わたしん 眠りBlog

新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。
羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。


わたしん店舗一覧はこちら

 

長年使っている羽毛ふとんのメンテナンスしていますか?

 

寒くなると暖かいふとんが恋しくなりますよね。

急に寒くなり、わたしも慌ててしまっていた毛布やら羽毛ふとんを引っ張りだしてきました。

久々に羽毛ふとんを出してみてみると、羽毛が片寄ってスカスカになっていました。

あのふっくらふわふわの羽毛ふとんはどこにいってしまったの(涙)

みなさんも久々に羽毛ふとんを出してみたらこんな風になって困ってしまったという経験はございませんか。

 



こんなことが気になり始めたら…それは羽毛ふとんのお手入れのサインです!

 

▼羽毛ふとんの羽毛にかたよりがある

▼以前ほど暖かさを感じなくなった

▼全体的にボリュームがなくなった

▼側生地が汚れている

▼5年以上使っている

▼襟元や足元がへたってきた

▼羽毛が飛び出してくるようになった

▼ニオイが気になる

 

特に、長年お使いの羽毛ふとんでは、羽毛の汚れや劣化で、ふとん本来の軽さ、暖かさ、ボリュームなどが損なわれてしまっていることも多いのです。

羽毛ふとんの寿命は10年ともいわれていますが、それは日頃のメンテナンスによっても変わってきます。

 

折角ならいつまでも購入時と同じふかふかの羽毛ふとんを維持していたいものですよね。

そのためにも羽毛ふとんの正しいお手入れの知識を備えておくことが必要です。

 

たとえ、長年の使用による汚れや劣化がおきてしまっても、メンテナンスさえしっかりすれば元のふかふかな羽毛ふとんに戻る確率は格段に上がります。

 

【3つの「メンテナンス」で羽毛ふとんがよみがえる!】

羽毛ふとんは軽くて保温性も高いので、人気のある掛けふとんです。

良いものですとお値段も結構高いので、汚れや劣化の度に買い換えるのも経済的には大変です。

 

でも、羽毛ふとんはきちんとメンテナンスすれば、ふっくら・キレイになるので安心してください。

もちろん買い換えるのに比べたらお財布にも優しいですね。

買い換えた場合、古いふとんは粗大ごみにもなってしまうので、長く使うことは環境にも優しいのです。

 

 

それでは、羽毛ふとんのメンテナンス方法を3つご紹介したいと思います。

 

羽毛ふとんはメンテナンスで、ふっくらキレイによみがえるんです♪

 

【1「丸洗い」できれいなおふとんに】

パジャマやふとんのカバーはこまめに洗濯をしてお手入れする方も多いと思いますが、ふとんのお手入れはどうでしょうか?

 

人は寝ている間に約500mlぐらい汗をかくといわれています。

ふとんカバーに染みこんだ汗は、羽毛ふとんの側生地や、中の羽毛にも当然浸透しています。

それをそのままにしておくと、臭いの発生は当然のこと、ひどい場合はカビの増殖の原因になってしまいます。

ふとんが劣化してしまうと、側生地や羽毛が傷みますので、ふとんの寿命も縮まります。

 

そこで、3年に一度は丸洗いをおすすめします。

羽毛がふっくらしているのは、空気が入っているからです。

空気が入ることで軽くてふかふかした羽毛ふとんになるのです。

でも、汗や皮脂が羽毛にしみついたままだと、羽毛が縮んだり・ひっついたりして空気を含みにくくなってしまいます。

丸洗いすることで、汗や皮脂が取れて、羽毛のふっくら感が戻り、暖かさもよみがえります。

洗浄することで、側生地のダニの死骸やフンもしっかり落としますので衛生的です。

羽毛ふとんの中には、ご家庭で簡単に洗うことのできるものもたくさんございます。

しかし、素人ではどうやって洗っていいのか悩んでしまいますよね。

はじめに羽毛ふとんに付いている洗濯表示をしっかりと確認したうえで、ご家庭で洗える製品かどうかを確認してください。

また、羽毛ふとんのカバーに付いているタグや洗濯表示の裏面にも注意書きが載っている場合がありますので、必ず確認してください。

ご家庭での洗濯が難しい場合もございますので、その際には当店のようなふとん専門店にまずはご相談ください。

 

【2・「羽毛補充」でふっくらおふとんに】

ずっと使っている羽毛ふとんは、羽毛が片寄って、部分的に薄くなってくる場合があります。

特に首や足が直接当たる「襟元」や「足元」などが薄くなりやすいです。羽毛が薄いと、保温効果も低くなってしまいます。

長年使っていればそれぐらい仕方ないのかな。なんて諦めていませんか?

丸洗いの所でもお伝えしたように羽毛のふくらみは空気でできていますので、羽毛が薄くなった箇所に、新しい羽毛を補充すれば、

ボリュームが増して保温効果も高まります。

 

新しい羽毛ふとんに買い換えることも一つの手段ではありますが、折角なら良いものを長く使っていただきたいと思っております。

私達は「売って終わり」の商売ではありません。「売った後のアフターケア」を大事にしています。

これが出来るのも地域密着で商売を行っている使命だと思っております。

 

【3・「リフォーム」で新品同様に】

それでも、全体的に傷みがひどい場合には、羽毛補充だけでは元に戻らない場合がございます。

その場合は、丸ごと「リフォーム」で蘇らせます。

 

まずは、羽毛をすべて取り出して、専用の機械を使って丁寧に洗浄します。

クリーニングでは落ちなかった汗や皮脂も、羽毛を取り出して洗浄することで、ふっくらキレイに回復します。

そのうえで、羽毛の量が減っている部分には、東京西川の良質な羽毛を贅沢に補充します。

 

しかし、羽毛の量が増えても、側生地が傷んでいて、その羽毛が飛び出してしまっては意味がありません。

側生地が痛むと小さな穴から羽毛が飛び出しやすくなってしまうのです。

目に見える羽毛以外にも目では見えない程度の小さな羽毛が飛び出していることも多いのです。

そのまま気づかずに放置しておくと羽毛が減り、スカスカの原因になってしまいます。

また痛んだ側生地は不衛生で、アレルギーを引き起こす原因にもなります。

 

そこで、リフォームでは、側生地も細部にわたり徹底的にチェックします。

側生地の傷みが激しい場合には、側生地も新しくしてすべての羽毛を入れ替えることも可能です。

東京西川の特殊キルトなら、片寄りすることもなく快適に使えます。

 

リフォーム前

リフォーム後

リフォームで「ふっくら感」が回復します♪

カバーも新しくなり、まるで新品のような仕上がりに!

 

【「他店で買ったおふとん」もご相談ください】

「他店で買った羽毛ふとんは相談しにくいし」

「西川さんのおふとんしかダメなんでしょ?」

と思われている方。ご安心下さい。

 

当店ではどこのメーカーの羽毛ふとんでもメンテナンスいたします!

当店以外で購入された羽毛ふとんでも気になさらずお持ちください。

お家のリフォームの場合、別の工務店さんがリフォームすることもあるように、たとえ他店で購入されたおふとんであっても、

ふとんの状態を確認しながら最適なお手入れをご提案いたします。

 

当店は、ふとんの一流メーカー・東京西川から認定された「羽毛診断士」がいるふとん専門店ですので、

他店のものであっても安心してリフォームしていただけます。

他店で買われた羽毛ふとんであっても、当店がリフォームする際に入れる羽毛は「東京西川」の高級羽毛です。

リフォームすると、中身は東京西川の高級羽毛に「バージョンアップ!」という感じになることも。

 

他店で買われた、他メーカーのおふとんでもOK!

 

【買い直すよりリフォームした方がお得になるケース】

買い替えとリフォームするなら、いっそのこと買い替えた方がお得なんじゃないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

お客さまのご予算やお好みに応じて、満足いただける色々なリフォームが可能です。

特に、羽毛が高品質で購入金額が高かった、羽毛の痛み具合が少ない、購入してから10年経っていないという場合は、新しいものに買い直すよりもリフォームする方がお得になるケースが多いです。

傷み始めた羽毛ふとんをそのままにしておくと、傷みがひどくなりすぎてリフォームできないということもあります。

そうなる前に、早めにメンテナンスでお持ちいただければ、大事な羽毛ふとんを、より長くお使いいただけます。

 

気になることがございましたら、まずは当店に羽毛ふとんをお持ちください。

羽毛ふとんのプロが状態を点検し、どのようなメンテナンスをすれば良いのかご提案いたします。

リフォームと買い替えのどちらが得なのかなども、状態を見ながら、ご相談に乗ります。

 

さらに点検だけであれば無料です。当店でお買い上げいただいたおふとんはもちろんのこと、他メーカーや他店で購入された羽毛ふとんであっても、点検は無料で行います。

 

ただ、大変人気のサービスですので、寒くなるに従い大変混み合います。

リフォームの内容によっては期間がかかることもありますので、ぜひ本格的に寒くなる前に、お早めにお持ちください。

 

<快適な眠りにつくためのお役立ち情報>

 

快眠のための灯りは?

眠る直前にスマホやパソコンの画面を見ていたら、目が冴えて眠れない…なんてことありますよね。

これは、強い光で脳が覚醒モードにはいってしまうからといわれています。

スムーズに寝付くためには、就寝1時間前には間接照明に切り替えて、光の刺激を弱くしましょう。

特に暖かい色の白熱灯がオススメです。光による刺激を弱めることで、徐々にリラックス状態になっていきます。

 

年齢と共に眠りが浅くなってくる

年齢とともに、睡眠時間は短くなっていくといわれますが、これは、睡眠そのものを持続する力(睡眠力)が老化するからといわれてます。

ノンレム睡眠が減って熟睡しにくくなり、眠りが浅くなってすぐに目が覚めやすくなります。

そうすると、日中に眠気が残ってしまい、ついウトウト…ということに。

これを防ぐには、昼間になるべく身体を動かすことが大切です。

 

快眠できるお風呂の温度

38〜40℃のぬるめのお湯に、20〜30分ほど浸かるのが良いといわれています。

人間の体温は、夜眠りにつくと徐々に下がり、朝目覚める前が最も低くなります。

寝る前の入浴は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって軽く体を温め、その後自然と体温が下がることで、

入眠までの時間を短くすることができます。熱いお湯は交感神経が刺激されて逆に寝つきにくくなってしまいます。

 

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2020年10月20日

人気記事
関連記事
「コロナ-免疫力を高める寝具―特別編」の巻

今回は、寝具とは少し離れたことを書くニャ Read more

花粉が飛ぶ、飛ぶ季節の家での過ごし方

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

シルクの話の巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

枕の洗濯、モミモミ編

新シリーズ・ネコの片手(キティの寝具夜話 Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

 

だんだん寒くなってきましたね。風邪などひいていらっしゃらないでしょうか。

11月は和名では「霜月(しもつき)」というそうですが、霜が降り立つ時期でいよいよ寒くなってくるというイメージそのものです。

 

出かける時も、まだ厚手のコートとはいきませんが少しずつ冬の装いにシフトしてきているところではないでしょうか。

 

体調を崩さないためにも、衣類や寝具は上手に準備して、季節の移り変わりに対応していきたいですね。

 

 

  気になる「冬の布団のお手入れ」

 

さて、ジメジメした梅雨の時期には、意識的にお布団の“湿気取り対策”をしていた方が多かったと思います。テレビでも梅雨時はよく特集されるテーマでもありました。

 

しかし、冬はどうでしょうか? 

一年中、人は眠っている間に汗をかきますが、冬の寝具の湿気対策は意外と怠りがちかもしれません。

 

布団に湿気がこもっている場合、そのことが原因であたたかくなりにくい睡眠環境になってしまいます。それでは冬は本末転倒です。

 

ですので、冬場もカラッと晴れた日には布団を干して、湿気をしっかりとばすようにお手入れすることが大切です。

 

 

直射日光に長時間当てるのは布団生地の劣化にもつながることがあるので、天日干しよりも風通しの良い場所で陰干しのほうがベターです。

 

もし天日干しする場合は、シーツやカバーでおおった状態にすると傷みを防ぐことができます。

 

 

このように、すのこを立ててその上にふとんをかけられるアイテムもあるみたいです。これなら室内でも簡単に通気性良く干すことができますね。

 

そして、片面1時間ずつ、きちんと両面を干すことによって、より効果的になります。

 

あたたかく眠るために、ぜひ冬も日々の湿気取りを意識してみてください。

 

 

  羽毛ふとんの洗濯を失敗しないために

?

毎日使う羽毛ふとん。汚れてしまうことも当然でてきます。

部分的な汚れなら、濡らして固く絞ったタオルなどで拭き取ったり、つまみ洗いをしたりした後すぐに十分に乾燥させましょう。

 

しかし、大きな範囲で汚れてしまってご自宅やコインランドリーでの洗濯を考えた場合、まず確認しなければならないのが「洗濯表示」です。

 

 

洗濯表示タグに「水洗い不可」と記載されていたら、ご自宅やコインランドリーでの洗濯は避け、クリーニング店や販売店にご相談されることをおすすめします。

 

水洗いが可能な場合でも、よく気をつけないと羽毛のよれや異臭の原因につながるケースもあります。

 

このような失敗を避けるためには、

 

1. よれには注意

キルティング加工されていない羽毛ふとんは、ご自宅やコインランドリーで洗濯をするとよれてしまうことがあります。キルティング加工されていない羽毛ふとんについては、専門店に依頼したほうが無難です。

当店「わたしん」では丸洗いを承っております。

 

2. 必ず洗濯ネットを使用する

側生地(がわきじ)の破れを防ぐために、大きいサイズの洗濯ネットを使用しましょう。生地が破れてしまうと中の羽毛がふきでてしまいます。

 

3. 羽毛がゴワゴワになるのを防ぐ

おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。合成洗剤ですと、羽毛の油分を落としすぎてフワフワ感が損なわれてしまいます。

 

. しっかり乾燥させる

生乾きの状態でおいておくと、異臭の原因になります。適切な乾燥時間をとって、しっかり乾燥させることが大切です。

 

気をつけて洗濯してそれでも「羽毛がよれてしまった」、「側生地が破れてしまった」等の場合は、お気軽に「わたしん」にご相談いただければと思います。

 

 

  ご存知でしたか? 羽毛ふとんの片寄りは直せます

 

長年愛用してきた羽毛ふとんを、本格的な冬到来の前に出してみたらスカスカで羽毛が片寄っていた、というお話を聞いたことがあります。

 

長年使用する間、汗を吸収し、摩耗され、中の羽毛もだんだんくたびれてきます。そのことによって、キルティングのマス目の中の羽毛が部分的に少なくなると、必然的に保温性が低くなってしまうのです。

そのままでは寒い冬の夜を安心して眠ることができないですね。

 

あたたかく眠るために、ではどうしたらよいか?というと、その羽毛ふとんの打ち直しをされることをおすすめします。

 

もうあたたかく使えないから処分するしかない、のではなく、中身の羽毛の状態をチェックした後に最適なプランを選んでいただくことによって、また使い続けることができますよ。

 

せっかくご購入された羽毛布団なので、できるだけ長く愛用していただきたいと思っています。「わたしん」では常駐する〈羽毛診断士〉がお客さまの羽毛ふとんを無料診断いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ダブルサイズのふとんをシングルサイズにすることもできますし、薄手の肌掛けタイプにすることも可能です。さまざまな可能性があるので、じっくりヒアリングさせていただき、こちらからも方法をご提案させていただきます。

 

「わたしん」では、羽毛ふとんのリフォームや丸洗いを承っています。

羽毛がよれてしまった場合は、打ち直しをすることでよれを改善するだけでなくふわふわ感を復活させることもできますよ。

 

詳しくはこちらもごらんくださいませ。

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

掲載日:2018年11月19日

人気記事
関連記事
ふとん打ち直し 香取市

眠りについてや寝具のメンテナンスに ? Read more

ふとん打ち直し 鉾田市

眠りについてや寝具のメンテナンスに &n Read more

真夏にできる!快眠のために知っておきたい3つのポイント

こんにちは。 

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

連日猛暑の日々、夏バテなどしていないですか?

 

ちょっと外に出ただけでクラクラしてしまうような日差しと、気温の高さが本当に厳しい今年の夏ですね。

 

夜は日差しこそないですが、気温は下がらないので毎日エアコンに頼らないと眠れません。

 

体調管理のためにも睡眠をよくとって、しっかり栄養をとって、くれぐれもお気をつけください。今年は、もう異常ですもんね。

 

 

 

  夏の快眠のためには、エアコン掃除をお忘れなく!

 

よく眠れるように、寝室の環境作りを意識してみたことはありますか?

寝室の香り照明などを気にする人は多いですが、実は「音」もとても重要なんです。

 

私にとっては、とにかく真っ暗で音一つしないシーンとした室内環境が理想です。

夏はキャンプに行くこともあるのですが、あるキャンプ場で近くの川が流れる音が気になって一晩中眠れなかったことがあります。逆に、一緒に行った家族は全く気にならずぐっすりだったと言っていましたので、人それぞれみたいですね。

 

不快な「騒音」は外部要因なために解決が難しいもので、

市街地の場合はどうしても近くの道路から聞こえる自動車やバイクの音がうるさいと感じることもあります。

仕方がないことなのですが、自分でできることといったら

カーテンを二重にする、防音効果のあるカーテンを使ってみることだと思います。

 

それから、

ご近所から聞こえてくるペットの鳴き声や、テレビ・音楽など、特に共同住宅などで調整がうまくいかない場合はトラブルの原因にもなってしまいます。

 

まずは自分から、他の世帯に対して迷惑な騒音の原因がないか、ときどき振り返ってみて気をつけたいですね。

 

さて、

夏場に意外と気になるのが、夜中つけているエアコンの稼働音です。

冷房は冷えた風が送られてくるのですから、ある程度の機械音がするのは当然かもしれません。

 

メーカーや機種によっては、夜眠るときに静かになるように設定できるモードもあります。今までご使用になっていなかった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

そして、

気になるエアコンの音は「フィルターの汚れを落とすこと」で軽減することもできるようです。

お掃除はちょっと面倒ですが、ぜひこまめにお手入れをして、きれいな空気と静かな睡眠環境を保ちましょう

 

 

快適に眠るために、できることから「騒音」対策をして、夏バテしないように充分に眠りたいものですね。

?

 

  夏のふとん、消臭してますか?

 

寝具の奥に潜むほこり、ダニ、汚れ。そして、寝ている間にかく汗。

 

人間の体に密着して使うふとんには、どうしても目に見えない汚れが蓄積していきます。

 

その結果、ふとんから嫌なニオイがすることも……

 

カバーを洗濯してもそのニオイが取れない場合は、カバーの下のふとんそのものからニオイが発生していることになります。

そんな状態では気持ち良く眠れないですね。

 

市販の消臭スプレーでニオイを消しても、残念ながらそれは一時的な対策にしかなりません。

ニオイの元をしっかりと断つ必要があります。

 

「では、どうしたら良いの……?」

 

そう思った方、ご安心ください!

 

「わたしん」では、

病院や介護施設などでも採用されている除菌・消臭器「Do CLEAN」(要予約制)で、ふとんの殺菌・消臭を行うメンテナンスサービスを行っているんです。

 

こちらを使ったメンテナンスをすると、半年から1年間、ニオイの原因になる菌の予防が期待できます。

 

いつも寝具を清潔に、快適に保ちたいと思っているお客さまに、とっても好評のサービスです。

ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。詳しくはこちら

★驚きの「トマトの実験結果」も!

 

 

  夏は「羽毛リフォーム」におすすめのタイミングです

 

年末の大掃除を、夏休み中に済ませようという考え方があるようです。

 

気温が高い夏の方が、真冬よりも汚れがゆるんで落としやすいことからです。

確かに、キッチンの油汚れは寒い時期落としにくいですよね。

 

お掃除の作業で熱中症になることには気をつけないといけませんが、この逆転の発想、良いと思います。

夏のうちに済ませておけば、忙しい年末を少しでもゆとりを持って過ごせそうですね!

 

今の時期は暑くて暑くて厚手の羽毛ふとんは見たくない……と言われるかもしれませんが、

ご自宅の羽毛ふとんを、使っていない今の夏の時期にこそ冬に備えてメンテナンスしておきませんか?

 

秋口に肌寒くなってきて慌ててしようとする前のこの対策は、余裕ができるのでオススメですよ。

 

こちら↓のポイントに少しでも当てはまる場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

<そろそろリフォーム? チェックポイント>

ふとんがふくらまない

スカスカ片寄りがある

えり元の汗ジミが気になっている

羽毛が飛び出している

 

こんなお悩みがあったら、羽毛ふとんのリフォームのタイミングです。

 

「ちょっと気になるけれど、よくわからない」という場合は、まずその羽毛ふとんを「わたしん」店舗にお持ちください。

羽毛診断のプロがお客さまのふとんを無料で点検いたします。

 

ヒアリングから、ライフスタイルにあった最適な方法をご提案していますので、ご要望やご使用状況を詳しくお聞かせくださいね。

 

冬の眠りをもっと快適にするために、羽毛ふとんのメンテナンスは夏の間に済ませておきませんか? まさに、今ですよ!

 

 

羽毛ふとんのリフォーム、お手入れについて詳しくはこちらもご覧くださいね。

?

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」でLINE内で友達検索してみてください。

掲載日:2018年7月24日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

「コロナ-免疫力を高める寝具―特別編」の巻

今回は、寝具とは少し離れたことを書くニャ Read more

花粉が飛ぶ、飛ぶ季節の家での過ごし方

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

シルクの話の巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか?

 

 

ジメジメした梅雨の時期。洗濯物をカラッと乾かしたいのに、雨のために部屋干ししなくてはならないのは憂鬱ですね。

空気がジメジメすることによって、寝具もまた影響を受けます。天日干しできない日が続きますが、そんな時期に心配なのが「ダニ」の問題です。

薄手の掛ふとんなど、丸洗いできる寝具は良いのですが、困るのがベッドのマットレスです。汚れやダニが気になっても、丸洗いするわけにはいきません。

皆さまは、ベッドマットレスの「防ダニ対策」をしていますか?

 

 

ダニは、人間のフケや垢をエサにして生息するため、私たちの居住空間から完全に除去することは難しいといわれています。

高温で湿度の高い環境を好むため、1年のなかでも梅雨から夏場にかけて多くなります。

「ダニのことは気になっていたけれど、まだ特に何もしていなかった」という方へおすすめなのが、気軽に使える「防ダニシーツ」の活用です。

「防ダニシーツ」とは、ダニが通過できないように細かい繊維を高密度で織り上げたシーツのことで、マットレスにダニが繁殖するのを抑えるのに効果的です。

湿気が多いとダニにとって好条件になってしまうため、マットレスに汗が浸透しないようにすることも重要です。

マットレスの湿気対策には、マットレスの上に眠っている間にかく汗を吸収してくれる「ベッドパット」を敷くと良いでしょう。

 

 

  「枕のお手入れ」を意外と忘れがちです

 

 

待ちわびた梅雨の晴れ間、「掛けふとんと敷きふとんをしっかり日光に当てて干したから大丈夫!」と一安心。けれど、枕は?

大物のふとん類は外に干しても、枕は干さないというお宅も多いようです。

しかし、梅雨の時期こそ力を入れたいのが「枕のカビ対策」です。

数ある枕の素材のなかでも、カビが発生しやすいのが低反発枕に使われているウレタン素材。

立てかけて通気をよくして、湿気を発散させることを忘れないようにしましょう。

さらに、湿気を逃がすように意識することに加えて、「除菌・消臭」のお手入れを併用することをおすすめします。

除菌消臭といっても、家庭用のアルコールスプレーを吹きかけるタイプのものではありません。

病院や産婦人科などでも使用されているほどの強力な除菌パワーを発揮する機器を使った「除菌・消臭」があります。

1年から1年半に一度、季節の変わり目に寝具に施すと効果的です。

 「寝具の除菌消臭」について詳しくはこちら

 

また、汗をかきやすい時期ですので、枕カバーをいつも以上にこまめにお洗濯することも大切。洗濯物が乾きにくい時期ですから、替えの枕カバーも用意されると安心です。

枕カバーは手持ちのタオルなどでも代用できますが、直接顔が触れるので、何よりも肌触りが良いことが求められます。

お肌や髪の毛が触れても安心な天然素材で、吸湿性・通気性が高いことも重要です。

さらに、体型に合わせて高さを調整した枕には、その高さに影響を与えないような、薄手かつ上質な素材であることも大切です。

せっかくこだわって選んだ枕。カバーもお気に入りを探してみると、もっと愛着がわくかもしれません。

?

 

  梅雨の時期にオススメのふとん

 

梅雨の時期は、気温差が激しく暑い日や涼しい日が交互にやってきたりします。

衣替えでしまいこんだ冬物の上着をひっぱりだすことも。

衣服だけでなく、寝具も調節が難しいですね。

そこで、初夏から梅雨の時期にかけて、本格的な夏を前に1枚あると便利な寝具が、「薄手の羽毛ふとん」です。

羽毛は冬の寒い時期だけのもの、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのボリュームによって使い分けすることで、意外と年間を通じて重宝する寝具素材でもあるのです。

 

 

軽くてあたたかいというほかに、羽毛は外気ふとんの中の温度をうまく調整してくれるという優れた特徴があります。その点から、薄手の羽毛ふとんが気温差の激しい梅雨の時期にあると便利なのです。

種類も「羽毛の中厚ふとん」、「羽毛の肌掛け」、「ダウンケット」などがあり、ご自宅の環境やお好みによって選択できます。

 

 

  寝具リフォームコンサルタントが常駐する寝具専門店「わたしん」

 

千葉県と茨城県に店舗がある「わたしん」には、羽毛ふとん・シープトン・枕を中心とした寝具のメンテナンスに関する知識を備え、お客さまに適切なアドバイスができる「寝具リフォームコンサルタント」が常駐しています。

「寝具リフォームコンサルタント」は、梅雨の間や季節の変わり目の寝具のお手入れ方法や、快眠のためのアドバイスをいたします。

意外とわからないことが多く迷うことが多い寝具のお手入れ。

大きさが大きいだけに、手入れをするだけでも簡単にはいかないことも多いものです。

毎日の快適な眠りのために、1年間の四季に応じて適切なメンテナンスをすることが大切ですので、ご家族の寝具を定期的に点検・見直しすることをオススメします。

そして、例えば今回ご紹介した梅雨の時期に快適に使用できる「薄手の羽毛ふとん」を、不要になった羽毛ふとんからリフォームしてお作りするというようなご相談も受けたまわることが可能です。

古くなった手持ちのおふとんを利用して、新しく使い勝手よく生まれ変わらせる可能性があります。

処分しようかどうか迷っていた羽毛ふとんなど、「寝具のリフォーム」の相談をお受けします。

 

 

寝具に関するお悩み・ご質問・ご相談は、ぜひお近くの「わたしん」へ。

「防ダニシーツ」・「除菌消臭」・「枕カバー」・「初夏用の羽毛ふとん」のお取り扱いがございます。

お近くの店舗はこちら

掲載日:2018年6月7日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

「コロナ-免疫力を高める寝具―特別編」の巻

今回は、寝具とは少し離れたことを書くニャ Read more

花粉が飛ぶ、飛ぶ季節の家での過ごし方

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

シルクの話の巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

潮来市でふとんのリフォームをお考えなら

潮来市にお住いの方へ

 

現在ご使用の羽毛ふとんは、何年使っていますか?

もし10年以上お使いの場合は、ふとんの「リフォーム」のタイミングです。

 

お気に入りの上質なものだけに囲まれて暮らしたい。

良いものを長く愛用していきたい。

むやみにものを増やしたくない。無駄な買い物をしたくない。

買うものは徹底的に吟味して選ぶ。

そのような価値観を持つ方が近年とても増えています。

 

買い物をして物質的な豊かさを謳歌する時代ではなく

多くの情報のなかから自分にあったものを選び、

本当に必要なものだけを選ぶ。

そうお考えの方が多いのではないでしょうか。

 

使い古したら処分して新しいものを買う、という考え方も

もちろんあると思いますが、

良質な羽毛ふとんほど「リフォーム」することによって

また使い続けることが可能です。

 

買い替えるよりも費用が安くすめば、経済的にもメリットがあります。

今あるものを活用して豊かな暮らしをする。

そうしたライフスタイルが今後もますます注目されそうです。

 

 

軽くてあたたかいのが特徴の羽毛ふとん。

ふんわり包み込まれるあたたかさは幸せな眠りにつながります。

長くお使いいただくうちに

「羽毛がふくらまない」

「えり元がよごれている」

「羽毛がかたよってスカスカのところがある」

「羽毛が飛び出してきた」などのお悩みがでてきましたら

「リフォーム」によって解決しませんか。

 

「わたしん」の羽毛リフォームは具体的に何をするかというと

まず中身の羽毛の状態をチェックします。

これは「羽毛診断」の資格を持ったスタッフが行います。

 

その結果により、

どのようにリフォームするかのカウンセリングの後、

お客さまのご確認のもとにお預かり→リフォーム作業→ご納品

という流れになっております。

 

 

潮来市の方でしたら「わたしん 鹿島神栖店」へご相談ください。

国道124号線沿いで駐車場も完備しております。

 

お持ちいただいた羽毛ふとんを、羽毛診断のプロが無料で点検いたします。

羽毛ふとんの無料点検について詳しくはこちら

 

掲載日:2018年2月2日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more

ふとん リフォーム 山武市

山武市にお住まいの方へ。

「わたしん」ではふとんの

フォームを承っております。

寒い冬の夜、ふとんがスカスカだと綿が動いて温かくなりません。

羽毛ふとんのえり元に40gの羽毛を足してえり元をふっくりと

ボリュームアップさせませんか?

ただいま「ふっくら、きれいフェア」を実施中です。

ウェブ限定の割引サービスもご用意しています。

フェアについて詳しくはこちら→https://watashin.com/plump/

さらに、当店では除菌・消臭サービスも行っております。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が

快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。

詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。

喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、

潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など

多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2017年4月7日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more

羽毛ふとん リフォーム 潮来市

眠りについてや寝具のメンテナンスに

関してお困りではありませんか?





潮来市 在住の方

羽毛ふとんがへたってきたので
リフォームしようかと

迷っている方へ





みなさん、こんにちは。

羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。

わたしん店舗一覧はこちら




長年、お使いになっている羽毛ふとん。
よく見ると、

「えり元に汗のシミがある」

「汚れが目立ってきた」

「どうも匂いがする」


「以前よりも寒くなった気がする」

「以前よりも薄くなった気がする」



と感じる場合があります。


買い替えの時期なのか、丸洗いで復活するのか、それとも
リフォームをした方がいいのかは一度、お品物を拝見して
からの判断ですが、

気になる方がいたら、ご相談ください。

もちろん、リフォームもやっています → https://watashin.com/reform/


さらに、当店では除菌・消臭サービスも行っております。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など

多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2017年3月2日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more

羽毛ふとんのリフォーム 匝瑳市

眠りについてや寝具のメンテナンスに

関してお困りではありませんか?





匝瑳市 在住の方

羽毛ふとんがへたってきたので
リフォームしようかと

迷っている方へ





みなさん、こんにちは。

羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。

わたしん店舗一覧はこちら




長年、お使いになっている羽毛ふとん。
よく見ると、

「えり元に汗のシミがある」

「汚れが目立ってきた」

「どうも匂いがする」


「以前よりも寒くなった気がする」

「以前よりも薄くなった気がする」



と感じる場合があります。


買い替えの時期なのか、丸洗いで復活するのか、それとも
リフォームをした方がいいのかは一度、お品物を拝見して
からの判断ですが、

気になる方がいたら、ご相談ください。

もちろん、リフォームもやっています → https://watashin.com/reform/


さらに、当店では除菌・消臭サービスも行っております。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など

多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2017年3月1日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more

ふとん リフォーム料金

みなさまこんにちは。

 



最近、10年ほど前に羽毛をお求めいただいた方から



リフォームの相談を受けております。





もとのおふとんの質にもよりますが、


「ふくらまない」

 

「スカスカ片寄り」

 

「えり元の汗ジミ」

 

「羽毛が飛び出す」

 

 

といった症状が出てくる場合がございます。

 

なんか、寒いなー


以前とくらべるとふっくら感がへったかなと思ったら



ご相談ください。

 

羽毛ふとんのリフォーム料金は20,520円から承っています。詳しくはこちら→https://watashin.com/reform/

掲載日:2017年2月17日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more

ふとん リフォーム 銚子市

眠りについてや寝具のメンテナンスに

関してお困りではありませんか?

 

 

 





銚子市 在住の方

 

 


羽毛ふとんがへたってきたので

 

リフォームしようかと

 

迷っている方へ




みなさん、こんにちは。

羽毛ふとん・マットレス・まくらなど千葉県・茨城県を中心に
5店舗展開している「眠りの専門店 わたしん」です。

わたしん店舗一覧はこちら

 

 




長年、お使いになっている羽毛ふとん。
よく見ると、

 

 

 

「えり元に汗のシミがある」

「汚れが目立ってきた」

「どうも匂いがする」


「以前よりも寒くなった気がする」

「以前よりも薄くなった気がする」



と感じる場合があります。


買い替えの時期なのか、丸洗いで復活するのか、それとも
リフォームをした方がいいのかは一度、お品物を拝見して
からの判断ですが、

気になる方がいたら、ご相談ください。

もちろん、リフォームもやっています → https://watashin.com/reform/


さらに、当店では除菌・消臭サービスも行っております。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

おふとんは半年に一度は除菌を行なった方が
快適です。当店では、除菌・消臭サービスを行っています。
詳しくはこちら

下記にお住いの方からお越しいただき喜びの声をいただいております。
喜びの声一覧はこちら

旭市、匝瑳市、鹿嶋市、神栖市、銚子市、香取市、
潮来市 行方市、稲敷市、佐倉市 山武市、鉾田市、

成田市、富里市 稲敷市、龍ヶ崎市など

多数の地域からご来店いただいております。

掲載日:2017年2月15日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

冬の布団のお手入れ 必ず知っておきたいポイント

こんにちは。 千葉県旭市、香取市、匝瑳市 Read more

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか? Read more