わたしん 眠りBlog

柔らかい体になるには?と寝具の責任

その昔、一部の人たちの間で「お酢を飲むと身体が柔らかくなる」と
いう話がささやかれていたとか、いないとか。

実は、ワタシも、この話を聞いた記憶があります。
そう、ワタシも一部の人たちの一員といえますね。

 

まだピュアな小学生だったワタシ……、
子供心にも「そんなことあるわけないよ」と思いながらも、
子供なのに身体が硬かったこともあって、
台所のどこにお酢があったかな、少し飲んでみようかな……、
怒られるかもしれないな、なんてことを考えてしまいました。

 

医学的なデータを調べてみると、
やはり迷信という結論のようです。

 

でも、それじゃあ面白くも何ともないし、
少し深く突っ込んでみようかな、というので調べてみました。
すると、この迷信、100%間違いか?といえば、
ほんのちょっぴりですが、なるほど~と思える点があるんです。
それは、お酢に含まれるクエン酸。

 

 

レモンとかにも含まれる、すっぱいものですwww

 

「クエン酸」? 「あ~、面倒くさい内容になってきた!
そんな化学の授業みたいな話はいいよ」なんて言われそうですが、
最後まで、お願いします、ぜひ読んでください。

 

 

で、お酢に入っているクエン酸ですが、
疲労したときに身体にたまる乳酸を分解する
働きがあるんですよ、ホント。

 

ほとんどの方がご存じだと思いますが……。
それで、そこから導きだされるのは、
身体を動かすことが好きな人、スポーツ大好きな
人にとっては、クエン酸を含むお酢は疲労回復に
適しているということ。知ってますよね……?

ここからが、ちょっと「風が吹けば桶屋が儲かる」
(この意味は説明が長くなりますので、詳細は割愛します。
目に見えない人とか、猫とかネズミが出てきて、最終的に
桶屋が儲かるという話です)的な話になります。

 

 

まず、身体をよく動かす人は運動嫌いな人に比べると、
身体の柔軟性があります、よね? でも、筋肉疲労が
蓄積しやすい(乳酸がたまりやすい)のは事実。

 

そこで「あ、乳酸を分解してくれるお酢があるじゃないの~」
ということになり、特に意識高い系の人であれば、
普段の食生活でお酢を多めにとろう、
という流れができるわけですね。

 

 

ほら、「お酢が身体を柔らかくする」という迷信にも、
「ちょっぴり、納得できる部分があるかも」
という気持ちになってきたでしょう?

 

 

 

同時に、寝具、特にベッドについても思うところがあります。
寝具のブログを書いている人間が、こんなこと書いちゃ
いけないかもしれないけれど、睡眠の責任をベッドにだけ
押し付けている、ベッドに過剰に期待しすぎている人が
多すぎるんじゃないか? ということ。

 

例えば、朝、起きがけに身体の節々が痛かったり、
コリがひどくて一日中体調が良くないなんて人は多いですよね。
そんなとき、「このベッド、ダメだな~」とか
「買い替えようかな~」なんて、なんでもかんでも
ベッドの責任にする……。これって、ちょっと違うかも。

 

ワタシには、ベッドさんの嘆きの声も聞こえてきます。
「私を使う人のために、気持ち良く眠ってほしいと
思ってがんばっているけれど、できれば、少しは運動したり、
身体を動かすように努力して、柔らかカラダづくりをしてほしいな……。

 

そうすれば、同じベッドに寝ても、身体のコリも、
今よりは軽くなると思うんだけど」。
かつ毎日使う寝具アイテムは品質よく、いいものをご利用いただければ
なお、よし!なんです笑

ワタシも、このベッドさんの意見に少し賛成です。さぁ、運動しに行こう~!

快適な ベッドや寝具アイテムを探しているなら、、、、
眠りの専門店 わたしんへご相談ください。

掲載日:2019年8月13日