持ちで迎えるのはいかがでしょう。

 

わたしん 旭店では、

ロールスクリーン、プリーツスクリーン、

タテ型ブラインド、木製ブラインドなど

各種カーテンのオーダーメイドを承っています。

 

「部屋に合うか取り付けてみないとわからない」

「寸法を間違えてしまうかも」

といった心配はご無用です。

 

ご自宅に専門アドバイザーが採寸にうかがい、

コーディネート・見積もりまで全て行い、

店内見本を無料でお貸出しいたします。

 

オーダーカーテンのサンプルは

常時800点を展示中です。

詳しくは「わたしん 旭店」にお問い合わせください。

わたしん 旭店 はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月19日

寒さに負けず! 冬でもあたたかく寝る方法

 

早いもので、

今年もあと残り2週間ほどになりました。

 

年末年始に向けて

忙しい時期になっています。

人が集まる楽しいイベントが増えたりと、

寒いですが体調を崩さないようにしたいですね。

 

毎日の休養として大切な睡眠。

あたたかくぐっすり眠るための

冬用寝具のひとつに「毛布」があります。

 

毛布の素材は、どんなものを選んでいますか?

 

「掛けふとん1枚だけではちょっと寒い。」

「掛けふとんのカバーの質感がひやっとするので、

毛並みのある毛布を一番体側に掛けたい。」

など、寝室の環境やお好みによって

毛布を使う理由が挙げられます。

 

種類にも色々とありますが、

アクリル素材の毛布を使用している方も多いと思います。

 

アクリルは綿やウールの天然繊維と違い、

人工的に作られた合成繊維です。

比較的お求めやすい価格の割に

ふかふかして肌触りもよく、あたたかいのが特徴ですが、

合成繊維のために吸湿性が低く、

寝ている間にふとんの中の湿度が上昇して

ムレを感じてしまうことがあります。

 

けれど、解決策があります。

アクリル素材の毛布は直接肌にふれるように

かけるのではなく、

羽毛ふとんの上に重ねると

温かさをしっかり閉じ込めてくれるので、

寒さの厳しい真冬の夜でもポカポカと快適に使用できます。

 

掛けふとんのカバーも、

冬用のぬくもり感のあるタイプがあるので

夏と冬で使い分けてみるのも良い方法です。

直接肌にふれる感触って重要ですよね。

 

毛布の使い方や

カバーやシーツの素材にもちょっとこだわると、

ぐっと生活が快適で豊かになるので

知って実行することが大切です。

 

情報化社会の現代では、

動かなくても自然に目や耳に毎日多くの情報が入ってきます。

 

そのなかから、必要なものを吸い上げるのは骨が折れますし、

多すぎて何を信じて良いかもわかりにくいのが

現実ではないでしょうか。

 

専門店では、専門知識をもったスタッフが

お客様のお役にたつ情報をもって

日々ご対応しています。

 

冬の寝具の最適な活用方法について、

店頭でもご案内していますので、

「効果的にあたたかく寝る方法」や

「夜、何度も目を覚まさずにすむ方法」など

眠りに関するご質問は

お気軽にスタッフにご相談ください。

 

わたしん 各店はこちらです。→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月15日

冬におすすめのパジャマは?

 

毎日眠るときに「パジャマ」は

どんなものを着ていますか?

 

人生の約1/3を占める睡眠時間。

その間に着るパジャマは寝具と同様に

長時間着用する重要なアイテムです。

 

ライフスタイルや好みによって、

現代では眠るときの服装にもさまざまな

選択肢があります。

 

特にパジャマを持たずに、

スウェットやTシャツなどの部屋着で眠るという人が

多くなっているようです。

 

部屋着はそのままの格好でちょっと外出ができたり、

宅配の受け取りにも応じやすく、

その格好で眠ることは自然な流れのようです。

 

部屋着として着ていてリラックスできて

人目にも恥ずかしくない服装は、

たしかに楽で合理的かもしれません。

 

しかし、冬は寒いからといって

厚着をして寝るのは禁物です。

何枚も重ね着をしたり、

モコモコしたパーカーなどの厚めの素材のものは

寝返りがしにくくなり、肩こりや腰痛、

疲れがとれない原因になります。

 

これでは、せっかくの睡眠の効果が半減してしまいます。

仮に寝具が良いものであっても、

パジャマが原因で寝返りがしにくくなっては

意味がありません。

 

眠る時に適した着心地のパジャマを着て、

ぜひより良い睡眠をとりましょう。

 

また、四季によって衣替えがあるように

パジャマにも季節によって適した種類があります。

 

冬の寒い季節は、

薄手で汗をしっかり吸い取り、

湿度調節をしてくれる綿やウールの天然素材で、

ダブルガーゼ、スムースニットなどがおすすめです。

 

生地が薄手でしなやかでありながら、

ふんわりとあたたかい着心地です。

 

部屋着から着替えるのが面倒だとしても、

ふとんに入るときには

寝具内環境や寝返りの打ちやすさも考慮して

パジャマを着用することをおすすめします。

 

寝ている間とはいえ、人生の長い時間着るものなので

ぜひ楽しんでお気に入りのデザインや着心地のものを

選んでいただきたいと思います。

 

着心地の良いパジャマを大切な方や、

一年間頑張ったご自分へのプレゼントにいかがですか。

新年を新しいパジャマでスタートするために

今の時期にお支度するのもおすすめです。

 

わたしん 各店では

冬におすすめのあったかパジャマを

多数取り揃えております。

 

お近くの店舗はこちらをご確認ください。

http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月12日

快適な寝心地をかなえる 生繭真綿ふとん

今回は購入者さまの声をお届けします。

 

不眠症に悩まれていた57歳の男性で、

生繭真綿ふとんをご購入いただきました。

 

「ふとんを掛けていないかのような軽さ、

違和感のなさに感動しました」 

お使いになってからは以前よりも

寝つきがよくなったそうで、

このような感想をいただくと大変嬉しく思います。

 

ちなにみ、きっかけは生繭真綿ふとんを購入された

知人の方の紹介ということでした。

 

この商品の「真綿」は「まわた」と読み、

一見コットンの綿のようですが

おふとんの素材は絹(シルク)です。

 

蚕の繭を煮てわた状にし、

引き伸ばしたものが「真綿」と呼ばれ、

何工程にも及ぶ国内の熟練した匠の技で作られています。

 

天然繊維のなかでも1本が非常に細く長い繊維、絹。

丁寧にゆっくりと「真綿」を伸ばして作るため、

1日当たりの生産量も少なく、

とても贅沢な逸品といえます。

 

絹は繊維の特性上、軽くあたたかい性質があります。

さらに幾重にもわた状の真綿を重ねているため

空気の層が多く、保温性に優れています。

 

また、絹は吸湿性、放湿性が高いので

汗をかいてもさらっとした肌触りです。

 

なめらかな肌触りは天然繊維ならではの

肌なじみの良さや心地よさがあり、

それが寝心地の良さにつながります。

触れているだけでリラックスして

気持ち良く入眠できる効果も期待できます。

 

眠るときの理想的で快適な寝具内環境を

整えてくれるため、睡眠の悩みがある方にも

おすすめできるおふとんです。

 

「何枚かけても寒さが気になる。」

「掛けふとんが重くて不快。」

「暑くなりすぎて汗をかいて起きてしまう。」

など、気持ち良く眠れない原因が

おふとんの機能や寝具内環境にあるようでしたら、

思い切って寝具を変えてみることをご提案します。

 

寝心地は、実際に商品に触れたり

横になって試してみたりして

納得のいくまで確認してください。

 

眠りに関するお悩みをお聞かせください。

生繭真綿ふとん以外にも

さまざま取り揃えておりますので、

お悩みに応じた最適な寝具をご提案いたします。

 

寝具に関するご相談はお近くのわたしん店舗へ。

最寄りの店舗はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月8日

クリスマスプレゼントにも 女性におすすめのタオル

気温が下がり乾燥する季節は

お肌もカサカサになりがちです。

 

この乾燥からお肌を守るには、

日頃から保湿剤でケアするなど、

お手入れが欠かせません。

 

特に、顔のお肌のコンディションは

女性が一番気になるところ。

紫外線の強い春〜夏、乾燥する秋〜冬など、

お肌の大敵といわれる環境に負けないように

毎日の基本のお手入れが大切です。

 

洗顔の後にどんなタオルを使うかによっても

違いがあります。

 

お肌にとって刺激は天敵で

ちょっとした刺激に弱く、

シミやシワの原因になります。

 

化粧水や美容液にはこだわっているのに、

ゴワゴワの硬いタオルで

お肌を拭いていてはもったいない!

 

柔らかくふんわりしたタオルなら、

お肌に余計な刺激を与えずに優しく触れるため、

スキンケアの観点からも良いといわれています。

 

そこで「わたしん」が女性の皆さまにおすすめする

お肌に優しいタオルが「フワップル」。

 

「泡で洗って、泡でふこう」とうたわれるほどの

まるでホイップのような柔らかいタオルです。

お肌からやさしく水分を拭き取ります。

 

「フワップル」の特徴であるポコポコとした風合いが

まるでホイップのような質感の秘密。

一度使ったらやみつきになってしまいます。

 

種類も

○「クリーミーホイップ」

○「シルキーホイップ」

○「マシュマロホイップ」

という思わず触ってみたくなるネーミングも魅力的な3種類。

それぞれにカラーバリエーションがあるので

お好きな質感でお好きなカラーを集めたくなる

わくわくするタオルです。

毎日使うのが楽しくなりますね。

 

女性ならどの年代の方でも気になる

シミやシワの原因を少しでも減らすために、

毎日使うタオルにこだわってみませんか?

 

スイーツのような可愛らしい

パステルトーンのタオルは、

ご自宅用はもちろん贈り物にも最適です。

もうじきやってくるクリスマスに、

大切な方へのプレゼントにいかがですか。

お友達同士でのプレゼント交換にもおすすめです。

 

 

「フワップル」に関するお問い合わせは

わたしん 各店へ。

お近くの店舗はこちらをご確認ください。

http://watashin.com/shop/

 

  • 掲載日:2017年12月5日

ご存知ですか? 眠りと香りの関係

 

わたしん 旭店内にある「&Free」コーナーでは、

心身をリラックスさせる

アロマやハーブティーを販売しています。

 

アロマオイルやハーブティーに共通するのは

植物由来の天然成分による「香り」です。

 

香りによって気分を変えるなど、

アロマやハーブティーを効果的に

生活に取り入れる方法をご案内しています。

 

例えば、

レストランのデザートに添えられる小さい葉っぱ

「ミント」はすっきりした香りです。

爽やかな気持ちになります。

 

それから、

紫色の可愛らしい花

「ラベンダー」の香りが眠りに良いというのは

有名なところです。

 

植物それぞれに違う香り、

そして違う効果があります。

 

「&Free」では、アロマオイルとして

夜リラックスして入眠しやすくなる香りと、

朝すっきりと爽やかな気分になる香りを

ご用意しています。

 

「オイル」タイプと「リネンウォーター」タイプが

ありますので、取り入れやすいものを

お選びいただけます。

リネンウォータータイプはシュッと

空間や枕に吹きかけるだけなので

お気軽にご使用できますよ。

 

「気になっていたけど、まだ使ったことがなかった」

「ハーブの知識もないし、

 どれを選んだらよいのかわからない」という方は、

ぜひ店頭にてスタッフにお声がけください。

 

あたたかいハーブティーは寝る前に飲むと、

香りによってリラックスできるため

眠りに良い効果が期待できます。

 

がんばった一日の終わりにほっと一息。

寝る前のリラックスタイムを

くつろいだ気持ちで過ごすのは

よく眠るためにもぜひ作りたい時間です。

 

ちなみに、コーヒーや紅茶に含まれる

「カフェイン」は眠りを妨げる成分なので、

夕方以降はなるべく摂取しないほうが

快眠のためには良いといわれています。

 

眠る前にあたたかい飲み物を飲みたいときは

ハーブティーがおすすめです。

(ハーブティーにはカフェインは含まれません)

 

質の良い眠りのためにも、「香り」を上手に

生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

「寝付きが悪い」「眠りが浅い」などの

眠りに関するお悩みのある方、

ぜひ「&Free」へご相談ください。

 

店頭はアロマの香りに包まれています。

実際に香りの効果をお試しください。

 

「&Free」のオリジナルブレンドアロマ、ハーブティーについて

詳しくはこちらもご参考いただけます。→http://andfree.jp/product/aroma.html

  • 掲載日:2017年11月30日