わたしん 眠りBlog

不眠の原因はスマホかも?

 

私たちの生活に欠かせなくなったスマートフォン。

利用者はお子さんから年配の方まで世代を超えて広がっています。

通勤電車の車内では、スマホを片手に持つ人がほとんど。

そして、画面に触れるだけで操作ができるので

お子さんでも自分で動画を見ることやゲームをすることもできます。

 

しかし、その使い方によっては、生活に悪影響が出ることも懸念されています。

特にお子さんがいるご家庭では課題として意識されているかもしれません。

 

 「寝る前のスマホ」の影響

 

スマートフォンの液晶画面から発生しているブルーライトは

身体が睡眠の準備をするホルモン「メラトニン」の分泌を抑制します。

その結果、不眠症などの原因になる場合があるようです。

 

日中に日光を浴びるとメラトニンの分泌は抑えられ、

夜になって暗くなると増えてくる性質があるため、

「昼間起きて夜眠る」という原理はここからきているようです。

 

寝る直前にスマートフォンの光が目に入ることによって、

私たちの生活リズムが崩れてしまうかもしれません。

 

そして、本や雑誌と違って

終えるタイミングがつけにくいのがスマホの特徴です。

 

動画でもショッピングでも調べ物でも関連する情報が次々に表示されるため、

気がついたら随分時間がたっていたという経験がある方が多いのではないでしょうか。

これでは脳も落ち着かないので休まりません。

SNSやメール等ではなおさらです。

 

仕事の都合上などで眠る直前までスマートフォンを見る必要がある場合は、

液晶画面のバックライトの明るさを弱めたり、

背景色を白や青ではない暗めの色を選定するだけでも

目や睡眠ホルモンへの影響度が違うようです。

 

これはすぐに実践できることなのでぜひお試しください。

 

 

 お子さんのスマホの利用にはルールを設けて

 

「寝る前のスマホ」の習慣はぜひ改善していきたいものです。

 

特に高校生以下のお子さんは脳の成長のためにも

夜間の時間帯にしっかり睡眠をとっておきたいもの。

 

お子さんの場合は、家庭内でのルールを決めてスマホを使用することが

やはり大切だと思います。

 

インターネットで検索すると、使用ルールの例が紹介されているので

ご家庭にあった方法で取り入れてみてはいかがでしょう。

 

・自室では使用しない

・寝る時間帯はスマホを別室に置いておく

・9時以降は使用しない

など、睡眠時間の確保を最優先にしたルールを

お子さんの健康と成長のためにも取り入れてください。

 

年度末の今の時期はご家庭での約束を見直してみるのに良い機会です。

生活リズムを見直して新年度に備えましょう。

 

 

 寝る前の過ごし方を変えてみませんか?

 

 

眠る前はふとんに入ってからスマホを見るのではなく、

快適な睡眠のために別の過ごし方を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

照明は間接照明を利用するなどして、暗めにするのが理想的。

その他に

○あたたかいハーブティーを飲む

○リラックスできる音楽を静かにかける

○アロマオイルをたく

○軽いストレッチをする

 

ご家族でゆっくりと団欒することも、とてもおすすめです。

 

忙しくてなかなかそのような余裕がない方でも

「週末だけ」、「10分だけ」、など一つでも取り入れて

睡眠のための準備をしてみてください。

 

 

 夜ふとんに入ってからスマホを見る習慣がある方へお伝えしたいこと

 

「眠れないから」という理由で

スマートフォンで動画を見たりするのは逆効果です。

 

もし不眠のお悩みをお持ちでしたら、もう一度生活のリズムを見直してみてください。

習慣はすぐには変えられない、という方も

人の生活リズムは2週間続けることで変わるともいわれていますので

ぜひ2週間続けてみてください。

どうしても解決が難しい場合は、専門の医療機関等に相談することをおすすめします。

 

 

 安眠のための寝具

 

「わたしん」では、安眠効果を高める寝具を多数取り揃えています。

 

お使いの寝具が体に合っていないために

眠りの質が悪くなっていることもあります。

 

お一人おひとりに合った最適な寝具選びは「わたしん」におまかせください。

オーダーメイド枕、体型にあったマットレス、

軽くてあたたかい快適に使用できる掛けふとんなど

眠りの専門家がお客さまの立場にたったご案内をいたします。

 

お近くの「わたしん」はこちら

  • 掲載日:2018年3月28日

良く眠れる「抱き枕」の選び方

横向きで寝るときに、

腕を組んだり

腕を伸ばしてみたりしたものの、

何となく寝る体勢が落ち着かないときってありませんか?

 

いつもより疲れた日ほど

脳が興奮状態で落ち着かず眠りにくいこともあります。

 

そんなとき、「抱き枕」を使用することで

体勢が楽になる効果が期待でき、

柔らかい枕に抱きつくことで精神的にも落ち着いて

すんなりと入眠することができます。

 

近年では横向き寝用のサポート寝具、

妊婦の方向け、いびき対策用など、

目的別の抱き枕が多数販売されています。

 

抱きつきながら眠ることで得られる

「安心感」や「癒し」効果を高めるために

まるで “ぬいぐるみ” のようなデザインのものも。

可愛らしくてインパクトのある商品は思わず目を引きますね。

 

日常生活のストレスや疲労を日々解消することは

すべての人にとって大切なことです。

 

オンタイムの活動を充実させるために

「休むこと」も大切な仕事の一つ。

ゆっくりお風呂に入ること、

のんびりお茶を飲むことのように、

眠るときにリラックスするための工夫を

もう一度見直してみることをおすすめします。

 

「抱き枕」を取り入れてみることはその工夫の一つです。

 

そして

抱き枕を選ぶ際の重要なポイントは「使う目的」です。

見た目のイメージや価格ではく

まずは目的をしっかり定めてから探しましょう。

 

枕の形状、詰め物の素材などの種類は豊富にあり、

普段の寝姿勢や目的によって、最適な抱き枕はさまざまです。

 

妊婦さんが大きくなったお腹でも楽に眠るためや、

腰痛の方のお悩みを緩和するため、

入眠しやすくするためなど用途によって異なるので

確認して実際に試してみることが

ぴったりのものを見つける近道。

 

カバーがあって洗うことができるタイプだと

常に清潔に使用できるので安心です。

 

 

ご自身にぴったりの快適な「抱き枕」選びは

「わたしん」各店のスタッフにご相談ください。

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月23日

「睡眠負債」を知っていますか?

最近よくさまざまなメディアで取り上げられているので

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

「睡眠負債」という言葉、知っていますか?

 

「睡眠負債」とは

スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で、

日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、

心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態をいいます。

 

日本では約4割の人の睡眠時間が6時間未満であり

睡眠不足に陥っている、つまり

「睡眠負債」を抱えていると指摘されています。

 

「睡眠負債」の状態が続くと、免疫機能の低下やうつ、がんなど

深刻な疾病につながる可能性もあり、その点を危惧する内容の

書籍が出版されるなど、各メディアで「眠り」が注目されています。

 

充分な睡眠がとれないことによる疲労感や眠気によって、

本来持っている能力が発揮できなくなり、

気がつかないうちに日中の活動に支障が生じてしまうことも。

 

健康の柱である「睡眠」がいかに大切か

あらためて考えさせられます。

 

ある調査によると、睡眠不足になる原因は

・仕事や外出で帰宅時間が遅いため

・ふとんに入ってからスマートフォンを見るため

ということが多いようです。

 

これらの原因に対しては、

残業しがちな働き方や時間の使い方を見直す、

スマートフォンの使用を就寝直前は控える、

ということが対策として考えられます。

 

特にスマホの光は寝る前に目に入ると睡眠の妨げになるので、

そのような習慣はできるだけ早く改善した方が良さそうです。

 

また、身体に合わない寝具を使い続けることで不眠になったり、

身体の不調につながったりするケースも少なくありません。

 

このことは逆に、

寝具を見直すことが睡眠の質を上げることになり、

さらに日常の生活の質も向上できるかもしれないとも考えられます。

 

今お使いの寝具がご自分に合っているのか

ぜひこの機会にチェックしてみてください。

 

ふとんに入ったときに快適と感じているか。

起きた時に身体が痛いなどの症状がないか。

よく眠れているか。など

寝具を見直し、今の生活リズムをあらためて考え、

ご自身や家族の皆さんがよりよい暮らしをできるように

改善していきたいですね。

 

 

「わたしん」では「睡眠負債」を抱えないための

最適な寝具選びをお手伝いいたします。

 

寝具選びのご相談はお近くの「わたしん」へ。

お近くの店舗はこちらからご覧いただけます→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月16日

冷え性の方におすすめ「ムートンシーツ」

今回は、わたしんの商品を購入された

お客さまの声をお届けまします。

 

年間を通して冷え性に悩まれていた

茨城県神栖市の63歳の女性です。

 

西川の「トリプルサポートン(ムートンシーツ)」を購入して

寝ている間の冷えが解消されたそうです。

 

「真冬でも寒くなく温かい。寒がりで冷え性の私には

体にとても良いです。買ってよかったです」とのこと。

「夜中に目が覚めなくなった」との感想もいただきました。

 

ムートンとは羊の毛皮です。

密度の高い、厚みのある毛並みは

人が横になったときの体重を受け止め、

医療用として病院のベッドの床ずれ防止にも使われています。

 

羊の体を覆っている毛皮ですから

その保温性は大変優れたものです。

思わずさわってみたくなるような

ふかふかの見た目の通り、あたたかさは十分。

冷え性の方にはぴったりの寝具といえます。

 

実際に寝てみると、その寝心地は

人工的に作られた化学繊維では再現できない

極上の気持ちよさ。

そして、肌になじみます。

高級ムートンを使用した

西川のムートンシーツならではのポイントです。

 

また、冬だけでなく夏でも

お使いいただけるのが良いところ。

季節によって衣替えのように

しまいこむ必要はないのです。

夏でしたら、肌触りがさらっとする

麻や綿のシーツをムートンの上にかけて

お使いいただくのがおすすめです。

 

「寝ている間にかく汗の問題は?」

「保温性が良くて、あたたかくなりすぎるのでは?」

という不安の声も聞こえてきそうですが、

ムートンは吸湿性・放湿性にも大変優れた性質のため

ジメッと不快になることなく

快適にお使いいただけます。

 

「手足が冷えてなかなか寝付けない。」

「寒くて夜中に目が覚める。」

そんなお悩みを解決する方法の一つである

「ムートンシーツ」をぜひ実際に触って、

横になってみてお確かめください。

 

 

冷え性でお悩みの方におすすめの

あったか寝具をお探しなら、わたしんへ。

わたしん 各店に常駐する「ピロー・アドバイザー」が

快適な寝具をご提案いたします。

お近くの「わたしん」はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月22日

寒さに負けず! 冬でもあたたかく寝る方法

 

早いもので、

今年もあと残り2週間ほどになりました。

 

年末年始に向けて

忙しい時期になっています。

人が集まる楽しいイベントが増えたりと、

寒いですが体調を崩さないようにしたいですね。

 

毎日の休養として大切な睡眠。

あたたかくぐっすり眠るための

冬用寝具のひとつに「毛布」があります。

 

毛布の素材は、どんなものを選んでいますか?

 

「掛けふとん1枚だけではちょっと寒い。」

「掛けふとんのカバーの質感がひやっとするので、

毛並みのある毛布を一番体側に掛けたい。」

など、寝室の環境やお好みによって

毛布を使う理由が挙げられます。

 

種類にも色々とありますが、

アクリル素材の毛布を使用している方も多いと思います。

 

アクリルは綿やウールの天然繊維と違い、

人工的に作られた合成繊維です。

比較的お求めやすい価格の割に

ふかふかして肌触りもよく、あたたかいのが特徴ですが、

合成繊維のために吸湿性が低く、

寝ている間にふとんの中の湿度が上昇して

ムレを感じてしまうことがあります。

 

けれど、解決策があります。

アクリル素材の毛布は直接肌にふれるように

かけるのではなく、

羽毛ふとんの上に重ねると

温かさをしっかり閉じ込めてくれるので、

寒さの厳しい真冬の夜でもポカポカと快適に使用できます。

 

掛けふとんのカバーも、

冬用のぬくもり感のあるタイプがあるので

夏と冬で使い分けてみるのも良い方法です。

直接肌にふれる感触って重要ですよね。

 

毛布の使い方や

カバーやシーツの素材にもちょっとこだわると、

ぐっと生活が快適で豊かになるので

知って実行することが大切です。

 

情報化社会の現代では、

動かなくても自然に目や耳に毎日多くの情報が入ってきます。

 

そのなかから、必要なものを吸い上げるのは骨が折れますし、

多すぎて何を信じて良いかもわかりにくいのが

現実ではないでしょうか。

 

専門店では、専門知識をもったスタッフが

お客様のお役にたつ情報をもって

日々ご対応しています。

 

冬の寝具の最適な活用方法について、

店頭でもご案内していますので、

「効果的にあたたかく寝る方法」や

「夜、何度も目を覚まさずにすむ方法」など

眠りに関するご質問は

お気軽にスタッフにご相談ください。

 

わたしん 各店はこちらです。→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2017年12月15日

ご存知ですか? 眠りと香りの関係

 

わたしん 旭店内にある「&Free」コーナーでは、

心身をリラックスさせる

アロマやハーブティーを販売しています。

 

アロマオイルやハーブティーに共通するのは

植物由来の天然成分による「香り」です。

 

香りによって気分を変えるなど、

アロマやハーブティーを効果的に

生活に取り入れる方法をご案内しています。

 

例えば、

レストランのデザートに添えられる小さい葉っぱ

「ミント」はすっきりした香りです。

爽やかな気持ちになります。

 

それから、

紫色の可愛らしい花

「ラベンダー」の香りが眠りに良いというのは

有名なところです。

 

植物それぞれに違う香り、

そして違う効果があります。

 

「&Free」では、アロマオイルとして

夜リラックスして入眠しやすくなる香りと、

朝すっきりと爽やかな気分になる香りを

ご用意しています。

 

「オイル」タイプと「リネンウォーター」タイプが

ありますので、取り入れやすいものを

お選びいただけます。

リネンウォータータイプはシュッと

空間や枕に吹きかけるだけなので

お気軽にご使用できますよ。

 

「気になっていたけど、まだ使ったことがなかった」

「ハーブの知識もないし、

 どれを選んだらよいのかわからない」という方は、

ぜひ店頭にてスタッフにお声がけください。

 

あたたかいハーブティーは寝る前に飲むと、

香りによってリラックスできるため

眠りに良い効果が期待できます。

 

がんばった一日の終わりにほっと一息。

寝る前のリラックスタイムを

くつろいだ気持ちで過ごすのは

よく眠るためにもぜひ作りたい時間です。

 

ちなみに、コーヒーや紅茶に含まれる

「カフェイン」は眠りを妨げる成分なので、

夕方以降はなるべく摂取しないほうが

快眠のためには良いといわれています。

 

眠る前にあたたかい飲み物を飲みたいときは

ハーブティーがおすすめです。

(ハーブティーにはカフェインは含まれません)

 

質の良い眠りのためにも、「香り」を上手に

生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

「寝付きが悪い」「眠りが浅い」などの

眠りに関するお悩みのある方、

ぜひ「&Free」へご相談ください。

 

店頭はアロマの香りに包まれています。

実際に香りの効果をお試しください。

 

「&Free」のオリジナルブレンドアロマ、ハーブティーについて

詳しくはこちらもご参考いただけます。→http://andfree.jp/product/aroma.html

  • 掲載日:2017年11月30日

腰の痛みと戦っていたお客様の声

世の中には腰痛もちの方がこんなにも多いのか!と
店で接客していると感じています。

 

我が店には、ベットやおふとん、シーツやまくらなどを
お求めにご来店される方が多いですが、

 


よりよい眠りで健康的な生活をおくっていただきたいので
様々なライフスタイルのご質問をさせていただくと、
出てくるお身体のきになる点ベスト3が出てきます。


第1位 
腰痛

こちらも多いです。年配の方に多かったり、ヘルニアもちの方なども。
朝、起きたときの腰のだるさが気になっているみたいです。

 

 

第2位 肩こり

これは、本当に多いですね。肩が凝っているため頭痛がひどいとか
首がいたいなどです。
まくらを今まで何十個試しても、なかなかしっくりくるものがないと
ご相談でお見えになる方が多いです。

 

 

 


第3位 冷え性

女性の方は、とっても多いです。
夏でも靴下を履いて寝られる方など、症状がひどい方がおります。

 

 

 

 

 


私たちは、お医者さんではないので、診断などはできませんが、
「皆様の快適な眠り」のお手伝いができれば思っております。

その方その方の生活のリズムだったり、
ライフスタイルだったり、体の大きさだったりとすべて違いますので

その方にお悩みになった寝具アイテムのお話をさせていただきます。

今回は、とくに1位のお悩み、腰痛に関してお客様からいただいた
喜びの声をまとめてみましたのでご紹介します。

 

 

 

みなさん、よかったと思っていただいているお品は、整圧敷きふとんという商品です。
今では、このような高機能マットレスの進化もすごいです。

 

 


また、スポーツ選手はじめ、全国の高級ホテルなども心地よい高機能マットレスの
素晴らしさを実感して、ご使用いただいたり、サービスの一環としてお使いいただいたり
しているようです。

腰痛と敷ふとんの関係って、一見すると、関係性がわからない部分がありますが
実際に上記のような生のお声をいただくと、大変嬉しいと同時に
「快適な眠り」を提案している我が店としては誇らしく思っております。

 

 

 

  • 掲載日:2017年8月25日

「寝起きがつらい」人におすすめのふとん

みなさんこんにちは。
夏本番という感じですが、いかがお過ごしですか?

 

 

暑くて寝苦しいということはありますが、
それよりも、寝て起きたときの倦怠感とかだるさを
感じている場合はありませんか?

 

 

 

寝ているときの姿勢によって、体に負担がかかってしまって
寝起きに疲れやだるさを感じてしまうこともあるようです。

特に腰痛もちの方にとって、やわらかめのベッドや敷きふとんを
ご使用になっているとより症状がつらくなったりするようですので
注意が必要となります。

 

 

当店では、肩こりや腰痛もちの方。
または、寝ておきたときの倦怠感を感じはじめる
50歳以上の方には「整圧敷きふとん」をおすすめしております。

商品的には、寝姿勢をたもち、体の圧を均等にする凹凸の点があります。

 

 

商品の細かい説明は今回はおいておきまして
実際にお求めいただたきまいた方からの声をこのブログでご紹介したいと思います。

 

整圧敷ふとんを購入された方からのアンケートハガキをご紹介します。

「3ヵ月使用しましたが、とても寝起きも良くもっと早く使用してたらと思いました」(千葉県旭市在住 70代 女性)
ぐっすり寝ているのに、寝起きが疲れるなどの症状は、 今お使いのふとんがご自身のカラダにあっていないからかもしれません。

他にも

 

こういう寝返りがしやすくなったというお声はたくさんいただいております。

 

 

 

はい、はじめの場合などはやや硬さを感じる場合もあるかもしれません。
この方も当初はなれるまで時間がかかったようですが、今では心地よく寝ていただいております。

 

 

この方は、もともとベッドで眠っていらっしゃった方ですね。
ベッドのマットレスを整圧敷きふとんに変更してお使いいただいた方のお声です。

 

 

とても嬉しく、ありがたいお声です。たかだ敷きふとんかもしれませんが、されど敷きふとんです。
早い人だと1-2日で朝の目覚めの違いを実感していただける方もおります。

 

 

お尻の痛みが軽減は、体圧を均等にする機能を感じていただいたことになります。

 

 

 

カーボンのウレタン素材ですので、気になる方もいらっしゃいます。
使っていくうちに匂いも気にならなくなってきますし、当店の有料サービスで行なっている

除菌サービスをご利用いただくと匂いが気にならなくなるとお客様から好評です。

 

 

こちらは感じ方は個人差がありますので、なんともいえませんが。血行がよくなったのでしょうか。

 

 

商品に関してのアンケートを行なって、こう褒めていただけるととっても嬉しいです。ありがとうございました。

 

シンプルですが、この言葉、とっても嬉しいです。

 

私たちは、寝具をとおして、皆様の快眠、健康のお手伝いができればと思っております。

眠りの専門店として、皆様の悩みや気になること、快適な眠りのための情報も

発信していきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

  • 掲載日:2017年7月21日

夜中のトイレ対策

眠りについてや寝具のメンテナンスに関して
お困りではありませんか?

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に5店舗展開している
「眠りの専門店 わたしん」です。

よく、夜中にトイレに何回もおきてしまって、、、。
という方がいらっしゃいます。

人によって、様々な原因があるとは思いますが
眠りが浅いために、すぐ目覚めてしまうということも
あるようです。

私たちは、
お医者さんではありませんから、
わかりませんが、快適な寝心地に関しては
お手伝いができるかもしれません。

現に
夜のトイレの回数が減ったという方も
多く見受けられます。

当社にいただいたアンケートをご覧ください。

http://watashin.com/motive_cat/tax213/

  • 掲載日:2017年5月21日

旅行に便利なネックピロー

眠りについてや寝具のメンテナンスに

関してお困りではありませんか?

 

 

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を
中心に5店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。

 

 

今日は、これから旅行に出かける方に向けてのおすすめ商品です。

飛行機や新幹線、車での移動でゆっくり眠りたいけど
どうしてもねれない、とう方たくさんいらっしゃると思います。

そんな方には

 

 

コンパクトに持ち運べますし、自分の首と頭に合わせて
自由に調節できます。

 

 

これでみなさまの旅行も一段と快適さがましてくるかも。

 

詳しくは各店にお問い合わせください。

 

店舗情報

 

 

 

 

  • 掲載日:2017年4月26日
1 / 3123