わたしん 眠りBlog

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、
アタシの言うことは何でもきいてくれる

ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年22歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

 

寒い夜はマミーのベッドに入って一緒に寝ることが多い。

コースケは夜中に仕事してるけど、たまに普通の時間に寝るときは、

コースケのベッドでも寝ることがある。

 

 

ただ、コースケは汗っかきなくせに寒がりで、

分厚いトレーナーなんかを着たままベッドに入ることもある。

だから、布団の中が蒸れてしまう。

 

そこでアタシはコースケのために調べてみたんニャ、

布団の中が蒸れないようにするモノがあるかどうか……。

 

 

最初に見つけたのは、前々回のブログで書いたシルクの寝具。

 

 

これはいいと思うニャ。値段はやすくはないけど、

手入れもいろいろ気を使わなければいけないみたいだけど、

アタシとしてはおすすめだニャ。

だからアタシ、布団から出ちゃう。

 

 

でも、調べているうちに、へ~、

こんなのもあるんだ!というのを見つけた。

寝具用の除湿用品。「除湿シート」とか「除湿マット」とか、

「すのこ型の吸湿マット」とか、いろいろあって、

値段も安いものは3,000円くらいからある。

 

 

洗えるものが多くて、防カビ、防臭加工をしてあるものもあるニャ。

 

 

とくに、梅雨の季節には湿度が高くなって、

布団も何となく湿った感じになって、気持ち良く眠れなくなってしまうもの。

部屋に除湿機を入れるのも方法だけど、布団の湿気をとるのは簡単じゃニャい。

え? 布団乾燥機がある? そうだニャ。

でも、布団乾燥機は掛布団には効果的だと思うけど、

敷き布団にはどうかな~、ってネコながらに思う。

 

 

 

で、寝具用除湿グッズに話を強引に戻すと、

やっぱり使ってみる価値はありそうだニャ。

 

 

その前に、どうして敷き布団が湿るのかってことを、

いつものようにコースケに質問しながら教えてやったニャ。

 

 

「そりゃ~、キティやん、オイラみてえに汗かくからだろ? 

普通のおヒトだって、コップ1杯くらいの汗をかくっていうじゃねえか。

オイラなんか、たぶん2杯とか3杯くらいはかくんじゃないかな……、

え、どんなもんでぇ」

 

 

コースケ、そこは自慢するトコじゃニャい!

たしかに半分はそのとおり。

でも、もうチョイとばかり科学的な理由もあった。

それは、敷き布団がニャンゲンの体温と床の冷気の間に

挟まれる形になっているからだニャ。

 

 

「暖かさ」と「冷たさ」が敷き布団のところで出会って、

そこに愛が生まれ、いや湿気が生まれてしまう。

 

 

だから、敷き布団が湿るんだって。あ、話は違うんだけど、

ウチではアタシは「キティやん」って、「やん」付けで呼ばれてるニャ。

一部にはヤンキーの「やん」だって説もあるけどニャ。

 

 

でも、乃木坂46の卒業を発表した白石麻衣ちゃんも

「まいやん」って呼ばれてるし、本当はアタシ、

かわいいから「やん」付けて呼ばれてるにちがいニャイのだ。テヘ。

 

 

あ、また話は戻るけど、布団の除湿用品が必要か

どうかは寝室の床なんかによっても違ってくるみたいだニャ。

畳の部屋で、朝、布団をあげたとき畳や布団がジットリと

湿っている状態なら使ったほうがいいし、フローリングの

床に敷き布団を敷いている場合も絶対必要。

 

 

ベッドなら、そんなに必要なさそうだけどニャ。

また次回、読んでニャ~。

掲載日:2020年2月10日