わたしん 眠りBlog

その不眠、「夜間低血糖」が原因かもしれません〜眠りの質が落ちたと感じる方へ〜

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5
店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。


わたしん店舗一覧はこちら

 

就寝中、尿意はないのによく目が覚めてしまう、ということはありませんか?

 

もしかしたらそれは、夜間に起こる低血糖が原因かもしれません。

 

通常、低血糖は自覚症状が伴うため、血糖値が下がっていることを感知した時点でブドウ糖などを摂取することで対処できますが、睡眠中の低血糖は自覚症状があらわれにくく、ブドウ糖の摂取や栄養を補う補食が遅れて重症化する場合があります。夜間低血糖を防ぐには、早めの対策と普段からの予防意識が重要となります。

 

 

糖尿病ではなくても注意が必要な血糖値の急降下

低血糖というと糖尿病の人に起こる現象というイメージがありますが、夜間低血糖は糖尿病ではない健康な人にも起こります。睡眠中に血糖値が急激に下がると、それを回復するために興奮系のホルモンが一気に分泌され、交感神経が優位になる現象が起こります。アドレナリンやコルチゾールなどの興奮ホルモンが急激に分泌された結果、寝汗や歯ぎしり、悪夢などに見舞われることになります。

 

血糖値の数値ではなく、急激に変動することが問題だといい、夜間低血糖を起こした場合は熟睡感がなく、翌朝の肩や首のこりがひどくなるという実験結果が出ています。睡眠障害だけでなく、パニック障害やうつ病、体調不良なども、血糖値の乱高下が引き金になっていることが多いようです。

 

低血糖はなぜ起こる?

食事をすると血糖値が上がりますが、ご飯を食べることですい臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を適切な範囲まで下げてくれます。

 

1日の食事を規則正しく適量とっていれば、分泌されるインスリンの量も適切になり、血糖値が下がりすぎることはありません。しかし食事時間が不規則になり、夜遅い時間に晩ごはんを食べるなど、空腹感が強まると、ついドカ食いをしてしまうことがあります。そんな時は血糖値が急上昇し、それを下げようとインスリンが過剰に分泌されます。その結果、必要以上に血糖値が下がり、低血糖状態になってしまうと考えられています。

 

夜飲むお酒と血糖値のカンケイ

炭水化物を摂取すると、肝臓が糖に分解して血液に流し込み、血糖値が上がる仕組みです。お酒を飲むと肝臓はアルコールの分解を優先するため、食事の分解は後回しにされ、その結果、なかなか血糖値が上がりません。お酒を飲んだ後にお腹が空いて、シメが食べたくなるのはこのためと考えられています。

 

お酒を飲みながら食べた食事が消えてなくなるわけではないので、アルコールの分解が終わると炭水化物の分解が行われ、今度は血糖値が上がっていきます。夜の飲酒は血糖値の乱高下を引き起こしやすい習慣といえます。

 

寝る前のドカ食いや飲酒を控えて夜間低血糖を予防

健康な人が低血糖を起こすのは、大量の炭水化物を一気に摂取することでインスリンが過剰に分泌されたときです。とくに夜間の低血糖を防ぎ、睡眠の質を上げるためには、晩ごはんの時間を早めたり、炭水化物や脂質の量を控えたりすると効果的です。

 

低血糖予防のためにおすすめなのが間食で、晩ごはんが遅くなりそうな日は、おにぎりなどの軽い間食をとり、極端な空腹感を避けます。そうすることで血糖値の急上昇と、その反動として引き起こされる低血糖を防ぐことが期待できます。

 

 

認知症の予防やダイエットにも

夜遅くに食べすぎないことや良質な睡眠は、ダイエットに良いことはもちろん、心筋梗塞や認知症の予防にもつながるといわれています。夜間低血糖など、気づかないうちに血糖値の乱高下を起こすことは、心身の機能によくない影響を及ぼすことがわかっています。夜間の血糖値を安定させ、快眠を得られる生活習慣をお勧めします。

 

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2022年4月8日

人気記事
ストレスに効く睡眠のチカラ

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

良質な睡眠で良い夢を見たい!

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more