わたしん 眠りBlog

気温と眠りの関係とは?

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5
店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。


わたしん店舗一覧はこちら

 

さて、本日は

気温と眠りの関係とは?

について書きたいと思います。

 

春眠暁を覚えずの言葉通り、春から初夏にかけては
一年の中でもっとも快適な眠りを得られる季節です。
快適に眠れる温度は夏場なら約25℃~26℃、冬場は約22℃~23℃、
湿度については50%~60%が理想的といわれています。


ただ、初夏を過ぎると梅雨があり、
その後は日本特有の湿度の高い夏の到来です。


今回は夏の快眠のための寝室環境について考えてみたいと思います。

 

快眠のために寝室環境を整えるには

これからの季節は気温、湿度ともにどんどん高くなっていきます。
快適に眠るためにはどのように寝室環境を整えるのが良いのでしょうか。
梅雨時から夏場にかけてはエアコンを使う場合、
冷房よりも除湿運転を選ぶほうが体の負担が少なくなります。


設定温度は28℃でも湿度を50~60%にしておけば、
体を冷やし過ぎることなく体感温度だけを下げることができます。
エアコンのつけっ放しを避けたいなら、少し長めのタイマー設定をおすすめします。


睡眠のサイクルには個人差がありますから、
入眠直後の深い睡眠を妨げないように2~3時間を目安に、
自分に合ったサイクルを探してみると良いでしょう。

 

理想的な寝床内環境はどれくらい?

寝床内環境とは、寝具の中の温度・湿度のことをいいます。
快眠のための理想的な寝床内環境は温度が33℃、湿度が50%とされています。
この温度と湿度を保つには、保温性や放湿性が高い寝具を選ぶこともポイントです。


人は睡眠中にコップ1~2杯の汗をかくといわれ、
空気中の湿度が高く汗が乾きにいと不快さが増すというわけです。


湿度が高いということは空気がより多くの水分をすでに含んでいて、
新たに水分を取り込む余裕は少なくなっているということ。


就寝中は体温が下がることで深い眠りに入り、
脳と体をしっかりと休めることができます。


そのため就寝直後は体温を下げるために、
寝ている間で最も多くの汗をかくといわれています。


ここでかいた汗をしっかり乾かすためにも、
湿度を低めに保っておくことが重要となります。

 

日本の夏に欠かせない麻の肌がけ

湿度の高い日本の夏には麻素材の寝具が力を発揮します。
綿織物が日本に入ってきたのは近世からで、
それまでは夏の寝具には麻が使われるのが一般的でした。
麻は熱伝導性が高いので熱のこもりが少なく吸湿発散性に優れているために、
高温多湿の日本の気候に適しています。


熱伝導性が高いということは保温性に欠けるということなので、
基本的には夏の素材といえます。


シャリ感のある近江ちぢみは麻生地を昔ながらの技法で柔らかく加工し、
「しぼ」の凸凹でできた空気の層により快適な肌触りが得られます。


ヨーロッパが本場のリネン(亜麻)は風合いがソフトで、
夏だけでなくオールシーズン使える素材として人気です。
丈夫で乾きが早く、汚れが付きにくいことから
テーブルクロスやナプキンなどにも使われています。

 

爽やかな眠りのためには湿度コントロールがカギ

寝具が蒸れる原因は主に湿度と体温によるものです。
夏の快適な眠りのためには汗を素早く吸うことと
湿気をため込まない素材を選ぶことが必要になります。
麻素材の寝具は身体から熱を速やかに逃がし、
肌をさらりとドライな状態に保ってくれます。


また、麻は天然の抗菌効果が高く雑菌の繁殖が抑制されるので、
汗や皮脂の臭いが付きにくく、寝室の空気も爽やかにしてくれます。
軽くて柔らかく、清涼感のある使い心地は夏に最適で、
一度その快適さを知ると手放せなくなります。

 

 

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2021年5月15日

人気記事
枕選びは、より良い眠りのためのキーポイント
まくら

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more