わたしん 眠りBlog

入浴剤の「色の効果」を知って、快適な眠りを

古くから入浴文化が根付く日本には、現在

約1,000種類の入浴剤が市場に出回っているそうです。

 

スーパーでも雑貨店でも

さまざまなお風呂グッズ、とりわけ入浴剤は豊富なラインナップ。

カラフルでおしゃれなパッケージのものも多く

プレゼントの候補としてもよく登場するのではないでしょうか。

 

入浴剤を湯船に入れると、良い香りとともに

オレンジ、グリーン、イエロー、レッド系などの

鮮やかな色が広がります。

 

種類によってさまざまな色がありますが、

「バスクリン」の元社員で現在「睡眠改善インストラクター」の

石川康弘 氏の著書『お風呂の達人』(草思社 出版)によると、

それらの色は “カラーセラピー” に基づいて考えられているとのこと。

 

例えば、

気持ちを穏やかにするなら「グリーン」

冷静になりたい時は「ブルー」

元気になりたい時は「レッド」

他人と打ち解けたい時は「イエロー」など

色による癒しの効果が入浴剤に取り入れられているので、

そのときの体調や気分によって「色」で選んでも良いのです。

 

直感的に手に取った色が

そのとき必要としていることかもしれません。

 

心地良い眠りのためには、

お風呂で心と身体の疲れを癒すこともとっても大切なのです。

 

また、快適な眠りのために効果的な入浴方法は

以下のポイントを実践してみてください。

 

<快適な眠りのために最適な入浴のポイント>

・シャワーだけでなく、できるだけ湯船に入る

・温度38?40度のぬるめのお湯にゆっくりつかる

・眠る1?2時間前に入浴する

人は身体の深部体温が下がることで眠くなります。

入浴中に体温が上昇し、あがった後は30分ほど経過した頃に

徐々に体温が下がり始めるため、そのタイミングを計算し、

眠りにつきたい時間の1時間前や2時間前に浴室に向かいましょう。

 

 

忙しくてもできるだけゆっくり湯船につかる時間を作って

毎日を健康的に過ごしたいですね。

 

快適な眠りのために、

その日の気分に合った入浴剤を選び、きれいな色や良い香りに癒される、

そんな入浴タイムをもっと楽しみませんか?

 

 

快適な眠りについてのご相談は「わたしん」へ

「わたしん」各店はこちら→https://watashin.com/shop/

掲載日:2018年1月25日