わたしん 眠りBlog

ふとんの天日干しのコツとは?

冬の時期、室温の低下によって

ふとんがひんやり冷たいことがあります。

いくら保温性の高い掛けふとんをかけても

寒くてすぐには寝付くことができません。

 

寒い日は、入った瞬間からポカポカの

あたたかいふとんで眠りたいものです。

 

最近では

高機能なふとんクリーナーやふとん乾燥機など

住宅事情やライフスタイルに合わせた

便利な家電が年々登場し、進化しています。

 

その影響もあり

ふとんの天日干しをしなくなったご家庭も多いと思いますが、

「天日干し」にはうれしいメリットがあります。

 

就寝中に人はコップ1杯分の汗をかきますが、

天日干しによってその汗が蒸発して、ふとんがふっくら軽くなり、

さらに紫外線が菌の繁殖を抑えてくれます。

 

お天気の良い日に外に干したおふとんは

ほんわかとあたたかく、お日さまのにおい。

家電では再現できない気持ちよさがあります。

外に干して部屋に取り込んだおふとんに

飛び込むことが大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

 

ふとんの天日干しのポイントは

紫外線の多い時間帯で2~3時間干すのが良いとされています。

冬場ならば、午前11時~午後2時くらいの間が理想的です。

 

また、紫外線によってふとんの生地が劣化するのを防ぐため、

ふとんカバーはつけた状態で干しましょう。

 

そして1時間くらいずつで裏返し、両面を充分に日光に当てることが

殺菌効果やダニの除去に効果的です。

 

 

しかし、花粉が多く舞う時期やPM2.5の濃度が高い日、

また交通量の多い幹線道路沿いにお住まいの場合は、

屋外で天日干しをすると

空気中の有害物質がふとんに付着してしまいます。

 

かさばるふとんを運ぶことやベランダの物干し棹にかけることが

困難な場合もあるでしょう。

 

そんなときは無理に外に干さずに

窓際など日が当たる場所に室内で干す、

ふとんクリーナー、ふとん乾燥機などをご使用になることをおすすめします。

屋外と室内を上手に使い分けて

快適なお手入れをしていきたいですね。

 

もし、おふとんを干す時間がない方、
いつも忙しくて敷いたままの楽なふとんをお探しなら
ウレタン素材で、天日に干す必要のない、整圧敷きふとん?などもございます。

こちらは、体圧分散をしてくれる高機能敷ふとんですので

肩こりや腰痛の方には、大変喜ばれております。
実際にお使いになったお客様の喜びの声はこちら

 

「わたしん」では、ご家庭の環境に合わせたふとんのお手入れ方法や

お手入れグッズのご案内をしております。

 

寝具のお手入れで気になることがあったり

お質問などございましたら

お気軽にお近くの店舗のスタッフまで。

店舗情報はこちらをご覧ください→https://watashin.com/shop/

掲載日:2018年1月27日