わたしん 眠りBlog

あったか~毛布 の巻

アタシ、ネコのキティ。
今年の春から、アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年21歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

前回 https://watashin.com/blog/191205/

長年の懸案事項であった
パジャマ問題の解決に一筋の光明が
見えたことは大変に喜ばしいことである。……、

 

え? 冗談です!

 

ちょっと偉そうな書き方してみただけ、
ごめんなさいニャ。で、今回も、寒がり
ニャンゲンのための寝具について。

 

またコースケが叫んでいるニャ。
「なんか寒いな~、毛布、もっと厚いのあったよね~、
毛布じゃなければ布団でもいいけど。

 

だけど、布団だと、ちょっと暑いかな。
暑すぎて汗かいて、風邪ひいちゃうかもしれないし、
あ~、どうしよう~、どうしよう~」

 

まったく、コースケって「決められない男」だニャ、
ホントに情けない。だけど、コースケ、結局、
まだ冬の始まりなのに、真冬用、最終兵器の
羽毛布団を出してきた。でも、出してきたのはいいけどニャ、
この前なんか、下半身は裏起毛のスエット、
上半身はモコモコのフリースのまま布団に潜り込んでた。

 

「それって暑くね?」って思いながら見ていたら、
しばらくして布団から脚が出てきて、その後すぐに、
毛布と布団がはねのけられた。次の日、コースケ、
「くそー、鼻グズだ~、風邪薬、もうなかったっけ? 」

 

なんてことに。
だから、前回、ちゃんとパジャママンになれって言ってあげたのに……。

 

 

でも、こんなニャンゲン、コースケだけじゃないと思うニャ。
夜、寝具の温度管理、難しいみたいだから。

 

 

で、またまた研究心がムクムクしてきたアタシ、
ものの本をひも解いてみると、……発見!
毛布や布団の温度調節にはコツがあるらしい。

 

 

その内容を披露すると、羽毛布団と毛布は、
身体にかける順番が大切なんだって!

 

まず、羽毛布団は体温を吸収して温まってくるので、
最初に羽毛布団を体に直接かけること。

 

それと羽毛布団は蒸発した汗を逃がしてくれるので、
その働きを邪魔しないように、カバーも通気性の
いいコットンがおすすめみたい。

 

あと、毛布は、薄いもののほうがいいらしいニャ。
なぜかっていうとね、羽毛布団がたくわえた
「温かさ」を逃がさないように、そして羽毛が
つぶれないように羽毛布団の上にふんわりとかけるためだって。
ニャ~るほどね、ネコのアタシでも納得できるニャ。

 

そういえば、アタシの毛はすごくふわふわしていて、
間に空気がいっぱいだから体温が逃げない、だから寒さにも強いんだニャ。

 

 

だけど、コースケ、自分でも、寝るときに暑すぎると
汗かいて、風邪をひく……ってわかってるのに、
いつも、そのまま風邪薬のお世話になるなんて、
アタシとしちゃ、どうしようもないニャ。

 

 

夜、寝くずれて、風邪ひきそうなコースケの様子を見たら、
今度からアタシが乗っかっていって、
温めてやろうかな……。こんなアタシのネコ心、
コースケ、わかってるのかな……。しかし、アタシって、
何てやさしい、そしてかわいいネコなんだろう、
自分でも感心しちゃうニャ、ニャ?

 

 

 

掲載日:2019年12月20日