わたしん 眠りBlog

これからオーダーメイド枕を作る方へ、必ず伝えたい情報2つ

こんにちは! 

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

夏真っ盛りですね。

千葉県、茨城県の花火大会も今週からお盆にかけてピークですね。

浴衣姿の女性やお子さんの姿もちらほらと見かけます。

 

とは言っても、

今年は暑さによる健康への影響が本当に心配です。

外出をためらい、なかなか例年通りの夏を過ごせていない方も多いかもしれません。

 

体調に自信がないときなどは特に、無理は禁物ですのでお気をつけください。

 

そして、たとえ長時間ではなくても、ちょっと用事で屋外に出た場合、30度を超える日はそうでない日よりも見えない部分で体力を消耗しています。

 

だから、夜はぐっすり眠って体を休めないといけません。この夏、ぐっすり眠れていますか? 

 

 

  「オーダー枕」を購入された男性のお客さまの声

 

今回は、お客さまからいただいたお声を紹介します。

 

当店のウェブサイトをご覧になって来店された、25歳の男性のお客さまです。

「肩こり」や「いびき」に悩んでいたということで、「オーダー枕」をお求めになられました。

 

 

寝具は実際に使用する体験なしには購入しにくいものの一つです。

オーダーメイドで枕をお作りする過程で、実際に横になって確認しながら、じっくりと確かめていただきました。

 

その後のアンケートでは

「寝つきが良くなり、肩こりが改善。いびきもかかなくなりました」とご回答いただきました。

 

ご自分の体に合わせて微調整しながら最適な枕を作ることができるのが、オーダーメイドの良いところです。使用していただいたことで、不調やいびきが改善されたんですね。

 

一人でも多くの方に、このオーダー枕がもたらしてくれる快適な眠りを体感していただきたいですね。

 

使用しての感想をお知らせくださってありがとうございました。

 

肩こりやいびきなど、眠りに関するお悩みは、どんな小さなことでも

「わたしん」各店に常駐している眠りの専門家「ピローアドバイザー」に、ぜひご相談くださいね!

 

 

  失敗しない「オーダーメイド枕」の作り方

 

お一人おひとりの体形にあわせた、寝心地の良い枕を作るオーダーメイド枕。

より快適に眠るための、〈枕を作るときのポイント〉をご案内いたします。

 

ご自宅で使用しているマットレス・敷布団の「硬さ・柔らかさ」をスタッフにお伝えください

 

例えば、ご家庭で低反発マットレスを使用していらっしゃる方が、高反発マットレスの上でオーダー枕のフィッティング・調整をすると、出来上がった枕を使用した時に違和感が生まれます。お店ではぴったりだったのに、いざ自宅で使ってみたら何か違う……そう感じるのは、敷布団との組み合わせが影響しているのです。

 

ご家庭で使用しているマットレスと似た感触のマットレスの上で枕のフィッティングを行った方が、体の沈み方が似ているので、違和感が出にくくなります。

 

フィッティングの際におすすめしない服装と髪型

 

・ダウンジャケットなどの厚めの上着

・フード付きの洋服

・髪の毛を後ろで束ねた髪型やおだんごにした髪型

 

オーダーメイド枕を作る際は、後頭部~後ろ首~背中を専用の機器で計測します。

 

そのため、髪の毛を後ろで束ねていらっしゃる場合は一度ほどいていただくことになります。ロングヘアの方はダウンスタイルか、ほどいても差し支えない状態でご来店されることをおすすめします。

 

そして、横になってのフィッティングでは眠るときの服装に近いほうが枕の正しい高さ調整ができます。

 

パジャマと同じくらいの厚さの生地の、ブラウス・シャツ・Tシャツ・カットソーが良いですね。

 

フード付きのトレーナーや、ボリュームのあるダウンジャケットなどを着用したままですと、正しいデータがとれません。
計測時はそれらの洋服は脱いでいただけるように、シャツなどのご準備をお願いいたします。

 

「わたしん」のオーダーメイド枕について詳しくはこちらもご覧ください。

 

 

  オーダー枕は、その後の「メンテナンス」が重要です

 

「わたしん」では、オーダーメイド枕をご購入いただた方のために「5年間定期メンテナンスパック」をご用意しています。

 

ご購入時にはお客さまにぴったりの高さ・お気に入りの柔らかさに調整してお渡ししますが、その後定期的な調整を行うことで、より快適な眠りをお約束する「わたしん」独自のサービスメニューです。

 

人の体型って、ずっと同じではないですよね?

時間の経過によって太ってきた、痩せた、もしくは、筋肉の質が変化した、とさまざまです。

ですので、体型の変化によって最適な枕の高さが変わることもあるので、プロの目による定期的なチェックをおすすめします。

 

 

それから、定期メンテナンスでは、ヘタリ具合のチェックを行います。毎日の睡眠で頭を支えてくれている枕ですので、詰め物がへたってくると、高さも変化してきます。これを放置してしまうとどんどん変化して合わない枕になってしまうので、適切に詰め物の素材を補充していきます。

 

 

さらに、半年に一度行うと安心で効果的な「除菌・消臭」もできますよ!

 

質の高い眠りのカギとなる枕。ぜひ快適な眠りを長く維持していただくために、これらのメンテナンスをしながらご使用くださいね。

 

「オーダーメイド枕の5年定期メンテナンスパック」について詳しくはこちら

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年7月31日

真夏にできる!快眠のために知っておきたい3つのポイント

こんにちは。 

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

連日猛暑の日々、夏バテなどしていないですか?

 

ちょっと外に出ただけでクラクラしてしまうような日差しと、気温の高さが本当に厳しい今年の夏ですね。

 

夜は日差しこそないですが、気温は下がらないので毎日エアコンに頼らないと眠れません。

 

体調管理のためにも睡眠をよくとって、しっかり栄養をとって、くれぐれもお気をつけください。今年は、もう異常ですもんね。

 

 

 

  夏の快眠のためには、エアコン掃除をお忘れなく!

 

よく眠れるように、寝室の環境作りを意識してみたことはありますか?

寝室の香り照明などを気にする人は多いですが、実は「音」もとても重要なんです。

 

私にとっては、とにかく真っ暗で音一つしないシーンとした室内環境が理想です。

夏はキャンプに行くこともあるのですが、あるキャンプ場で近くの川が流れる音が気になって一晩中眠れなかったことがあります。逆に、一緒に行った家族は全く気にならずぐっすりだったと言っていましたので、人それぞれみたいですね。

 

不快な「騒音」は外部要因なために解決が難しいもので、

市街地の場合はどうしても近くの道路から聞こえる自動車やバイクの音がうるさいと感じることもあります。

仕方がないことなのですが、自分でできることといったら

カーテンを二重にする、防音効果のあるカーテンを使ってみることだと思います。

 

それから、

ご近所から聞こえてくるペットの鳴き声や、テレビ・音楽など、特に共同住宅などで調整がうまくいかない場合はトラブルの原因にもなってしまいます。

 

まずは自分から、他の世帯に対して迷惑な騒音の原因がないか、ときどき振り返ってみて気をつけたいですね。

 

さて、

夏場に意外と気になるのが、夜中つけているエアコンの稼働音です。

冷房は冷えた風が送られてくるのですから、ある程度の機械音がするのは当然かもしれません。

 

メーカーや機種によっては、夜眠るときに静かになるように設定できるモードもあります。今までご使用になっていなかった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

そして、

気になるエアコンの音は「フィルターの汚れを落とすこと」で軽減することもできるようです。

お掃除はちょっと面倒ですが、ぜひこまめにお手入れをして、きれいな空気と静かな睡眠環境を保ちましょう

 

 

快適に眠るために、できることから「騒音」対策をして、夏バテしないように充分に眠りたいものですね。

 

 

  夏のふとん、消臭してますか?

 

寝具の奥に潜むほこり、ダニ、汚れ。そして、寝ている間にかく汗。

 

人間の体に密着して使うふとんには、どうしても目に見えない汚れが蓄積していきます。

 

その結果、ふとんから嫌なニオイがすることも……

 

カバーを洗濯してもそのニオイが取れない場合は、カバーの下のふとんそのものからニオイが発生していることになります。

そんな状態では気持ち良く眠れないですね。

 

市販の消臭スプレーでニオイを消しても、残念ながらそれは一時的な対策にしかなりません。

ニオイの元をしっかりと断つ必要があります。

 

「では、どうしたら良いの……?」

 

そう思った方、ご安心ください!

 

「わたしん」では、

病院や介護施設などでも採用されている除菌・消臭器「Do CLEAN」(要予約制)で、ふとんの殺菌・消臭を行うメンテナンスサービスを行っているんです。

 

こちらを使ったメンテナンスをすると、半年から1年間、ニオイの原因になる菌の予防が期待できます。

 

いつも寝具を清潔に、快適に保ちたいと思っているお客さまに、とっても好評のサービスです。

ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。詳しくはこちら

★驚きの「トマトの実験結果」も!

 

 

  夏は「羽毛リフォーム」におすすめのタイミングです

 

年末の大掃除を、夏休み中に済ませようという考え方があるようです。

 

気温が高い夏の方が、真冬よりも汚れがゆるんで落としやすいことからです。

確かに、キッチンの油汚れは寒い時期落としにくいですよね。

 

お掃除の作業で熱中症になることには気をつけないといけませんが、この逆転の発想、良いと思います。

夏のうちに済ませておけば、忙しい年末を少しでもゆとりを持って過ごせそうですね!

 

今の時期は暑くて暑くて厚手の羽毛ふとんは見たくない……と言われるかもしれませんが、

ご自宅の羽毛ふとんを、使っていない今の夏の時期にこそ冬に備えてメンテナンスしておきませんか?

 

秋口に肌寒くなってきて慌ててしようとする前のこの対策は、余裕ができるのでオススメですよ。

 

こちら↓のポイントに少しでも当てはまる場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

<そろそろリフォーム? チェックポイント>

ふとんがふくらまない

スカスカ片寄りがある

えり元の汗ジミが気になっている

羽毛が飛び出している

 

こんなお悩みがあったら、羽毛ふとんのリフォームのタイミングです。

 

「ちょっと気になるけれど、よくわからない」という場合は、まずその羽毛ふとんを「わたしん」店舗にお持ちください。

羽毛診断のプロがお客さまのふとんを無料で点検いたします。

 

ヒアリングから、ライフスタイルにあった最適な方法をご提案していますので、ご要望やご使用状況を詳しくお聞かせくださいね。

 

冬の眠りをもっと快適にするために、羽毛ふとんのメンテナンスは夏の間に済ませておきませんか? まさに、今ですよ!

 

 

羽毛ふとんのリフォーム、お手入れについて詳しくはこちらもご覧くださいね。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」でLINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年7月24日

腰痛で悩んでいた女性のお客様 その解決方法とは?

こんにちは。 

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

暑くなってきましたが、体調など崩していませんか?

暑いうえにジメジメと湿度が高く、さらに気温差がある

今の時期はどうしても疲れもたまりやすいです。

 

熟睡できないことで、大人だけでなくお子さんも睡眠不足になることもあるので、注意したいですね。

 

今月は夏休みも始まるので、家族そろって元気に夏を迎えたいですねー。

 

 

さて、

店舗に来店されるお客さまのお悩みのなかでも、多いのが「腰痛」です。

これは年齢を問わず、多い悩みの一つです。

 

 

ずっと腰の痛みに悩まされている方、

ときどき痛みが出る方とさまざまですが、

「忙しい毎日のために特に解決のために何かするわけでもなく日々が過ぎてしまって……

という方も多いみたいです。

 

 

「なんとか解決して差し上げたい!」

 

寝具を取り扱う当店のスタッフは、一同、日々そう思っております。

 

腰痛のような体の不調のお悩みの解決の一つになる、

当店がお役に立てるおすすめの解決方法。

 

それは

寝具選びをしっかり・じっくり検討されてみることです。

 

 

  腰痛の方のための「布団選び」のポイント

 

 

「朝起きると腰が痛い」

「曲げると腰が痛む」

 

ちょっとした動作でも痛みを感じ、日常生活が快適ではなくなる腰痛は本当に辛いものです。

 

「でも、年齢のせいだからしょうがないでしょ……

と諦めず、今お使いの寝具を見直してみることが、その解決の一つになるかもしれません。

 

 

腰痛軽減のための寝具選びでは、まず「自然な寝姿勢を保つこと」が第一条件となります。

 

つまり、

立っているときの姿勢を横になったときも保っている状態です。

 

腰痛がある方は、やわらかいベッドで寝ている方や
古いベッドでスプリングのバネがへっているタイプを使っている場合など
様々な要因があるんです。

 

 

 

自然な寝姿勢を保つためには、「体圧を分散」することが重要になります。

 

 

体型や体重は個人によって差があり、骨格も、
筋肉のつき方も、脂肪のつき方も、十人十色。

 

そんなさまざまな身体の体圧を分散させる機能が敷きふとんにあることが
大切です。

 

そして、

体の一部分、特に腰の部分だけが形状的にも重量的にも沈みがちですが、そうならずに背骨をまっすぐに支えてくれること。

つまり、「体圧分散機能」に優れた敷ふとん・マットレスがおすすめなのです。

 

腰痛の原因の一つとして考えられるのが、寝姿勢が理想とかけ離れているために起こる、寝返りが打ちづらい環境だったりするのです。

  

 

  腰痛の方におすすめなのは「整圧マットレス」

 

実際に「整圧マットレス」をお求めになったお客様から
使ってみてのお声をいただいていますのでちょっとご紹介します。

今年3月に「整圧マットレス」を購入してくださった、茨城県神栖市にお住まいの60代の女性は、腰痛にお悩みでした。

 

購入後のアンケートでは

「寝心地最高です。翌朝、前日の疲れがとれていてうれしい」という喜びの声をいただきました。

 

実際に使用していただいて、このようなご感想をいただけることは、本当に励みになります。

 

眠って起きて、翌日には疲れがとれている。

当たり前のようでいて、なかなかそのような睡眠がとれいてない方も多いと思います。

 

もし、同じお悩みをお持ちの場合は、

「今の寝具を何年使用しているか?」というところからチェックしてみてください。

 

最初は快適に眠れていた寝具でも、毎日使用するものなので、どうしても寿命があります。

 

健康に、元気に過ごすためにも、ご自身と、ご家族の寝具の点検と、しっかり疲れがとれているか、体調の不調はないかを、確認してみてくださいね。

 

今回のアンケートでご回答いただいた、仰向け・横向きともに体への圧迫が少ないのが特徴の「整圧ふとん」について詳しくはこちら

 

 

「わたしん」では、マットレスや敷きふとんのお試しコーナーもございます。

 

おすすめの「快眠」マットレスを、実際に寝比べていただき、ご自身に合ったものをお選びいただけます。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」でLINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年7月10日