わたしん 眠りBlog

アレ、コレの枕カバーの話

新シリーズ・ネコの片手(キティの寝具夜話〈やわ~〉)
(しょの②)

前回のシリーズはhttps://watashin.com/blog/190915/

アタシ、猫のキティ。

 

今年の春から、アタシの言うことは何でもきいてくれる
奴隷化したコースケと、同じく奴隷になりかかっている
その奥さんのマミー、今年21歳になる陸ガメでアタシの
尊敬するピエール君の四人で暮らしています。

 

前回、コースケから
「眠りのブログを代わりに書いてくれないでしょうか?」って、
真剣な顔で頼まれたので、ネコは夜型で寝具と縁があるし、
「ネコも片手」くらいなら貸してあげてもいいんじゃないかニャー、
なんて思って引き受けたニャ。読んでね~。

そこでアタシのブログの2回目になる今回は、
枕カバーの話だニャ。

「肝心の枕のほうが先なんじゃない?」という
ニャンゲンの皆さん、ごもっとも! 
でも、枕選びは意外と時間がかかるでしょ? 

だから、寝具について意識を高めてもらう意味で、
いちばん手軽な枕カバーの話をするニャ、……します。

実は、アタシがいま、おすすめの枕カバーがあるんです。
それはね、枕の中のアレ、コレが外に出てこない材質で
出来ている枕カバーです。「ハァ? アレ、コレって何だ?」

 

本当は、あまり書きたくないんだけど……、
ワタシ、考えただけで「鳥毛」が立っちゃうから。
あ、ニャンゲンの言葉では「鳥肌」ね。
でも、勇気を出して書くと、枕の中には、
ダニ、ダニの死骸、ダニの糞、
ニャンゲンの頭のフケ等々……。

 

あるデータによれば、何もしないで枕を
1年、2年使っていると、中の4分の1とか3分の1くらいまでが、
そんなアレ、コレになってしまうこともあるとか……。

皆さん、枕、何も手入れをしないで3年、4年、使ってる、
なんてこと、ありませんか?

これって意外におおいんですよねー。

そんな枕に、「あ~、気持ちいい~」なんて言いながら、
顔を埋めて寝ているところ、イメージしてみるニャ。
地獄ニャ~、地獄ニャ~。

そこで、注目したいのが枕カバー! 
アタシがおすすめなのは、枕の中のアレコレを外に
出さない素材で出来ている枕カバーのこと。


※写真はイメージです。

これだと、寝ている間にアレコレを吸い込んだり、
顔に付いたりしないので、アレルギーなんかの心配も
ぐんと少なくなるんです。ネコアレルギーは、また別の話ということで。

ただ、どんな枕カバーでも、洗濯はきちんとしなければ意味がないわよ。
ニャンゲンは、アタシと違って汗をかくし、フケも落ちるでしょ。
特にコースケみたいなオッチャンの年齢になると、頭の皮脂も多い。

そうすると、いくら枕の中のイヤなモノが出ないような生地の枕でも、
臭くなったり雑菌が表面に付いたり……。これは気持ちが悪い。

そうそう、アタシなんか、暇さえあれば、
全身をきれいになめてお化粧してるんだから……。
だから、アタシたちネコは体臭が少ないんですよ。

 

もっと言うと、アタシたちは肉食系、いえ、
ニャンゲンの言う意味での肉食系とは違って、
本当に、基本的に肉が主食なんです。

 

だから、狩りをするとき、身体が臭うと獲物に逃げられちゃう。
なので、臭わないようにきれいにしているんニャ。

 

 

ニャンゲンも、嫌な匂いがしないように、いろいろ注意しないとね。
そうじゃないと、獲物、じゃなかった、
「大事な人」に逃げられてしまうかも。清潔に!  清潔に!

 

 

追伸
もし、数ヶ月もまくらをそのままにしている方がいたら、
まくらの脱臭+除菌+消臭の有料サービスも行なっております。

一度、店にご相談ください。

掲載日:2019年9月16日