わたしん 眠りBlog

冬の必需品の毛布 効果的に使ってますか?

あけましておめでとうございます。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

本年も「わたしん眠りBlog」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

いよいよ2019年がはじまりました。今年、平成31年の4月30日で「平成」の時代が幕を閉じ、新元号の新たな時代へと切り替わる節目の年です。

皆さまは今年の目標はもう立てられましたか?

 

「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、お正月は何だか神聖な気持ちになりますよね。いろんなことに前向きにやる気がみなぎる時期だと思います。

 

私も毎年手帳に目標を書き込むのですが、年末年始に見ていたSNSの情報で「やりたいことリスト100」という、1年間でかなえたいことを100個リストアップするという方法を見かけ、さっそく真似してやってみました! 一度に100個とはいきませんでしたが、何とか70個くらいは出せました。70個でも結構な数です。そのリストを見ると、そのたびにちょっとわくわく……。少しずつ実行していきたいと思います!

 

さて、私のかなえたいことリストの中にも、「手持ちの寝具をあらためて点検する」ということがあります。中には長く使っているものもあるので、そろそろ買い替えも検討しています。

眠りは人生のなかでも1/3の時間を占める大切な時間なので、皆さまもこの眠りブログの情報を参考に、毎日の眠りを少しでも振り返っていただければ嬉しいです。

 

 

毛布の買い替えを検討されている方へ。毛布の素材あれこれ

 

あたたかい毛布は真冬の必需品ですが、皆さまの毛布選びの基準は何でしょうか?

肌触りが良いこと、軽いこと、洗濯ができること……。

選ぶ基準はお好みやご予算など、ご家庭によって変わると思います。

 

そこで今回は毛布の素材に注目し、それぞれの素材の特長をご紹介したいと思います。

まだまだ寒い日が続きますので、毛布の新調や買い替えを検討されている方は選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

●アクリル毛布

アクリルはセーターにも使われる素材です。その寿命は15~20年ほど。リーズナブルなため手に入れやすいですが、吸湿性が低いのがデメリット。人は眠っている間に冬場でも200cc以上の汗をかくため内部に湿気がこもってしまうことがあります。

 

●マイヤー毛布

アクリル、ポリエステルなどを使った化学繊維の毛布です。毛足が長く保温性が高いため、寒い冬におすすめです。

2枚の毛布を貼り合わせて作られているため、「重い毛布が苦手」という方は店頭でその使用感をお試しになってからお求めいただくことをおすすめいたします。

 

●ウール毛布

保温性、吸湿性、放湿性に優れています。化繊を混ぜたウール混紡タイプなど、リーズナブルなタイプもあります。

 

●シルク毛布

光沢、艶があり、肌触りが良く、吸湿性が高いなどメリットが多いシルク毛布。保温性能が高いものの、軽量なため厚めの毛布と比べるとその保温性が物足りないと感じる方もいらっしゃいます。その場合、羽毛ふとんなど保温性の高い掛けふとんと組み合わせて使うことで、保温性の物足りなさは解消できるでしょう。

 

●カシミヤ毛布

繊維の宝石ともいわれる、カシミヤヤギの毛で作られた毛布です。うっとりするほどの柔らかな肌触りが特長で、薄くてしなやかでありながらとてもあたたかい、上質な毛布といえます。羽毛布団との重ね使いにもぴったりです。

 

毛布についてのご相談やお求めはお近くの「わたしん」へ。「わたしん」店舗はこちらから

 

 

最も効果的な毛布の使い方

 

皆さまは普段毛布をどのように使っていますか?

掛けふとんの上に毛布をかけるか、それとも体に触れるように直接毛布をかけてその上に掛けふとんをかけるかどうかです。

 

掛けふとんが羽毛素材の場合は、その羽毛ふとんの上に毛布をかけて使うほうが、よりあたたかさを感じられるそうです。

羽毛は保温性や放湿性に優れているため、上から毛布をかぶせるとあたたかさを封じ込め、1枚で使うよりもさらにあたたかく眠ることができます。

 

毛布の素材の種類によっても違いがあるそうで、ウールやカシミアなど天然素材の毛布の場合は掛けふとん上でも、逆に体に直接かけてでもどちらでもあたたかく、アクリル毛布など合成繊維の場合はふとんの上にかけて使用するのが良いそうです。

これは体から蒸発する汗を吸う吸湿性の違いで、快適さが違ってくるためです。

 

冬場は寒さのために、ふかふかした毛布の毛並みの肌触りが好きで直接体に掛けて使いたい、という方も多いと思いますが、

その場合は、天然繊維の毛布を選ぶと良いですね。

 

あたたかさの面で総合的に考えると、毛布は掛けふとんの上にかけて使った方があたたかいということになります。

 

これから2月、3月とまだまだ寒い日が続きます。風邪などひかないように、今夜から毛布は掛けふとんの上にかけてぐっすりお休みいただければと思います。

 

冬をもっと快適に眠るために、もう一度毛布について見直してみませんか?

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2019年1月11日

頑張った自分へのご褒美に! 眠りながら美容効果が期待できる寝具

こんにちは。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

 

 クリスマスも過ぎ、いよいよ年越し、年末のムードです。

12月は1年のなかでも一番慌ただしい、忙しい月で、普段ない用事・仕事が多くお疲れの方も多いのではないでしょうか。

 

年賀状、大掃除、忘年会、お正月の支度……と、季節の行事の簡略化や便利なグッズが増えたとはいえ、やはり気忙しいですね。

 

私も体調を崩さないように注意しながら、少しでも家の仕事を片付けられるようにちょこちょこ進めているところです。最近バタバタしていたのでかなりスローペースなのですが。。汗

 

とはいえ、

あと少しで2018年が終わり、2019年が始まるカウントダウンをする年越しはやっぱりわくわくするものですね!

2019年をまた新たな気持ちで気持ちよくスタートするために、あと少し、年越しの準備をがんばりたいですね。

 

そのためにも、頑張った自分へ、何か嬉しいご褒美を考えておくのがおすすめですよ。

 

美味しいスイーツやご馳走も良いですが、せっかくならば明日の自分がもっとイキイキ美しくなれる、そんなアイテムはいかがでしょうか?

 

 

女性におすすめの寝具素材「シルク」

 

冬のこの時季、空気が冷たくなり湿度も低くなるので、顔や体、髪の毛の乾燥が気になる季節です。静電気もよく起きます。

 

女性は美容の面で季節に合わせたスキンケアが必要ですが、冬は「しっとり」「潤い」といったうたい文句の化粧品が気になります。

 

カサカサお肌は美容の大敵。乾燥しないように、しっかり保湿できるケア商品をいくつも試している女性も多いでしょう。

 

そして化粧品だけでなく、肌に直接触れる衣服やタオルの質感にもいつも以上にこだわりたいもの。洗濯を繰り返してごわごわの質感になった生地は、肌触りが悪いだけでなく、お肌にもマイナスの刺激になってしまいます。

 

そこで今回女性の美容の面からもぜひご紹介したいのが、「シルク」の寝具なのです。

 

シルクといえば、ゴージャスな光沢感がイメージできますが、触れた時の手触りがつるんとなめらかで気持ちが良いのが特徴です。ドレスや着物など、セレモニーのときに着る衣服によく使われています。

 

そして、数ある繊維素材のなかでも「シルク」の保湿性は高く、人の肌になじみやすい繊維であることをご存知ですか?

 

シルクを寝具素材として使用するメリットとしては、

  排毒・デトックス効果がある。

② 制菌性・吸湿性・放湿性が高い。

③ 冬暖かく夏涼しい。

④ 抗酸化作用がある。

 

など、女性にはうれしい効果ばかりなのです。

 

季節に対応した保温力があることは寝具として必要不可欠な条件ですが、「デトックス効果があること」、「抗酸化作用があること」はあまり知られていないと思います。

 

シルクのふとんや寝具カバー、「ちょっと使ってみたいな」と感じた方、そうすると、次に気になるのが「洗濯はできるのか?」ということではないでしょうか。

 

シルク100%の場合はご家庭での洗濯はできませんが、最近はシルクに綿を混ぜた素材もあります。その場合は、洗濯表示に従って洗っていただければ大丈夫です。

 

 

「真綿ふとん」をおすすめする理由

 

「真綿ふとん」は、「まわたふとん」と読み、天然シルク100%の掛けふとんです。

 

真綿(まわた)の魅力は、

○保温性 ○吸湿性 ○放湿性 ○かさ高性 ○フィット性 ○軽さ

など、基本的な性能だけでなく、

《天然素材ならではの肌へのやさしさ》が挙げられます。

 

繭糸(シルク)から作られる真綿には、素肌と同じタンパク質成分“フィブロイン”が含まれ、美肌を保つ力が備っています。だから触れた時に気持ちが良いと感じられるのかもしれませんね。肌馴染みが良いので、心地よく眠りにつくことができるでしょう。

 

アトピーに困っていたお子さんが真綿にふとんを使うことで、泣いていたのが泣き止んだというエピソードもあるほどです。

 

さらに、優れた保湿性で静電気が起きにくいため、ホコリなどをほとんど寄せつけない特徴もあります。いつも清潔にしておきたい寝具にはもってこいのメリットですね。

 

製造は職人さんの伝統の技によって行われています。

気の遠くなる手作業の繰り返しで、繊細なシルクの糸をうすく伸ばすことを繰り返し、ふとんとしてのボリューム感を出すために幾重にも重ね、上質な寝具へと形作られていくのです。

 

素材からも、制作工程からもまさに高級品といえる寝具、真綿ふとん。

女性にとって、うれしい性質をもっています。

心地よく眠りながら、お肌にも優しく美肌効果が期待できるので、ご自分へのご褒美にぴったりです。

 

真綿布団に関して、詳しくはお近くの店舗にお問合せください。

お近くの「わたしん」ショップはこちら

 

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

 

  • 掲載日:2018年12月25日

クリスマスプレゼントにぴったり♪ 人気のぽかぽかグッズ

こんにちは。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

 

今年の12月は気温が平年より高かったり、と思えば寒い週があったりと、天気予報ではジグザグ気温と紹介されていました。

 

つい油断して「思ったより寒くて体が冷えて辛かった~……」ということがないように、出かける前に天気予報をよくチェックしないといけないですね。

 

気温が低くなる日は、外出する、室内で過ごす、どちらにしても防寒対策が必要です。最近はより機能性に優れたインナーやソックスなど、種類・デザイン豊富に出ています。

 

ちなみに、私は毎年使ってきた手袋を「今年も出番だ!」と思って出してみたら、指先の部分が消耗していてびっくり……。予想外でした。ちょっと使えそうにないため、今年用を買い替えようと思っています。色々比べて検討しているところですが、同時にちょっとわくわく♪ やはりお買い物は楽しい時間ですね。

 

このように、冬の期間ヘビーローテーションで身につけて使う“あったかグッズ”は消耗品でもあります。

かわいい!と心惹かれるデザインも多いので、大切な人へのクリスマスプレゼントや自分へのプレゼントにもぴったりなアイテムではないでしょうか。

 

いよいよ今月やってくる冬のお楽しみイベント、「クリスマス」にご友人やご家族揃ってのパーティーを考えていらっしゃる方にも、プレゼント用にぜひおすすめしたい「温かく過ごせるアイテム」をご紹介いたします。

 

 

おすすめアイテム その1

おなかを温めるだけじゃない、嬉しい効果が期待できる《腹巻き》

 

昔はちょっぴりおじさんのイメージが強かった腹巻ですが、現在ではその保温効果から、かわいいデザインも増えて女性の愛用者が増えています。

 

腹巻きの効果には

① 冷え対策に効果的

② 血行が良くなり、代謝が良くなる

③ 生理痛対策として

などが挙げられます。

 

昔に比べて、素材も豊富になりました。

 

●シルク

お値段は高めですが、肌触りが良く、軽量。春夏は汗をかいても肌触りがさらっとしていて、秋冬は保温効果が高いのが特長。

 

●綿

吸水性が高く、肌が弱い人はオーガニックコットンがおすすめです。

 

●ウール

温かさ重視というならこの素材を。真冬におすすめの素材です。

 

●ナイロン

カラダにフィットしやすく、価格もお手頃なので洗い替えに数枚揃えやすいですね。

 

 

*「わたしん」でも、あったかグッズコーナーにて「腹巻き」を展開中です。

お求めはお近くの「わたしん」

 

 

 

おすすめアイテム その2

冬でも気になる汗臭を改善する《機能性アンダーウェア》

 

寒い冬とはいえ、屋内外の温度差で汗をかくことも。そんなとき、肌着が汗で濡れると逆に冷えてしまったり、においも気になります。エチケット的にも、冬のアンダーウエアは保温性だけでなく夏同様に“速乾性”も重視したいですね。

 

そこでおすすめなのが、「ミズノ」のアンダーウェア「ブレスサーモ」です。

 

松岡修三さんがイメージキャラクターを務めていることで、ご存知の方も多いのではないでしょうか?  今年で25周年目を迎える「ブレスサーモ」が今年さらにグレードアップしました!

 

保温性の高い生地はしっかりしているのに軽量で着心地の良さがアップ。そして、速乾性が高まり汗をしっかり吸い取ります。

 

ぶくぶくに厚着しなくても、すっきりした着こなしであたたかく過ごせるので、今や女性にも男性にも冬のマストアイテムといえる機能性ヒートインナー。

 

スポーツメーカーが開発した本格機能素材は、ぜひ一度お試しいただきたい一品ですよ。

 

 

*「わたしん」では、「ブレスサーモ」のアンダーウェアを各種入荷いたしました。詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください。

 

 

 

おすすめアイテム その3

《ハーフ毛布》が人気です

 

大人のひざ掛け用、お子さま用の毛布に最適なハーフ毛布。

大人の方には、ひざ掛け、肩掛けショールとして、職場での冷え対策や、冬のキャンプ・スポーツ観戦での防寒対策にぴったりです。コンパクトにたためるため、持ち運びも便利なのが嬉しいですね。

 

お子さまには、保育園で使うお昼寝用の寝具としてもおすすめですし、お出かけの際にはいつでも使えるように車に積んでおいたり、ママやパパのバッグに入れておくこともおすすめです。

 

使うシーンが多く、家族みんながそれぞれで使うものですし、汚れたらすぐ洗えるように冬の間数枚あると便利なハーフ毛布。お気に入りの色や柄で揃えておくと楽しいアイテムでもあります。

 

 

おすすめのカラーは、やはり「赤」「オレンジ」「ブラウン」などの暖色系でしょうか。色味で視覚から「温かい」効果が増す気がします。

 

ちなみに、発色の良い「真っ赤」なカラーは興奮する作用もあるそうなので、お子さまのお昼寝用にはもう少し優しいトーンのお色味が良いかもしれません。

 

とはいえ、お好きな色や柄が一番ですので、ぜひ色々迷って選んでいただきたいと思います!

 

 

*「わたしん」では、お子さまが喜ぶキャラクター柄や、女性に人気のおしゃれな柄など豊富に取り揃えています。お求めはお近くのわたしん

 

これからますます寒くなる冬。準備万端にして素敵な1年の締めくくりにしたいですね。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

 

  • 掲載日:2018年12月10日

朝時間を有効に使うために! 冬の朝でもスッキリ目覚めたい方へ

こんにちは。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

 

実は先日、ある本を読んでから早起きに挑戦しています。

 

その本とは、『あなたの1日は27時間になる。』(ダイヤモンド社 発行/木村総子 著)というビジネス書です。

 

パッと見てとても魅力的なタイトルだったので、思わず購入し一気に読んでしまいました!

 

内容を簡単に紹介すると、

バタバタと忙しい毎日を送っている生活を、4つのポイントによって時間の使い方、仕事のやり方を改善し、“自分だけの3時間”を作り出すというもの。

 

私はまだまだ自分だけの3時間を作り出すまでには至っていませんが、とりあえずこの改善は「早起き」をすることがポイントなのです。

 

元々私は早起きが苦手なタイプなのですが、今はやる気に満ちていますので頑張って続けてみたいと思います!

 

 

今回は、朝型の快活な生活のための眠りのポイントを4つご紹介します。

 

 

 その1:朝起きたら「水」を飲む

 

 

朝起きたら、コップ1杯の水を飲むのがいいといわれています。

これは、健康と美容の両面で良いそうです。

 

具体的には、

●就寝中に失った水分の補給

●口内の細菌の繁殖を防ぐ

●排便を促す

●脳が活性化して、頭がすっきりする

●血糖値の急上昇を防ぐ

などの効果があるようです。

 

早起きをしたら、まずはコップ1杯のお水を飲むことで頭がすっきりするだけでなく、健康面でもさまざまなプラスの効果があるのでぜひ実行していきたいですね。

まだ習慣になっていなかった方は、ぜひ「起きたらコップ1杯のお水」をはじめてみてください。

 

 

 その2:幸せホルモン「セロトニン」を作りましょう

 

 

良質な睡眠のために大切なことといえば、「朝起きてすぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びること」は有名ですね。でも、なぜそういわれるのかご存知ですか?

 

人間のカラダには100種類以上のホルモンが存在するといわれています。

ホルモンとは、体内で分泌される物質でさまざまな器官や組織をコントロールしています。

 

数あるホルモンの中でも「幸せホルモン」とも呼ばれているのが「セロトニン」です。

「セロトニン」には

●心のバランスを整える

●ストレスを緩和する

●腸内環境を整える

といった役割があり、「セロトニン」の生成には朝太陽の光を浴びると分泌が高まり、眠っていた体がだんだんと覚醒に向かいます。このことによって体内時計がリセットされ、その後だいたい14~16時間後に入眠に向かうスイッチが、徐々に眠気が出てくるようになります。

 

目覚めたら「太陽の光を浴びると良い」と言われる所以はこの「セロトニン」の分泌にあるのです。

 

 

 その3:マッサージは睡眠にも効きます!

 

 

マッサージには色々な効能があることは、皆さんご存じと思います。

しかし、マッサージで「睡眠の質」がアップすることは意外と知られていません。

 

マッサージにはこのような効果があります。

●血圧を正常にする

●痛みの緩和

●不安や落ち込みを改善する

●ストレスホルモンの減少

●免疫機能の改善

 

指圧、リフレクソロジー、アーユルヴェーダなどマッサージにも種類が色々ありますが、自宅で簡単にできるマッサージのひとつが「ツボ押し」です。

 

イタリアのある病院では睡眠障害をもつ患者に対してツボ押しをしたところ、2週間以上施術した患者の60%の睡眠が改善したといいます。

イタリアの病院で行ったのは「神門」と呼ばれるツボのツボ押しで、「神門」は精神面をコントロールするツボといわれています。

 

○ツボの場所

手首内側の横線に入るシワの線上にあります。小指の延長線上に交わる場所です。

 

○押し方

人差し指を使って押します。親指で手首の下から支えるようにするとやりやすいです。

 

マッサージで1日のストレスを癒したら、リラックスできるパジャマを着て、快適な寝具でぐっすり眠りましょう。

 

 

 その4:自分に合った、ぐっすり眠れる寝具を

 

 

朝の目覚めを快適にするためにも、熟睡できる寝心地のよい寝具選びが大切です。

枕の高さやかたさ、そして敷き布団など、寝姿勢をきちんと保つ睡眠環境はできているでしょうか?

 

良い睡眠のための環境づくりに関しては、「わたしん」にお任せください。

冬用のあたたかい寝具、オーダーメイド枕、寝具のお手入れなどについて、「わたしん」スタッフがご相談を承ります。

お近くの「わたしん」店舗はこちら

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

 

  • 掲載日:2018年11月30日

《歩きやすい靴》で、長く歩くと足が痛くなる悩みを解決!

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です!

 

見上げると秋の空が澄み切って美しい季節となりました。紅葉してきた木々の色とのコントラストもまた見事です。

 

 

過ごしやすい気候は本当にありがたいもので、ふらりとどこかへお出かけしたくなりますね♪

 

先日電車で出かけた際に、ご年配の男女のハイキングツアーの方々と乗り合わせました。とても大人数で、50名くらいいらっしゃったかもしれません。

みなさんしっかりリュックサックに帽子、動きやすい服装で準備は万全!

これから行く先の話題を笑顔でおしゃべりをする様子から、とっても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

と、同じ車両にはかわいらしい幼稚園児の遠足と見受けられるご一行も発見。

年齢に関わらず、わくわくする秋の行楽、いいですね~~ みなさまの計画はいかがでしょうか?

 

 

  足が痛くなるから……。歩くのがおっくうな方へ

 

秋は暑すぎず、寒すぎず、旅行などのお出かけにも最適な季節です。

 

自然に触れ合うことができる、高原や山の散策、ハイキングにキャンプ。

それから、街なかでのウィンドーショッピングに美術館巡り。

週末には、お子さんやお孫さん連れのテーマパークのご予定もあるかもしれません。

 

行き先はさまざまですが、基本的にレジャーには「歩くこと」がつきものですが、

そのときどんな靴を履いて歩くかによって、心から楽しめるかどうかが違ってきませんか?

 

せっかくのお出かけが足の痛みで台無しになってしまうなんでもったいないですし、ご家族やお友達の誰か一人でも楽しめなかった、、なんてことでは残念ですよね。

 

改めて質問ですが、

歩きやすい靴、お持ちですか?

 

 

「わたしん」は健康的で快適なライフスタイルの提案をする眠りの専門店ですので、

その思いで自信を持ってオススメしたいのが「ミズノ」のウォーキングシューズなのです。

 

歩きやすさを重視して作られたシューズは、スポーツメーカーが開発しているので信頼性は抜群。アスリートのために培ってきた技術に基づいてデザイン設計されています。

 

その手のシューズはちょっと野暮ったい、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

履いてみると全身のバランスも良く、スタイリッシュな印象を醸し出せるシューズになっています。

ビジネスシーンに合わせてもOKなデザインでなおかつ歩きやすいタイプから、スポーティなラインまで。

ぜひ一度、お手にとって履いて試してみていただきたと思います。

 

 

  毎日の運動不足解消には、手軽に始められるウォーキングを

 

運動にも最適な秋。健康のために「ウォーキングを始めよう!」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方へのアドバイスは、

長続きをする秘訣として「無理せず、自分が可能なペースで行うこと」だそうです。

 

こう聞くと、ハードルが下がってちょっと安心ですね!

 

ウォーキングの効果は、毎日行った場合と、1日おきに行った場合とでその効果はほとんど差がないと言われているそうです。

慣れないうちは週3回くらい、身体が慣れたら少しずつ増やして週5回ペースにすると良いとか。

 

少しずつ、自分のペースでできる手軽な運動として私個人としても大注目しております。

 

運動しなきゃと思ってなかなか始められていなかった方、

まずは形から入る、シューズ探しをしてみるのも良いかもしれませんよ。

 

 

「わたしん 旭店」ではミズノのウォーキングシューズの取扱いがございます。

男性用・女性用ともにデザインを取り揃えています。

「わたしん 旭店」はこちら

 

 

  • 掲載日:2018年10月31日

冷え性の方にオススメ!《体を温める敷き布団》

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です!

 

だんだんとアウターが必要なほど肌寒い日が増えてきましたね。

けれども、まだ動くと汗ばむこともあるので、出掛けるときはストールを持ち歩いています。

 

 

大きめのストールですと上半身がすっぽり包めて温かく、暑くなったらすぐ外せるので便利です。今の時期とても重宝しています。

 

 

さて、もうじき夜の寝室が底冷えする寒~い冬の季節がやってきますね。

あの、お布団に足をいれた瞬間のひやーっという感覚が苦手です。。

 

冷え性の方にとってはとても辛いですね。

あの異常なほど暑かった夏を思うと信じられないですが、だんだんと寝付けないほど寒さが厳しくなります。

 

冷え性の方の場合、布団に入る前にすでに体が冷え切ってしまっていると、ひんやりした布団がなかなか温まらないものです。そして、羽毛の掛け布団を使っていても、あまりの寒さから眠っている途中で目が覚めてしまうこともあります。

 

一晩中エアコンやストーブの暖房機器を使用することも冬の夜の寒さ対策の一つですが、暖房をつけたまま眠るのはあまり得意でない方も多いのではないでしょうか。

私もその一人で、寝る直前まで部屋を温めておき、寝るときには消しています。

 

しかし、私はこれで毎年毎年、助けられております。

     ↓   ↓   ↓   ↓

 

  温熱と電位で体を癒す寝具「ドクターセラSSS(スリーエス)」

 

冷え性の方にはぜひともオススメしたい商品で、その名も

電位・温熱組合せ家庭用医療機器「ドクターセラSSS(スリーエス)」です。

 

 

「ドクターセラSSS」は寝具メーカー東京西川の商品で、医療認証を受けた「電位・温熱組み合わせ家庭用医療機器」です。

医療認可をうけているって、なかなか無いんです。

 

簡単にご説明しますと、敷きふとんとしてお使いいただきながら、温熱や電位の効果によって疲れや肩こりを緩和させる効果が期待できます。

 

使い方としては、コンセントに電源を指して、コントローラーによってスイッチのオン・オフ、コースの設定をして使用します。コントローラーはちょうどテレビのリモコンのような形をしていて、横になっていても簡単に操作できます。

 

 

よく冬場に使う電気毛布のようなものをイメージされるかもしれませんが、こちらは1年中使用でき、四季に合わせた切り替えで気になる諸症状をやわらげます。年間を通してご使用いただけるようコースが選べるようになっているのです。

一年中お使いになれるのが大事なポイントです!!

 

基本的には、「温熱」療法と「電位」療法のどちらかを選べます。

◆「温熱」療法はマイルドな温かさで体を優しく温め、血行を促進させ、筋肉の疲れやコリをほぐし、筋肉痛や神経痛を緩和します。

 

◆「電位」療法はマイナス電位の効果が自立神経に作用し、頭痛、肩こり、不眠症、便秘をケア。熱は入らないため夏でも使用できます。

 

◆「温熱」と「電位」を交互に行う「交互」療法も選べます。寝ている間に療法の効果を得られるので便利です。

 

そして、季節によってコースを設定できるので快適に使用できるところもポイント。

○冬コース……「温熱」療法の時間を多くして冷え対策。

○春秋コース……明け方の冷えから体を守ります。

○夏コース……明け方に体を軽く温めます。

 

<表面温度>

「強」約53℃

「中」約38℃

「弱」約23℃

 

日中の温かさに比べて朝晩が冷え込むこの時期は、「春秋コース」を選択いただくと快適です。

ご自分の体調や季節によって、温度も調整が3段階で可能です。

 

  「ドクターセラ」ご購入のお客さまの声

 

実際に「ドクターセラ」シリーズをご使用になったお客さまの感想をご紹介いたします。

 

●千葉県旭市在住 40代女性

「寝返りの回数がぐんと減りまして朝まで、かけ布団の乱れもなく寝られるようになりました。一緒に寝ている犬も布団から離れません」

 

*肩こりや冷え性に悩まれていましたがドクターセラをお使いになってから、その症状が改善されたそうです。

 

 

 

 

 

 

●千葉県香取市在住 47歳女性

「お店の方と色々お話をしているうちに自分が隠れ冷え性だとわかりました。ドクターセラを使うようになってから、疲労回復や目覚めが良くなるなどの効果を感じています」 

 

*たっぷり寝ても、疲れがとれないことに悩んでいらっしゃいました。色々な症状をお伺いしていくうちに「隠れ冷え性」の可能性が高かったため。疲労感や血行不良などを改善するドクターセラをおすすめしたところ、購入後のアンケートでこのように回答していただきました。

 

 

 

 

●肩こりや腰痛に悩まされていた29歳男性

「高額品でしたが、それ以上の満足感。次の日に疲れが残りにくくなった。寝心地が最高で、これまで以上に寝るのが楽しみになった」

 

*店頭にて「ドクターセラ」をご購入いただきました。肩こりや腰痛の改善のほか、夜中目が覚めない、寝つきがよくなった、疲労回復につながったなどの効果を感じていただいているようです。

 

 

 

 

 

 

「わたしん」では、「ドクターセラSSS」の寝心地を実際に体験できます。

コースによる体の感じ方の違いや、どのくらい温かさを感じるかなど、ぜひお試しください。

「わたしん」各店で承ります。

詳しくはこちら

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年10月23日

「起きたとき体が痛い」悩みを解決! ふっかふか天然素材の寝具

こんにちは!

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

やっと暑さも落ち着いてきましたね。エアコンを使わなくても済む日が増えてきました。

ちょっと肌寒さも感じることもあるこの季節は体調管理が大切です。

 

今年の夏の異常な暑さによる疲れはすっきり解消して、過ごしやすい秋に行楽や趣味の活動をして思う存分楽しみたいですね!

 

千葉県内や茨城方面でもコスモスが見られる公園や、紅葉の美しい絶景スポットがたくさんあるので、今から休日の予定を立てるのが楽しみでワクワクしています

 

 

 

 

  起きたとき、体が痛い……。そんなお悩みありませんか?

 

朝、目覚めた時の感覚って大事ですよね。

 

 

1日を気持ち良く始められるかどうかの条件だと思います。

 

「あ~よく寝た!昨日の疲れもすっかり取れた~」と清々しい気持ちで起きるのと、「イテテ……、腕がしびれちゃった」とか「何だか肩が痛いなぁー」という、体のどこかに痛みや不快感を感じて起きるのとでは全然違います。

 

誰しもできることなら、毎日気持ち良く起きたいもの。

寝ている間に1日の疲れが全部解消できて、肉体的にも精神的にもリセットできるのが理想です。

 

そして、起きた後はカーテンを開けて朝の日差しを浴び、好きな音楽をかけて白湯を飲む……など、何か自分なりに朝のルーティンを作っておくのが充実した毎日を送るために良いそうですよ。

 

 

皆さんはいつもどんな風に目覚めていますか? 

改めて意識してみてください。体のどこかに不調を感じていたりはしませんか?

 

 

  眠りの悩みを解決する、希少な寝具「ロイヤルシープトン」

 

さて、眠りの専門店「わたしん」では、朝気持ち良く起きられることが少ない方にぜひ知っていただきたい、天然素材の極上寝具を取り扱っているんです。

 

その寝具は、天然繊維ならではといえるふかふかの優しい風合いと弾力性があります。

その毛並みの良さから冬の寝具としておなじみなのですが、実は年間を通してお使いいただける、その名も最高級寝具「ロイヤルシープトン(ムートン)」です。

 

 

寒さの厳しいシーズンにコートやブーツの素材として人気のあるムートンですが、寝具としても使われていることを「知らなかった」という方も多いかもしれません。

 

なぜかというと、このロイヤルシープトンシーツに使われている羊の毛はとても希少なため、生産量が少なく、販売店も限られているからです。

 

寝具専門店でのお取り扱いが中心のこのムートン。

今回は、この「ロイヤルシープトン(ムートン)」の特徴をご紹介します。

ロイヤルシープトンは、ムートンの中でも最高品質のもののことをいいます。

 

特徴1:《寝具の上に敷くだけ》

今お使いのマットレスや敷ふとんの上に敷くだけなので使い方は簡単です。いつもの睡眠環境が一気に快適な寝心地になります。

 

特徴2:《冬は温か、夏はサラッと。だから一年中使えます》

ウロコ状の表皮を持つ毛が湿度調整をしてくれるので、夏場でもベトつき感はほとんどありません。

 

特徴3:《汚れにくい》

ウールの繊維の表皮はウロコ状の[スケール]で覆われています。スケールは水をはじく性質があり、汚れにくく、清潔に保つことができます。

 

特徴4:《メンテナンスも簡単》

毛の間に入ったホコリは掃除機で吸い取ります。表面の汚れは絞ったタオルで拭き、定期的に毛皮ブラシで寝た毛を起こすようにブラッシングしていただくことをおすすめします。

 

 

  どうする? 長い目で見たムートンのお手入れ

 

さて、毎日の眠りを快適にしてくれるムートンシーツ。日頃のお手入れは意外と簡単なのが特徴でしたね。

 

より長くお使いいただくためには、毎日のお手入れの他に、1年に一度、もしくは2、3年に一度の専門クリーニング方法によるお手入れをおすすめします。

 

当店「わたしん」でムートンシーツをご購入いただいたお客様には、そのお手入れについて、このようなリーフレットでご案内しています。

 

 

家庭ではできない、強力パワーの「除菌」や「毛おこし」のブラッシング、そして「ムートン専用のクリーニング」が充実しています。

 

 *病院の手術室の消毒にも使われている除菌・消臭機器「Do Clean(ドゥ クリーン)」について、前回のブログ記事「気になる寝具のお手入れ《スプレータイプの除菌》だけで大丈夫?」はこちら

 

 

頻繁に行うわけではないので、ついタイミングを忘れがちなのですが、「わたしん」ではメンテナンスは必要な時期にご連絡を差し上げるサービスも行っているのでご安心ください。

本当に良い素材のムートンほど、こちらのようなメンテナンスメニューを併用しながら大切にお使いいただくことで、10年以上良い状態でお使いいただくことができますよ。

 

「ロイヤルシープトン」を実際に見てみたい、触って確かめてみたいという方は、お気軽に「わたしん」各店にお問い合わせください。

お近くの「わたしん」はこちら

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年9月16日

夏バテ予防!元気に過ごすための「衣・食・寝具」とは?

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

暑さのせいで、いつもより食欲が落ちていませんか?

夏バテ予防にはしっかりと食べないと!と意識してはいますが、正直私は食欲が落ちているこの頃です。。

 

食事の支度をするにしても、キッチンでガスコンロの前に立つのもしんどいですよね。

私だけでなく、料理せずに出来合いのお惣菜で済ませたり、外食を利用する日が増えている方も多いかもしれませんね。

 

そして、暑いとついつい手が伸びてしまうのがアイスや冷たい麺類ですが、それらばかりを摂っていると胃腸が弱って体力が落ちてしまうので注意が必要です。

 

食欲のないときにこそ、栄養価の高い食材をしっかりととりたいもので、そんなときオススメなのが“旬の夏野菜”です。

 

 

キュウリ、トマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャ……

食欲が落ちるこの季節、赤や黄色、緑色のビタミンカラーの夏野菜は食欲を刺激し、含まれている栄養素とその効能は、夏にぴったりだそうです。

 

夏野菜を使ったカレーや炒め物、グリル焼きなどは、夏バテぎみのカラダを元気にしてくれる夏のお助けメニュー。

献立選びに迷ったら、夏バテ解消のためにもぜひ、夏野菜を使った温かいお料理にもトライしてみたいですね。

 

 

  涼しいパジャマをお探しなら

 

さて、夏に摂りたい食べ物に続いて、最近当店にもお問い合わせの多い「夏用のパジャマ」についてお話しさせてください。

 

暑い季節には、その生地の素材だけでなく、涼しく過ごせるようなデザイン(形状)を選ぶことが大切。

夏に最適なパジャマ選びのポイントは、保温性が重要な冬と逆で、「熱を溜めこまない通気性の良さ」を重視することです。

 

例えば

●半袖&短い丈のパンツは、寝苦しい夏の夜も心地良く過ごせます。

●袖口や衿ぐりのあきは大きくゆったりしたデザインであるほど風通しが良く、体の熱を逃しやすくなります。

 

そして、素材はやはり「麻(リネン)」がおすすめです。

 

麻は繊維の中でも汗の吸収・発散性に優れていて、肌に触れた時にひんやりとした感触があるため、寝汗をたっぷりかく人や暑がりの人におすすめの素材です。

 

「わたしん」では、暑い夏の夜に快適に過ごせる、夏のパジャマを多数ご用意しています。年々デザインの幅は広がっているので、なかなかお気に入りのパジャマが見つからないという方もぜひ探してみてくださいね。

お近くの「わたしん」店舗はこちらをご確認ください。

 

 

  真夏でもサラっした肌触りで快適な「真綿(まわた)ふとん」

 

「半袖や短パンのパジャマで腕や脚を出していたら、寝ている間に冷房で冷えてしまうのではないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、何も掛けずに、もしくは掛けていたものを夜中にはいでしまった場合は冷房を直接浴びてしまうので、体が冷えてしまうこともあるでしょう。

 

暑くて起きてしまう、逆に冷えすぎて起きてしまう……

これを繰り返していたらぐっすり眠ることはできないですよね。睡眠不足で体調を崩してしまいます。

 

そこで今回ご紹介したいのが、夏にも最適な「真綿(まわた)の掛けふとん」です。

 

こちらはシルク(絹)製の掛け布団で、素肌の腕や脚に触れる絹独特のさらりとした感触がとても心地よいふとんです。

なめらかな肌触りを感じながら、夏でも気持ち良く眠りにつくことができますよ。

 

 

絹は着物やドレスにも使われる高級な素材として有名ですが、この真綿ふとんは貴重な絹をさらに多くの手間ひまをかけて作られているふとんなのです。

 

絹糸を作るためにはまず蚕(かいこ)を育て、その繭(まゆ)から糸をとります。

 

 

そのまま絹糸として使用できるような糸を贅沢に引き出して綿状にし、いくつもの工程によって精製からふとんの形状にするまで、気の遠くなるような職人さんの技が続きます。

 

なかでも「手挽き」といって、二人の職人さんが真綿(まわた)をゆっくりとひっぱりながら伸ばしては重ね、伸ばしては重ね、を約650回繰り返してふとんの層を作っていく作業があり、これによって人が掛けた時の心地良さが作り出されています。

 

とても手間ひまがかかるため、1日に生産できる枚数も2枚と限られているのです。

 

 

  真綿ふとんをご使用になったお客さまの声

 

「夜中に何度も目が覚める」、「寝つきが悪い」という悩みをもっていた、茨城県神栖市にお住いの65歳の女性のお客さまがいらっしゃいました。

 

睡眠環境やお悩みを詳しく伺い、店頭にて「近江真綿ふとん」をおすすめし、実際に触って、掛けてみていただきましたが、結果的にご購入されました。

 

ご使用後のアンケートでは

「暑さの続くなか、布団をかけても暑苦しくなくサラッとして肌触りがよく、買ってよかったです」という感想をいただきました。

 

古くから伝わる伝統技法で作られており、日本の四季にうまく対応しているといえる、夏にも快適な真綿ふとん。

お客さまの眠りのお悩みの解決になり、本当に良かったです。

 

まだ真綿ふとんのシルクの肌触り、掛け心地をお試しになったことがない方は、ぜひ店頭にて体験してみてくださいね。

 

「わたしん」では、夏の快眠ふとんはもちろん、カラダの不調を改善する寝具のご提案をいたします。

ぜひ、お近くの「わたしん」スタッフにお気軽にご相談ください。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年8月6日

パシーマが一番リピートされる人気の商品です

みなさま、こんにちは。わたしんです。

 

今回は、タイトルにも書きました通り、
わたしんの店内にある、寝具アイテム 数百点の中でも

ランクでリピーターが多い商品についてご紹介したいと思います。

 

 

 

それは、「パシーマ」という品です。

 

自然のもめんを医療用純度に高めた脱脂綿と
ガーゼでつくられたとってもやさしい寝具アイテムです。

 

その触った感覚でいうと、
とっても軽くで、そして薄くて柔らかい印象です。

 

天然素材なので、小さいお子さん(特に赤ちゃん)を
お母さんにとっては、「赤ちゃんがなめても大丈夫なほど、
人に優しい素材」ですから、すごく安心です。

 

 

 

 

 

保湿性、保温性、通気性に大変すぐれているため、
梅雨の時期から夏場には大変重宝されています。

実は、接触冷感素材を使った、寝具アイテムが
梅雨の時期から夏場にかけて紹介されていきます。

 

 

一番人気は、「パシーマ」キルトケットと

 

「パシーマ」パットシーツです。

 

 

もちろん、この機能性を重視した素材は
人のひんやりという印象や感覚を与えてくれますので
とっても人気です。

 

 

 

私たち、ねむりのプロが実際に使っているのは
こちらの「パシーマ」のように天然素材を好んで用いています。

 

 

なせ、

お母様にとっては、軽くて速乾性もあるため、こまめに丸洗いして
洗濯も楽なことも人気の秘密かもしれません。

 

 

人気のリピーター商品ですので、お客様からたくさんの使ってみてのお声もいただきます。

「パシーマを一度使うと、心地よくて夏場なんか離せなくなります」

 

とか

 

「小さいこども用に使っているので、赤ちゃんの肌にやさしいので安心です」

 

とか

 

「最初は子供用で使ってみて、自分も気になって使い始めたら、蒸し暑い夏の夜でも心地よく眠りにつくことができるんです」

 

など嬉しいお声をいただいております。

 

 

 

洗っても洗っても、使えば使うほど、ふくらむ中綿。
吸水力と乾燥力はすごい!!

 

 

 

こちらの「パシーマ」は、使うごとに、洗濯するほどに中綿がふくれて
独特のしわが出てきます。
使うほどに、ふわふわでやわらかい風合いとなって心地よい質感に変化します。

これって、嬉しいですよね?

 

 

梅雨時期から夏場でより効力を発揮します(^▽^)/

 

汗を吸い取ってくれる吸水性と乾燥力もあるため、
肌にやさしく、さらに医療用純度に高めた天然素材です。

 

そして
わたしんの数百アイテムの中でもトップクラスの
リピート商品であることはうなづけると思います。

(夏場により力を発揮しますが、秋や冬場にでもポカポカあたたかく一年中お使いになれる品です)

 

 

 

洗濯はどうすればいいの?

 

洗濯は週に一度を目安に行なってください。
柔軟剤を使わずにお願いします。
するとより長持ちします。

こちらの写真をご覧いただくと、「パシーマ」を洗濯したあとの
このふっくら感がみておわかりになると思います。

 

 

洗濯後に空気を含んでこんなにもふっくらになるんです。

 

 

また、
寝ている間に出る、汗もどんどん吸収してくれます。
左側が普通のタオルに水分をたらしたあとの状態です。

 

 

 

 

吸水までに時間がかかります。よくポリエステルの素材のタオルなどで
こういう状態になったことを見たことがあると思います。

 

一方、「パシーマ」は、
瞬間的に水分を吸収します。

 

 

寝苦しい夏の夜、汗をかいてもすぐ吸収してくれ、なおかつ
速乾性にすぐれているとなれば、心地よく、ゆっくりと快適な眠りを
お届けすることが可能になることがおわかりになると思います。

 

 

パシーマの店はただいま注文が集中しており出荷対応ができない状態になっております。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。
お客様へのお届けは1ヵ月ほどお時間がかかります。申し訳ございませんが了承くださいませ。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

 

PCの方は「@watashin」でLINE内で友達検索してみてください。

 

友だち追加

  • 掲載日:2018年6月29日

夏休みのドライブにおすすめのグッズと、夏の寝具の選び方

6月も最終週となりました。

夏のように気温が高くて日差しの強い日もあって、そんな日はそろそろ夏休みの予定が気になります。

 

家族旅行など、もうすでに計画が決まっている方も、これから予定を立てる方も、夏にしかできない過ごし方を楽しみにされているのではないでしょうか。

 

 

  ドライブやスポーツ観戦におすすめのグッズ

 

梅雨の晴れ間の休日やこれからの季節は、きれいな景色が続くコースを走らせるドライブに出かけるにはぴったりです。

 

千葉は海に面しているため、九十九里や南房総など、海辺のドライブコースも多いです。

また、海岸コース以外にも自然を満喫できるスポットや大規模なショッピングモールもあり、お子さん連れのファミリーから大人だけのグループまで、楽しめるお出かけには困りません。

 

しかし、長時間同じ姿勢で車のシートに腰かけているのも辛いもの。お尻や腰が痛くなってしまいますよね。

 

出かけたいけれど、体が疲れることが気になってしまう……

そんなとき、おすすめなのが「エアーポータブルクッション」です。

 

 

「エアーポータブルクッション」は、寝具マットレス「エアー」のシリーズ商品で、マットレス同様、点で支える発想の高機能ウレタンによって体圧を分散し、長く座っていても疲れにくいのが特徴です。

 

さらに、お出かけの際に持ち歩くときにクッションを収納できるトートバッグ付きなので、便利にご使用いただけます。

 

ドライブだけでなく、お子さんやお孫さんが活躍するスポーツ試合の応援や学校行事などでシートを敷いた地面や簡易椅子に座らなくてはならないときにも持っていると重宝します。

 

座り疲れを解消する便利グッズ「エアーポータブルクッション」のお求めは、お近くの「わたしん」で。

「わたしん」店舗はこちら

 

 

  夏用の寝具選びのコツとは?

 

もうじきやってくるのが、とにかく暑くて寝苦しい熱帯夜です。

 

熱帯夜の季節には、少しでも快適に眠るために、室内のクーラーの使い方を調整したりする工夫がテレビでもよく取り上げられます。

 

では、夏の寝具はどのように選んだら良いでしょうか?

 

夏は半袖のパジャマやTシャツ、短パンで眠ることが多いので、腕や脚など、冬よりも寝具に直接肌が触れる面積が多くなるため、寝具選びという視点からみると、寝具の素材の「質感」にもこだわることがポイントです。

 

まず、夏におすすめの寝具素材の代表ともいえる、吸湿性に優れた綿100%の[パイル]や[ガーゼ]。洗いたての柔らかいタオルやガーゼに触れると、とても気持ち良いので、お気に入りの寝具素材という方も多いのではないでしょうか。

たくさん汗をかく夏場の掛ふとんや枕にぴったりの素材です。

 

また、敷きパッドやシーツには、さらりとした涼しげな風合いが心地良い[リネン]素材を選んでみてはいかがでしょう。汗をよく吸い、放湿性も高いのでさらっとした肌触りが快適です。

 

そして、カバーリングの色選びも大切です。

赤などの暖色系よりも、青やグリーンの寒色系やナチュラルな雰囲気のベージュなど、見た目にも涼やかなイメージの色を選ぶことをおすすめします。

 

夏用の寝具は、こまめな洗濯が必要です。

汗や湿気によってカビやニオイが発生しないように、購入時にご自宅で洗濯ができる素材かどうかを必ず確かめてくださいね。

 

 

  快適に眠れる「タオルケット」の選び方

 

真夏に使用する寝具といえば、やはり「タオルケット」という方が多いのではないでしょうか。

丸洗いができて取扱いが簡単なタオルケットは、夏に欠かせない寝具です。

 

クーラーを付けて寝る場合も、タオルケットを一枚かけておくことで体の冷えすぎを防ぐことができます。

 

タオルケットを選ぶときにチェックしたいポイントは、「吸湿性が高いこと」、「放湿性があること」、「肌触りが良いこと」、「家庭で洗濯できること」などがあります。

素材にも数種類あるので、その特性を知り、あとは肌触りなどのお好みが選ぶ基準になります。

 

綿(コットン)素材

やさしい肌触りと適度な保温性があるのが特徴。

 

麻(リネン)素材

吸湿性、放湿性に優れ、汗をかいてもべたつかない独特のシャリ感が夏向き。

 

綿(コットン)と麻(リネン)の混紡

100%よりも肌触りが柔らかく、さらっとした肌触り。

 

綿(コットン)とレーヨン(またはポリエステル)の混紡

綿100%より軽く、ソフトな感触。綿100%よりも乾きが早い。

 

冷感タイプの特殊繊維

触れたとき「ひんやり感」を感じる素材。吸水性が高く、夏用寝具として人気が高まっている素材。

 

ご家庭の環境やお好みに合ったものを選んで、熱帯夜でも快適に眠れるように今から準備できると良いですね。

 

「わたしん」では、各種タオルケットを取り揃えております。

お近くの店舗はこちら

  • 掲載日:2018年6月27日