わたしん 眠りBlog

ウェブ来店予約でお得!  オーダーメイド枕の「メンテナンスパック」

睡眠負債という言葉が話題になるなど「眠り」が注目される今、

世の中には睡眠に関する情報が増えています。

このことがきっかけになって、自分の睡眠環境を

あらためて見直している方も多いようです。

 

睡眠不足は単純な問題ではないことがわかったので

生活時間を改善しようとする意識が強くなっています。

「健康」「効率的」「快適」という言葉が

忙しい日々を送る現代の人々が気にかけている

キーワードになっているようです。

 

毎日の睡眠で充分休み、疲れをリセットする。

本来当たり前のようでいて、現代人には少しハードルが高くなった

「質の良い睡眠」を効率的にとるために、

お一人ひとりの身体に合った寝具選びは重要なポイントです。

 

 

眠りの専門店「わたしん」では、オーダーメイドでお作りする枕をはじめ

各種敷きふとん、掛けふとん、ベッドを取り揃えております。

 

スタッフは眠りに関する専門知識をもっておりますので

お客さまの睡眠環境を伺い、最適な寝具をご案内し

お喜びの声もいただいております。

 

特に

「オーダーメイドの枕」は、販売・お渡しした時点で完了ではなく、

そこからがはじまりと考えています。

 

お店で調節した枕の状態と、お客さまが普段寝ている環境の違いによって

微差が生じることもありますし、

お客さま自身の体型も変化するものです。

体型の変化によって、横になったときの

枕に対する角度が変わってきます。

 

そのようなケースは当然どのお客さまにも当てはまること。

最適な睡眠環境を目指し、定期的に見直しして

枕の詰め物の増減をするなど、メンテナンスすることをおすすめいたします。

 

美容院に行って髪のお手入れをすることや

歯科医院で定期健診をするような感覚と思っていただければと思います。

 

「購入してからしばらく経っている枕がある」

「最近枕が合っていないかも?」

そんな方は、ぜひ「わたしん」にご相談ください。

 

こちらの「わたしん」のウェブサイトから来店のご予約をして

オーダーメイド枕を購入された方に

「5年間の定期メンテナンスパック」(10,000円+税)を

プレゼントいたします。

 

 

詳しくはこちらにてご案内しております。

  • 掲載日:2018年2月15日

平昌オリンピック出場中の アスリートの「眠り」を支えるマットレス

現地でボランティアが大量に離脱したり、

警備員宿舎でノロウィルスが発生したりと、

開催前からハラハラするニュースが続いた平昌オリンピック。

 

けれど

世界中のトップアスリートが集まるスポーツの祭典ですから、

9日の開幕から日本選手はもちろん各国の選手たちの活躍に

注目が集まる日々が続いています。

皆さんはご覧になっていますか?

 

高所で行われるスキーやスノーボードの競技では

予想以上の強風で本来の力が発揮できず、

落胆する選手が映し出される場面も。

 

普段とは違う環境で、そしてオリンピックという舞台で

結果を出すことの難しさを感じさせられます。

さまざまなことがありますが、残りの期間も選手の皆さんを

精一杯応援していきたいですね。

 

最高のパフォーマンスをするためには

環境にいかに対応できるかもポイントですが、

やはり「良質な睡眠」は大切です。

以前、浅田真央選手がそうであったように、選手によっては

自分用の寝具を持ちこんで、大会に臨んでいるのではないでしょうか。

 

身体が資本のアスリートの眠りをサポートしている

マットレスや枕は、それぞれの身体に合わせたものです。

眠っている間に休息を充分にとることができ、

余計な負担をかけないもの。

寝具に求められる機能を備えた、お墨付きのマットレスや枕を

この機会にぜひ体験してみませんか。

 

「わたしん」では、国内外のトップアスリートが愛用する

高機能マットレス「AIR」を始め、快適な眠りをサポートする

各種マットレスを多数ご用意しています。

 

 

店内にはマットレス体験コーナーもございますので、ご自分に合うものを

種種類試していただくことができます。

お気軽にぜひご来店ください。

 

高機能マットレス「AIR」について詳しくはこちらにてご案内しております。

(ご購入者様の声も公開しています)

  • 掲載日:2018年2月13日

美肌、美髪を保つ寝具カバー、シーツの選び方

 

乾燥する冬は特に気になるお肌や髪のコンディション。

年齢とともに悩みも増えてきます。

対策はどのようにしていますか?

 

透明感があってしっとりした肌や、毛先までツヤがある髪の毛は

いくつになっても女性にとっての理想です。

それだけで印象が若々しくなります。

街で見かけるすてきな女性は、ファッションだけでなく髪もキレイ、

遠目から見ても肌がキレイな人だったりします。

 

空気の乾燥や紫外線などの外部環境、そして加齢による変化に負けないために

栄養バランスの良い食生活をしたり、運動をしたり……

美容のために生活に気をつかっている方も多いと思います。

 

実は健康的な肌や髪に必要な“うるおい”を保つためには、

肌や髪に直接触れる「寝具」選びも大切です。

 

1日の1/3ほどは睡眠時間。

その間、肌や髪の毛が直接触れている寝具の素材は重要です。

 

掛けふとんや枕などの寝具の素材が保湿性に乏しい素材の場合、

肌や髪の乾燥が強まり

“肌荒れ”

“枝毛”

“切れ毛”の原因になることがあります。

 

ポリエステルは強度が強く、洗濯しても早く乾くことや、

比較的安価に手に入ることから重宝される素材です。

しかし、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維は保湿性に乏しいため、

摩擦による静電気が起きやすく、ホコリや花粉、化学物質などを

寄せつけやすくなります。

 

その逆に

綿(コットン)、絹(シルク)、麻(リネン)、毛(ウール)のような天然繊維は

化学繊維に比べて保湿性に優れています。

 

化学薬品を使って人工的に作られた化学繊維と違って

自然界から生まれた素材のため人体にも優しいといえます。

 

安心して直接肌に触れられる素材であり、

化学繊維と比べて静電気が起きにくいので

余計なものを寄せ付けにくいのです。

 

風合いが柔らかく、お洗濯もしやすい綿(コットン)。

さらっとした肌触りで放湿性に優れた、寝苦しい夏にもぴったりの麻。

あたたかくて肌触りの柔らかいカシミヤ毛布。

そして、シルクは肌と同じくタンパク質でできているため

肌に触れることによって美容にも良い効果があるといわれます。

 

眠る時にも肌に触れるものの素材にこだわって、

美容面での効果も大切にしたいですね。

 

美肌、美髪を保つためには、

保湿性に優れ、肌や髪に余計な負担のかからない

天然素材の寝具がおすすめです。

 

「わたしん」では天然素材のカバーやシーツも多数取り揃えております。

美しさを保つためにも毎日使う寝具の素材を見直してみてください。

詳しくは店頭スタッフがご案内いたします。

「わたしん」各店はこちら

  • 掲載日:2018年2月6日

潮来市でふとんのリフォームをお考えなら

潮来市にお住いの方へ

 

現在ご使用の羽毛ふとんは、何年使っていますか?

もし10年以上お使いの場合は、ふとんの「リフォーム」のタイミングです。

 

お気に入りの上質なものだけに囲まれて暮らしたい。

良いものを長く愛用していきたい。

むやみにものを増やしたくない。無駄な買い物をしたくない。

買うものは徹底的に吟味して選ぶ。

そのような価値観を持つ方が近年とても増えています。

 

買い物をして物質的な豊かさを謳歌する時代ではなく

多くの情報のなかから自分にあったものを選び、

本当に必要なものだけを選ぶ。

そうお考えの方が多いのではないでしょうか。

 

使い古したら処分して新しいものを買う、という考え方も

もちろんあると思いますが、

良質な羽毛ふとんほど「リフォーム」することによって

また使い続けることが可能です。

 

買い替えるよりも費用が安くすめば、経済的にもメリットがあります。

今あるものを活用して豊かな暮らしをする。

そうしたライフスタイルが今後もますます注目されそうです。

 

 

軽くてあたたかいのが特徴の羽毛ふとん。

ふんわり包み込まれるあたたかさは幸せな眠りにつながります。

長くお使いいただくうちに

「羽毛がふくらまない」

「えり元がよごれている」

「羽毛がかたよってスカスカのところがある」

「羽毛が飛び出してきた」などのお悩みがでてきましたら

「リフォーム」によって解決しませんか。

 

「わたしん」の羽毛リフォームは具体的に何をするかというと

まず中身の羽毛の状態をチェックします。

これは「羽毛診断」の資格を持ったスタッフが行います。

 

その結果により、

どのようにリフォームするかのカウンセリングの後、

お客さまのご確認のもとにお預かり→リフォーム作業→ご納品

という流れになっております。

 

 

潮来市の方でしたら「わたしん 鹿島神栖店」へご相談ください。

国道124号線沿いで駐車場も完備しております。

 

お持ちいただいた羽毛ふとんを、羽毛診断のプロが無料で点検いたします。

羽毛ふとんの無料点検について詳しくはこちら

 

  • 掲載日:2018年2月2日

レスリング選手が使っている敷き布団「エアー」

ロンドン五輪女子レスリング金メダリストの

吉田沙保里選手、伊調馨選手、

プロ野球の坂本勇人選手、女子プロゴルファーの有村智恵選手、

プロサッカーの三浦知良選手など

世界で活躍するトップアスリートが愛用している

西川の高機能マットレス「AIR」

 

「点で支える」がキーワードのこのマットレスは、

ポコポコとした独特の感触が新しい、身体に負担をかけない設計。

点が密集したような、でこぼこしたウレタン素材でできており、

一度見ると強く印象に残ります。

 

スポーツ選手は体が基本です。近年睡眠について研究開発や様々な科学的データも
発表されているため、今まで以上に睡眠に関して学んでいる方が増えていますし、
睡眠もコンディショニングの一環と捉えている選手の方が多いです。

よくテレビで映るかもしれませんが、
海外遠征や国内遠征のときには、ベッドの上に敷くふとんを持ち込んでいる
スポーツ選手も多くいらっしゃいます。

 

「AIR」は独特の構造が体圧の分散に効果的に機能し、

寝たときの姿勢を自然な状態でキープするため

身体の一部分に負担がかかって寝返りが減り、起きた時に身体が痛い……

という、お悩みをもっていた方からも「使用してから改善した」という

喜びの声をいただいております。

 

他の敷きふとんと組み合わせる必要なく

1枚だけで床や畳に敷いてご使用いただけますし、

季節に合わせてパッドや敷布団と併用してもご使用いただけます。

 

また、寝具として気になる機能である通気性・保温性ですが

ともに抜群です。

多くの空気層があるため、冬はあたたか。

通気性が高く湿気がこもりにくい構造によって、蒸し暑い夏も快適です。

 

今まで

いくらマットレスを重ねても床につく感じがする、

寝て起きると腰が痛い、など

眠る環境に課題があった方には特におすすめしたいマットレスです。

 

最初にご紹介したトップアスリートの方々も

『「AIR」に変えてからは快適に眠れるようになった』

という感想をおっしゃっていました。

 

 

 

そして気になる「お手入れ」ですが

複雑に見える特殊な構造から、手軽なお手入れはできないのでは?と

感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ご無用です。

通気性が高く、ダニなどもつきにくい素材なので天日干しの必要がありません。

数日に一度風通しの良いところで室内に立てかけておくだけでOKです。

これでしたら、忙しい方でも負担になることはありません。

 

それから

専用カバーは取り外してご家庭でお洗濯できます。

普段は専用カバーの上にシーツを敷き、

シーツをこまめに洗濯するようにするとウレタンマットレスの出し入れが

少なく済むのでおすすめです。

 

それぞれの方の体型や体重、寝る姿勢によって合う硬さなど違います。

「AIR」には種類がございますので、店舗にてぜひ実際に寝て比べてみてください。

敷き寝具と密接な関係の「枕」も合わせてお選びになると、より効果的です。

 

「わたしん」各店の「AIR」体験コーナーで、快適な寝心地をお試しいただけます。

「AIR」について詳しくはこちら

 

  • 掲載日:2018年1月30日

ふとんの天日干しのコツとは?

冬の時期、室温の低下によって

ふとんがひんやり冷たいことがあります。

いくら保温性の高い掛けふとんをかけても

寒くてすぐには寝付くことができません。

 

寒い日は、入った瞬間からポカポカの

あたたかいふとんで眠りたいものです。

 

最近では

高機能なふとんクリーナーやふとん乾燥機など

住宅事情やライフスタイルに合わせた

便利な家電が年々登場し、進化しています。

 

その影響もあり

ふとんの天日干しをしなくなったご家庭も多いと思いますが、

「天日干し」にはうれしいメリットがあります。

 

就寝中に人はコップ1杯分の汗をかきますが、

天日干しによってその汗が蒸発して、ふとんがふっくら軽くなり、

さらに紫外線が菌の繁殖を抑えてくれます。

 

お天気の良い日に外に干したおふとんは

ほんわかとあたたかく、お日さまのにおい。

家電では再現できない気持ちよさがあります。

外に干して部屋に取り込んだおふとんに

飛び込むことが大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

 

ふとんの天日干しのポイントは

紫外線の多い時間帯で2~3時間干すのが良いとされています。

冬場ならば、午前11時~午後2時くらいの間が理想的です。

 

また、紫外線によってふとんの生地が劣化するのを防ぐため、

ふとんカバーはつけた状態で干しましょう。

 

そして1時間くらいずつで裏返し、両面を充分に日光に当てることが

殺菌効果やダニの除去に効果的です。

 

 

しかし、花粉が多く舞う時期やPM2.5の濃度が高い日、

また交通量の多い幹線道路沿いにお住まいの場合は、

屋外で天日干しをすると

空気中の有害物質がふとんに付着してしまいます。

 

かさばるふとんを運ぶことやベランダの物干し棹にかけることが

困難な場合もあるでしょう。

 

そんなときは無理に外に干さずに

窓際など日が当たる場所に室内で干す、

ふとんクリーナー、ふとん乾燥機などをご使用になることをおすすめします。

屋外と室内を上手に使い分けて

快適なお手入れをしていきたいですね。

 

もし、おふとんを干す時間がない方、
いつも忙しくて敷いたままの楽なふとんをお探しなら
ウレタン素材で、天日に干す必要のない、整圧敷きふとん などもございます。

こちらは、体圧分散をしてくれる高機能敷ふとんですので

肩こりや腰痛の方には、大変喜ばれております。
実際にお使いになったお客様の喜びの声はこちら

 

「わたしん」では、ご家庭の環境に合わせたふとんのお手入れ方法や

お手入れグッズのご案内をしております。

 

寝具のお手入れで気になることがあったり

お質問などございましたら

お気軽にお近くの店舗のスタッフまで。

店舗情報はこちらをご覧ください→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月27日

入浴剤の「色の効果」を知って、快適な眠りを

古くから入浴文化が根付く日本には、現在

約1,000種類の入浴剤が市場に出回っているそうです。

 

スーパーでも雑貨店でも

さまざまなお風呂グッズ、とりわけ入浴剤は豊富なラインナップ。

カラフルでおしゃれなパッケージのものも多く

プレゼントの候補としてもよく登場するのではないでしょうか。

 

入浴剤を湯船に入れると、良い香りとともに

オレンジ、グリーン、イエロー、レッド系などの

鮮やかな色が広がります。

 

種類によってさまざまな色がありますが、

「バスクリン」の元社員で現在「睡眠改善インストラクター」の

石川康弘 氏の著書『お風呂の達人』(草思社 出版)によると、

それらの色は “カラーセラピー” に基づいて考えられているとのこと。

 

例えば、

気持ちを穏やかにするなら「グリーン」

冷静になりたい時は「ブルー」

元気になりたい時は「レッド」

他人と打ち解けたい時は「イエロー」など

色による癒しの効果が入浴剤に取り入れられているので、

そのときの体調や気分によって「色」で選んでも良いのです。

 

直感的に手に取った色が

そのとき必要としていることかもしれません。

 

心地良い眠りのためには、

お風呂で心と身体の疲れを癒すこともとっても大切なのです。

 

また、快適な眠りのために効果的な入浴方法は

以下のポイントを実践してみてください。

 

<快適な眠りのために最適な入浴のポイント>

・シャワーだけでなく、できるだけ湯船に入る

・温度38〜40度のぬるめのお湯にゆっくりつかる

・眠る1〜2時間前に入浴する

人は身体の深部体温が下がることで眠くなります。

入浴中に体温が上昇し、あがった後は30分ほど経過した頃に

徐々に体温が下がり始めるため、そのタイミングを計算し、

眠りにつきたい時間の1時間前や2時間前に浴室に向かいましょう。

 

 

忙しくてもできるだけゆっくり湯船につかる時間を作って

毎日を健康的に過ごしたいですね。

 

快適な眠りのために、

その日の気分に合った入浴剤を選び、きれいな色や良い香りに癒される、

そんな入浴タイムをもっと楽しみませんか?

 

 

快適な眠りについてのご相談は「わたしん」へ

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月25日

良く眠れる「抱き枕」の選び方

横向きで寝るときに、

腕を組んだり

腕を伸ばしてみたりしたものの、

何となく寝る体勢が落ち着かないときってありませんか?

 

いつもより疲れた日ほど

脳が興奮状態で落ち着かず眠りにくいこともあります。

 

そんなとき、「抱き枕」を使用することで

体勢が楽になる効果が期待でき、

柔らかい枕に抱きつくことで精神的にも落ち着いて

すんなりと入眠することができます。

 

近年では横向き寝用のサポート寝具、

妊婦の方向け、いびき対策用など、

目的別の抱き枕が多数販売されています。

 

抱きつきながら眠ることで得られる

「安心感」や「癒し」効果を高めるために

まるで “ぬいぐるみ” のようなデザインのものも。

可愛らしくてインパクトのある商品は思わず目を引きますね。

 

日常生活のストレスや疲労を日々解消することは

すべての人にとって大切なことです。

 

オンタイムの活動を充実させるために

「休むこと」も大切な仕事の一つ。

ゆっくりお風呂に入ること、

のんびりお茶を飲むことのように、

眠るときにリラックスするための工夫を

もう一度見直してみることをおすすめします。

 

「抱き枕」を取り入れてみることはその工夫の一つです。

 

そして

抱き枕を選ぶ際の重要なポイントは「使う目的」です。

見た目のイメージや価格ではく

まずは目的をしっかり定めてから探しましょう。

 

枕の形状、詰め物の素材などの種類は豊富にあり、

普段の寝姿勢や目的によって、最適な抱き枕はさまざまです。

 

妊婦さんが大きくなったお腹でも楽に眠るためや、

腰痛の方のお悩みを緩和するため、

入眠しやすくするためなど用途によって異なるので

確認して実際に試してみることが

ぴったりのものを見つける近道。

 

カバーがあって洗うことができるタイプだと

常に清潔に使用できるので安心です。

 

 

ご自身にぴったりの快適な「抱き枕」選びは

「わたしん」各店のスタッフにご相談ください。

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月23日

「睡眠負債」を知っていますか?

最近よくさまざまなメディアで取り上げられているので

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

「睡眠負債」という言葉、知っていますか?

 

「睡眠負債」とは

スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で、

日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、

心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態をいいます。

 

日本では約4割の人の睡眠時間が6時間未満であり

睡眠不足に陥っている、つまり

「睡眠負債」を抱えていると指摘されています。

 

「睡眠負債」の状態が続くと、免疫機能の低下やうつ、がんなど

深刻な疾病につながる可能性もあり、その点を危惧する内容の

書籍が出版されるなど、各メディアで「眠り」が注目されています。

 

充分な睡眠がとれないことによる疲労感や眠気によって、

本来持っている能力が発揮できなくなり、

気がつかないうちに日中の活動に支障が生じてしまうことも。

 

健康の柱である「睡眠」がいかに大切か

あらためて考えさせられます。

 

ある調査によると、睡眠不足になる原因は

・仕事や外出で帰宅時間が遅いため

・ふとんに入ってからスマートフォンを見るため

ということが多いようです。

 

これらの原因に対しては、

残業しがちな働き方や時間の使い方を見直す、

スマートフォンの使用を就寝直前は控える、

ということが対策として考えられます。

 

特にスマホの光は寝る前に目に入ると睡眠の妨げになるので、

そのような習慣はできるだけ早く改善した方が良さそうです。

 

また、身体に合わない寝具を使い続けることで不眠になったり、

身体の不調につながったりするケースも少なくありません。

 

このことは逆に、

寝具を見直すことが睡眠の質を上げることになり、

さらに日常の生活の質も向上できるかもしれないとも考えられます。

 

今お使いの寝具がご自分に合っているのか

ぜひこの機会にチェックしてみてください。

 

ふとんに入ったときに快適と感じているか。

起きた時に身体が痛いなどの症状がないか。

よく眠れているか。など

寝具を見直し、今の生活リズムをあらためて考え、

ご自身や家族の皆さんがよりよい暮らしをできるように

改善していきたいですね。

 

 

「わたしん」では「睡眠負債」を抱えないための

最適な寝具選びをお手伝いいたします。

 

寝具選びのご相談はお近くの「わたしん」へ。

お近くの店舗はこちらからご覧いただけます→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月16日

冬用の「あったか下着」はわたしんへ

「“わたしん”さんで下着を売っているの?」

と、驚かれますが

(当店では下着というよりもインナーウェアと捉えておりますが。。。)

 

「わたしん」は眠りの専門店であり、

同時に健康・快眠ショップでもあります。

 

そのため、寒い冬でも快適にお過ごしいただくための

健康グッズも多数取り揃えております。

 

冬に何枚も重ね着をして防寒する時代は過ぎ、

薄手であたたかいインナーで着ぶくれせず

スマートな着こなしをする習慣がかなり浸透していますが、

冬用のあたたかいインナーはどれも同じと思っていませんか?

 

「わたしん」が自信をもって冬に最適とおすすめする商品、それは

スポーツブランド・ミズノが開発した発熱する下着

「ブレスサーモ」シリーズです。

 

 

歴史と信頼・実績のあるスポーツ用品メーカー・ミズノが開発した

この素材は、身体から出ている見えない汗(水分)をとらえ、

瞬時に熱に替える高機能素材。

実験結果からも、あたたかくなる様子が目に見えてわかります。

 

あたたかい機能をうたったインナーは

どれもそんなに変わらないと考える場合は、

当然価格で選ぶことになると思います。

 

しかし、こちらの商品を実際に使用した方からは

リピートでまた買い足す方も多く、ご好評いただいております。

お値段的にはもっとお求めやすいものが

他にあるかもしれませんが、

よりあたたかく、快適に冬を過ごすことができるという

この「ブレスサーモ」の特徴を体感していただくと

その違いがわかり、ご愛用いただけているようです。

 

「薄手であたたかい」という

男性にも女性にも嬉しい高機能インナー「ブレスサーモ」を

ぜひお試しいただきたいと思います。

 

 

冬でもおしゃれに、かっこよく。

仕事でもプライベートでも快適に過ごしたいですね。

寒くて仕事に集中できない、

外のレジャーが楽しめない、

室内にいても寒くて……などのお悩みを解決するインナーです。

 

肌着のほかに、靴下やタイツ、腹巻タイプなどもございます。

店頭にてそのあたたかさをお試しください。

「ブレスサーモ」に関するお問い合わせは「わたしん」各店へ。

http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月11日