わたしん 眠りBlog

「美肌は夜作られる」ってホント?──質の良い睡眠がお肌の修復を助けます

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5
店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。


わたしん店舗一覧はこちら

 

さて、本日は

「美肌は夜作られる」ってホント?

について書きたいと思います。

夜美肌がつくられる

 

夜更かしはお肌に良くない、という話をお聞きになったことがある方は多いと思います。夜の10時ごろから夜中2時ごろまでの睡眠が、美肌を作るためのコアタイムだとして、お肌のために早寝早起きを心がけている、という女性もたくさんいるとのことですが、はたしてそれは本当なのでしょうか。

 

 

お肌の老化に深く関わる睡眠

女性を2つのグループに分けて実験したデータによると、睡眠時間が5時間以下のグループと7~9時間のグループとで皮膚の老化を評価したところ、7~9時間のグループの方が皮膚老化スコアや日焼けによる紅斑からの回復が良好だったという結果でした。


夜中にもっとも活発になるといわれる皮膚のターンオーバー。睡眠不足が続くと肌のターンオーバーがうまく行われず、その状態が固定化するとエイジングにも関わってくるというわけです。最低7時間は睡眠時間を確保し、深夜の0時から3時の間は深い眠りに入っていることが、正常な皮膚のターンオーバーを促すとされています。


また、睡眠不足になるとメイクを落とさずに寝落ちしてしまったり、日中のUVケアを怠ったりするなどの悪循環につながりやすくなります。

 

 

睡眠ホルモンを味方につけて美肌ケア

睡眠中に分泌される成長ホルモンと睡眠ホルモンにはそれぞれ美肌へと導く効果があります。成長ホルモンは、下垂体から分泌されるホルモンのひとつで「成長」という名前がついていますが、小児の成長のためだけに働くものではなく、一生にわたって代謝調節に関与するホルモンで、免疫機能や認知機能などにも作用することがわかっています。


成長ホルモンには、皮膚の水分保持量を増やしてターンオーバーを促進し、肌艶を良くする作用があり、睡眠ホルモンには活性酸素を除去して皮膚の老化を抑え、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。十分な睡眠を取ることで、成長ホルモンと睡眠ホルモンが相乗効果をもたらし、肌荒れの改善やシワ・シミ予防に効果があるということですね。

 

睡眠ホルモンを増やす方法とは?

睡眠の質を決めるのは睡眠ホルモンであるメラトニンで、夜にメラトニンがきちんと分泌されると質の良い睡眠をとることができ、その結果美容効果も高まるというわけです。メラトニンは神経伝達物質のセロトニンが原材料。幸せホルモンとしても有名なセロトニンが増えると、笑顔でいる時間が増えて若見えの効果が期待できるといわれています。さらに女性ホルモンのバランスが安定し、肌にハリやツヤを与える効果もあるといわれています。


セロトニンを増やすには、バランスの取れた食生活や適度な運動とともに、太陽の光を浴びることも大切です。必須アミノ酸の一つトリプトファンやビタミンB6、タンパク質、糖質を摂るために乳製品、大豆、卵、魚、くだもの、芋類、米などの幅広い食品をよく噛んで食べるように心がけましょう。家族やパートナー、ペットとの触れ合いも効果的です。

 

増やす努力とともに減らさない工夫も

食事や運動は就寝の2〜3時間前までにすませ、寝る1時間前くらいには部屋の照明を落としましょう。胃のなかに食べ物が入った状態で寝ると、胃が消化活動を始めてしまい、体が目覚めてしまいます。

照明を落とす

また、寝る前にスマホやテレビ、パソコンなどの光を目に入れると神経を刺激するので避けましょう。カフェインやアルコール、ニコチンの摂取も就寝前は控えます。ベッドの中に入ってからの考え事も深い睡眠の妨げとなります。

お肌のトラブルには睡眠が一番の美容法といわれるほど。お肌のためにはスキンケアだけでなく、質の高い睡眠を意識的に心掛けて美肌を手に入れましょう。

 

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2022年5月1日

人気記事
質の良い眠りのためにできること

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

3月19日は眠育の日
眠育の日

3月19日は「眠育(みんいく)の日」です Read more