わたしん 眠りBlog

海外でも人気! 注目の集まる日本の「FUTON」文化

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5
店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。


わたしん店舗一覧はこちら

 

近年、欧米の都市部に暮らす外国人の間で日本の布団が注目されていると言います。とくに健康に気をつけている人たちやミニマリストなど、豊かで感度の高い層に人気があるようです。海外でも「FUTON(フトン)」と呼ばれ、新しいスタイルの寝具として認識が広まってきているようです。

 

柔らかすぎるベッドが不調の原因に

欧米人を中心に健康を気遣う人達の間では、布団が体に良いと言う人達が近年急増しているようです。その理由の一つとして、欧米のベッドに使われるマットレスには非常に柔らかいものが多く、そのマットレスが腰痛や体の痛みの原因になっていることが挙げられているのです。

 

柔らかすぎるマットレスでは、仰向け、横向きともに荷重のかかる腰やお尻部分が沈み込み、腰痛の原因になります。寝返りも打ちにくくなり、さらに腰に負担がかかる状態でもあります。睡眠時のベストな寝姿勢は背骨が緩やかなS字カーブを描く状態ですが、マットレスが柔らかすぎるとS字が崩れ、筋肉の緊張に偏りが生じたり、首や腰にねじれが生じたりするため、適度に体を支える硬さが必要とされています。

 

「FUTON」をチョイスする海外の人たち

では海外でどんな人たちの間で布団が選ばれているのでしょうか。布団はベッドと比べると価格帯に幅があり、予算に合わせて無駄のない選択ができることと、スペースを有効活用できるという点でミニマリストたちに評価されているようです。

最近は海外の都市部でも賃料が非常に高騰していて、ステューディオタイプなど狭い部屋に住む人達が急増しています。スペースに余裕のない人達にとって布団はありがたい選択肢になるようです。

 

さらに、日本の旅館で布団を体験して気に入った人たちや、日本のアニメや映画などで布団を知って使い始めるパターンも多いそうです。フローリングの床に畳を敷いて布団を使用する人や、中には畳の部屋まで作ってしまう人もいるそうです。日本文化を愛する人達がFUTONブームのきっかけかもしれませんね。

 

 

布団の良さに気づき始めた人たちの感想とは

柔らかすぎるベッドで寝ていた人達が、日本の布団で寝るようになって腰痛や体の痛みが改善したと言い始め、布団が健康にも良いと広まりつつあります。使い始めには多少慣れが必要と感じることもありますが、多くの人たちが血流やリンパの流れの改善を実感するなど、その効能を認めています。

 

また、床からの冷気を心配した人も、思いのほか布団に厚みがあることを知り、友人に勧めるなど口コミ効果も広まっています。とくに畳との合わせワザは最強と評価され、日本人にとっても布団の再評価につながりつつあります。

 

腰痛に効果があると評価の広まる「FUTON」

海外でも腰痛に悩む人は多く、布団に変えてから痛みがなくなり深い睡眠が得られるようになったという声がネットにはあふれています。日本人にとっては珍しくないですが、ベッドフレームの上に布団を敷いて使用することを勧める意見もあり、畳ベッドも海外で入手されているようです。

 

寝具の面でもFUTONが認められ、たくさんの評価を得ているというのは日本文化そのものの価値が上がったと感じられ、日本人としてもうれしいことですね。

 

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2022年3月3日

人気記事
意外と知らない寝る前のN G習慣とは?

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more