わたしん 眠りBlog

夢のD難度(首・肩・腰・寝具の話)

毎朝、「おはよー」と挨拶しながら、すんなりとベッドから起きることができて、
爽快な気分で一日をスタートできる希有な方は、このブログを読む必要はありません。

 

心身共に健康で、おそらく寝具とのマッチングも申し分ないはずで、
時間の無駄になります。でも、そうじゃない残り、たぶん95・6%くらいの方は、
お読みいただきたいと思います。

 

今回はタイトルどおりD難度の話。いえ、C難度でもH難度でもいいのですが、
体操の技の難易度の話です。どう寝具と結び付くのか?

 

 

ハイ、例えば、元気な赤ちゃんや小学校低学年くらいまでの子供を
床のマットレスの上に寝かせておいたところ、いつの間にかロボット掃除機に
変身!していた、なんてことも珍しくないですよね。身体は、ある時は二回転半、
またある時はひねりを加えてゴロン。ほら、ちょうどD難度かE難度くらいに
見えませんか? 違うような気もしますが……。

実はこれ、その子が元気な証拠だといわれています。
眠っている間は成長ホルモンが出ます(調べました)が、
布団に入って身体が温まると身体の深部の体温が下がり、
成長ホルモンが多量に出るという仕組みです。

 

 

面白いのは、深部の温度が下がると、逆に身体の表面温度が
上がってくることです(調べました)。子育てをしたお母さんなら
「赤ちゃんの手が温かくなったわ、これは眠くなった証拠ね」なんて、
ニッコリしていたはずです。

 

そこで元気な子は、身体の表面温度が上がって暑くなり、
「テーイ!」とばかりに布団や毛布をはねのけ、け飛ばし、
ゴロンゴロンと寝返りを打ちます。逆に心配なのは寝相のいい子で、
心身の発達に何かトラブルを抱えているかも、との指摘もあるそうです。

 

肝心の大人ですが、子供ほどではありませんが寝相の
悪い人はいますね。ただし大人の場合、寝相の悪さの理由は
複雑です。精神的なコトも関係してくるからです。

 

例えば、職場の嫌な上司にアレコレ言われる夢を見て、
無意識にパンチを出したりケリを入れたり……、そして相手の
顔がボコボコになったのを見て小さくニコリ。隣に寝ていた
パートナーは、そんな笑顔を見て、安心して熟睡できるというわけです。

 

しかし、大人の寝相の悪さは、眠る環境が原因に
なっていることが多いようです。配慮したいのが部屋の温度と湿度。

 

 

エアコンを上手に使って快適空間をつくりましょう(少しCМタッチ)。
また、寝具でいえば、季節によってはカビやダニの発生に
注意する必要があります。独身者の場合、忙しいと、家に帰って寝る
だけになって、寝具の扱いもぞんざいになりがちです。

気が付くと、シーツも毛布も、そして枕も、そこだけ時間が
止まったかのように同じものを同じ状態で使い続けている、
なんてことにもなりかねません。それではカビを育て、
ダニを飼育をしているようなもの。できるだけ頻繁にシーツを
交換したり毛布を陽に干したりしましょう。

 

無理なら消臭・除菌剤を使う方法も(少しCМタッチ)。

 

そして「忘れちゃいけねえよっ!」というのが、防カビ・抗菌・防臭などの
加工をしたベッドパッドなどの製品です。
ものぐさな方、いえ……、時間を節約し、効率を重視する賢明な方なら、
こんな製品と買い替えちゃうのもいいですね。

あ、ソファに座って一緒にテレビを見ている隣のパートナーの
手をそっと握ってみてください。もし、指先が温かくなっていたら、
「そろそろ寝たほうがいいよ」と、声をかけてあげましょう。大人も、
眠くなると手が温かくなるそうですから。

掲載日:2019年6月4日

ロックとネック―枕(まくら)の話

こんにちは。

千葉県旭市、香取市、匝瑳市、銚子市、茨城県神栖市に店舗をもつ寝具専門店「わたしん」です。

 

 

日本のロックバンドで最も有名なグループの一つ、X JAPAN(エックス ジャパン)。
ご存じない方、ロックに興味のない方も、無理に調べる必要はありません。今回は、ロッケンローじゃなくロック、いえネック、首の話ですので……。

このグループのドラマーは、YOSHIKI(よしき)さんというイケメンさんですが、実は、首に頸椎椎間孔狭窄症(けいついついかんこうきょうさくしょう)という、10人中9人は、一度では覚えられないほど長い名前の病で手術をした経験の持ち主です。


彼のドラムをたたくパフォーマンスはすさまじく(やはり興味があったら調べてみてください)、ライブでは毎回注目され、ファンの熱狂的な支持を受けてきました。でも、ドラムのたたき方が激し過ぎるため、首が大きく振られ、それが病を引き起こしたのです。

 

手術後も、彼の激しいドラムプレーは変わらず、頸椎の椎間板ヘルニアが悪化して二度目の手術をすることになってしまいました。現在は、ドラムは控えてピアノでのライブで復活(才能のある人はマルチですごいです)していますが、また、彼のドラムパフォーマンスを見たいというファンは多いようです。でも、あまり無理しないでくださいね。

ここで「あれ? 首にもヘルニアってあるの?」と思った方、「あるんです!」、首にも椎間板ヘルニアが。頸椎は7個の骨(椎骨)で構成され、椎骨と椎骨の間には椎間板というクッション材のような組織があります。椎間板の中心には髄核(ずいかく)というゼリー状のものがあって、このゼリーが外側に飛び出て神経に触れ、さまざまな障害が起こるのが椎間板ヘルニアです。これは腰にも首にも起こります。

 

 

ここで、ちょっとだけ、知っている人は知っているレベルの医学的な知識を披露すると、ヘルニアが起こる主な原因は、椎間板にストレス(悪い姿勢や加齢)がかかることです。今回は頸椎に限って話を進めていきますが、首は体重の10%ほどもある重い頭を支えなければならず、普通の姿勢をとっていても強い負荷がかかっています。仮に体重50㎏の人なら5㎏の重さの頭を細い首(太い首の人もいますが……)で支えている計算になります。

 

しかも、現代人は、首にかかる負担が増えています。スマホの存在です。スマホを見るときは、どうしてもうつむいた姿勢になりますね。この状態では、上記の人の場合、首に20㎏、30㎏の負荷がかかるといわれています。その上、ゲームに熱中し過ぎたり、現代版ネット恋文のやり取りが長くなると、首を酷使する状態が長時間続きます。
これじゃあ、頸椎も悲鳴をあげはじめるというもの。昔は、うつむいて歩いている人は二宮金次郎さんくらいのものでしたが、いまは、誰もがうつむいて、トボトボ歩いています。これはいけません。

 

また、恐いのは、毎日お世話になっている枕が頸椎、首の筋肉に負荷をかけ、首や肩のこり、慢性頭痛といった症状につながる可能性があるということ。夜、就寝中に枕が静かな凶器となっている……、ちょっとしたホラーですね。今晩、安心して眠れますか?

それではどんな枕がいいのか? おすすめ、というか、いちばんの基本は、首の下をきちんと支えてくれるかどうか。首の下に空間があると、首の筋肉、頸椎にストレスがかかり、トラブルの種となります。そこに加齢などが加わると頸椎ヘルニアを起こす率も高くなります。ぜひ一度、寝具売り場、枕コーナーで、これと思う枕をアレコレ試してみてください。それも健康づくりの大切なポイントです。

掲載日:2019年5月15日

冷え性の方にオススメ!《体を温める敷き布団》

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です!

 

だんだんとアウターが必要なほど肌寒い日が増えてきましたね。

けれども、まだ動くと汗ばむこともあるので、出掛けるときはストールを持ち歩いています。

 

 

大きめのストールですと上半身がすっぽり包めて温かく、暑くなったらすぐ外せるので便利です。今の時期とても重宝しています。

 

 

さて、もうじき夜の寝室が底冷えする寒~い冬の季節がやってきますね。

あの、お布団に足をいれた瞬間のひやーっという感覚が苦手です。。

 

冷え性の方にとってはとても辛いですね。

あの異常なほど暑かった夏を思うと信じられないですが、だんだんと寝付けないほど寒さが厳しくなります。

 

冷え性の方の場合、布団に入る前にすでに体が冷え切ってしまっていると、ひんやりした布団がなかなか温まらないものです。そして、羽毛の掛け布団を使っていても、あまりの寒さから眠っている途中で目が覚めてしまうこともあります。

 

一晩中エアコンやストーブの暖房機器を使用することも冬の夜の寒さ対策の一つですが、暖房をつけたまま眠るのはあまり得意でない方も多いのではないでしょうか。

私もその一人で、寝る直前まで部屋を温めておき、寝るときには消しています。

 

しかし、私はこれで毎年毎年、助けられております。

     ↓ ↓ ↓  ↓

 

  温熱と電位で体を癒す寝具「ドクターセラSSS(スリーエス)」

 

冷え性の方にはぜひともオススメしたい商品で、その名も

電位・温熱組合せ家庭用医療機器「ドクターセラSSS(スリーエス)」です。

 

 

「ドクターセラSSS」は寝具メーカー東京西川の商品で、医療認証を受けた「電位・温熱組み合わせ家庭用医療機器」です。

医療認可をうけているって、なかなか無いんです。

 

簡単にご説明しますと、敷きふとんとしてお使いいただきながら、温熱や電位の効果によって疲れや肩こりを緩和させる効果が期待できます。

 

使い方としては、コンセントに電源を指して、コントローラーによってスイッチのオン・オフ、コースの設定をして使用します。コントローラーはちょうどテレビのリモコンのような形をしていて、横になっていても簡単に操作できます。

 

 

よく冬場に使う電気毛布のようなものをイメージされるかもしれませんが、こちらは1年中使用でき、四季に合わせた切り替えで気になる諸症状をやわらげます。年間を通してご使用いただけるようコースが選べるようになっているのです。

一年中お使いになれるのが大事なポイントです!!

 

基本的には、「温熱」療法と「電位」療法のどちらかを選べます。

◆「温熱」療法はマイルドな温かさで体を優しく温め、血行を促進させ、筋肉の疲れやコリをほぐし、筋肉痛や神経痛を緩和します。

 

◆「電位」療法はマイナス電位の効果が自立神経に作用し、頭痛、肩こり、不眠症、便秘をケア。熱は入らないため夏でも使用できます。

 

◆「温熱」と「電位」を交互に行う「交互」療法も選べます。寝ている間に療法の効果を得られるので便利です。

 

そして、季節によってコースを設定できるので快適に使用できるところもポイント。

○冬コース……「温熱」療法の時間を多くして冷え対策。

○春秋コース……明け方の冷えから体を守ります。

○夏コース……明け方に体を軽く温めます。

 

<表面温度>

「強」約53℃

「中」約38℃

「弱」約23℃

 

日中の温かさに比べて朝晩が冷え込むこの時期は、「春秋コース」を選択いただくと快適です。

ご自分の体調や季節によって、温度も調整が3段階で可能です。

 

  「ドクターセラ」ご購入のお客さまの声

 

実際に「ドクターセラ」シリーズをご使用になったお客さまの感想をご紹介いたします。

 

●千葉県旭市在住 40代女性

「寝返りの回数がぐんと減りまして朝まで、かけ布団の乱れもなく寝られるようになりました。一緒に寝ている犬も布団から離れません」

 

*肩こりや冷え性に悩まれていましたがドクターセラをお使いになってから、その症状が改善されたそうです。

 

 

 

 

 

 

●千葉県香取市在住 47歳女性

「お店の方と色々お話をしているうちに自分が隠れ冷え性だとわかりました。ドクターセラを使うようになってから、疲労回復や目覚めが良くなるなどの効果を感じています」 

 

*たっぷり寝ても、疲れがとれないことに悩んでいらっしゃいました。色々な症状をお伺いしていくうちに「隠れ冷え性」の可能性が高かったため。疲労感や血行不良などを改善するドクターセラをおすすめしたところ、購入後のアンケートでこのように回答していただきました。

 

 

 

 

●肩こりや腰痛に悩まされていた29歳男性

「高額品でしたが、それ以上の満足感。次の日に疲れが残りにくくなった。寝心地が最高で、これまで以上に寝るのが楽しみになった」

 

*店頭にて「ドクターセラ」をご購入いただきました。肩こりや腰痛の改善のほか、夜中目が覚めない、寝つきがよくなった、疲労回復につながったなどの効果を感じていただいているようです。

 

 

 

 

 

 

「わたしん」では、「ドクターセラSSS」の寝心地を実際に体験できます。

コースによる体の感じ方の違いや、どのくらい温かさを感じるかなど、ぜひお試しください。

「わたしん」各店で承ります。

詳しくはこちら

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

掲載日:2018年10月23日

肩こりにお悩みの方へ 《オーダーメイド枕 無料体験》のご案内

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

10月は衣替えの季節ですね。

衣類と同様に、寝具も少しずつ秋・冬物の準備をはじめると良いと思います。

 

今の時期は天候が安定せず天気予報から目が離せませんが、カラっと晴れて風通しの良い日をねらって、押入れの中の引き出しを数時間開け放しておくだけで、十分に虫干しの効果があります。

使わない布団も半年に一度、晴れた日にベランダに干すことをおすすめします。湿気対策をしておくと良いですよ。

 

 

  肩こりにお悩みではありませんか?

 

 

さて、今回は年齢にかかわらず悩んでいる方が多い、肩こりについてお話したいと思います。

 

重いバッグを肩に掛けて歩いたとき、長時間パソコンに向かってデスクワークをしたときなど必ず肩が凝って……という原因から、ストレスの蓄積など精神的なものまで、肩こりにも色々な原因が考えられます。

 

ストレス面でいうと、肩こりだけでなくイライラした気分によって寝つきにまで影響することもあります。

怒りがたまると血流が悪くなり、血流が悪くなると疲れやすくなり、さらにイライラがつのる……

「心の冷え」と「カラダの冷え」はつながっていて、イライラがたまるとカラダが冷えて睡眠の妨げになります。

 

そんな時は、ぜひ「深呼吸」をしましょう。深呼吸は心を穏やかにする副交感神経を刺激し、心に溜まった怒りという「毒」をはきだしてくれます。

イライラする夜は、深呼吸をしてから布団に入ってはいかがでしょうか?

 

 

  肩こりのもう一つの原因はいつも使っている○○○が原因かも?

 

そして、これらの原因以外に肩こりを引き起こしていると考えられること。

それは、毎日お使いのが体に合っていないから、かもしれません。

 

 

枕の高さは、人それぞれによって最適な高さが違います。

体型が十人十色であれば、最適な枕も同じです。

 

ご自身に合わない枕を使っているとなぜ肩こりの原因になるかというと、大きくは寝返りが打ちづらくなるからです。

 

寝ている間に何度も寝返りを打つことによって、体の一部分に圧力がかかって負担になる、そして痛みを感じることを防ぎます。

 

最適な高さの枕を使用することで、横向きになったとき、仰向けになったときにちょうど良いバランスを保つことができ、寝返りもスムーズになるのです。

 

 

「わたしん」では、硬さや特長の異なる数種類の枕素材の中から、お好みの素材をお選びいただき、あなたに合った枕の高さを測定します。そして、あなただけのオーダーメイド枕をつくることができます。

 

 

「オーダーメイドの枕、聞いたことはあるけど、高そうだしちょっと面倒……」とお感じの方も、まずは、無料のカウンセリングをお試しください。

 

眠りのお悩みや日頃気になることなど、眠りに関する幅広い知識を持った快眠マイスターが、無料でお悩みをお伺いします。

 

肩こりや身体の不調を「枕」で解消できるかもしれません。

眠りに関するお悩みのある方は、「オーダーメイド枕」の無料カウンセリングにぜひご来店いただければと思います。

 

「オーダーメイド枕」無料カウンセリングについて詳しくはこちら

 

 

  理想的な寝姿勢になるための敷布団とは?

 

肩こり解消のための条件として、枕が最適な高さであることと同時に、敷布団も重要なポイントになってきます。

 

寝返りを打つのに枕の高さが体に合っていることが重要と書きましたが、それはつまり理想的な寝姿勢を保てるかどうかです。

 

理想的な寝姿勢とは、まっすぐに立っている状態をそのまま横に倒した姿勢のことです。

ヒトの体は凹凸があり、凸部分に体の圧力が集中し、負担がかかってしまいます。負担を抑えるためには、圧力を分散するクッション性がある敷き布団がおすすめです。

 

今お使いの布団は、ご自身に合っているでしょうか?

そのチェック方法はとても簡単です。

 

1. 敷き布団に横になり、布団と身体の間に手を入れる。

2. すき間ができていれば、布団が硬い。

 

敷布団が硬い場合は、敷き布団の上にベッドパッドなどクッション性があるものを1枚追加します。

一方、体が沈み込んでしまうほど柔らかい場合には、敷き布団の下にマットレスなどの土台を敷いて硬度を上げます。

 

 

「わたしん」には、眠りの専門家「スリープマイスター」が常駐しています。

理想的な寝姿勢で就寝することで、体の不調を改善し、翌朝の寝覚めも良くなります。

敷布団でお悩みがある場合は、お近くの「わたしん」にご相談ください。

お近くの店舗はこちら

 

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

掲載日:2018年10月9日

寝つきの悪さ・肩こりが改善した理由とは? 「枕が合わない」と感じていたお客さま

 

関東でもそろそろ梅雨入りの時期がいつなのか気になる季節です。

折り畳み傘を持って出かけたほうが安心な日が続きます。

 

そんな梅雨入りの前であり晴天に恵まれることが多い5月には、毎年恒例の「運動会」が行われた小中学校が多かったのではないでしょうか。

お子さんやお孫さんが元気いっぱい体を動かして活躍する姿は、毎年の成長を感じるものです。徒競走や大玉ころがし、ダンスなど、時代は変わっても1年間の学校行事の中で思い出深いものの一つですね。

 

保護者の方にとってはお弁当作りや早朝からの席取りで、少し寝不足になってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、昼間日差しの下で数時間過ごした日、夜すぐに寝付くことができたのではないでしょうか。

たとえそんなに体を動かしていなくても、昼間日光の光を十分に浴びることで、質の高い眠りにつながります。

 

気温もこれから高くなってくるので、熱中症対策と紫外線対策を十分にしながら、梅雨入りしてからも晴れ間を狙って日光の下で一定時間過ごす習慣は大切にしたいですね。

 

 

運動習慣で睡眠が若返る!?

 

さて、運動は健康的な生活を送るうえで大切な要素ということはよく知られていますが、実際日常に取り入れるのは簡単ではありません。

 

特に、体を動かすことがお好きでない方は、よほどのきっかけがないと運動習慣を身につけることは難しいと思います。

 

もし、ふとんに入ってもなかなか寝つけない、という場合には、昼間の行動を見直してみるのはいかがでしょうか。

 

「運動により睡眠は改善できます。ただし、運動は習慣づけることが大切です。ふと思い立って日曜日だけ10キロ走っても、睡眠の改善という面ではあまり意味がありません。それよりも毎日の通勤で片道15分ずつでも歩くほうが効果があります」

(すなおクリニック院長 内田直 氏/「日経ビジネスオンライン」より引用)

 

 

通勤、買い物、散歩などで毎日30分くらい歩くこと。それならば生活に自然に取り入れやすいですね。

専門家がいうように、毎日の適度なウォーキングは睡眠の質を高めてくれます。

 

1日家の中にいてあまり歩かなかった日と、外に出て30分くらい歩いた日では寝つきにかかる時間や眠りの深さに違いがあるということです。

 

長期的に運動を続けることで、寝つきが良くなり、夜中に目を覚ますことが減り、全体の睡眠時間が長くなるという海外の研究結果もあります。

 

眠りは、健康的な生活のベースとなります。女性にとっては、お肌、髪などの美容的な面からみても質の高い睡眠が何歳になっても大切です。

 

運動することによって睡眠の質が良くなることに着目し、「わたしん」では”ウォーキングシューズ”(10,800円/税込)も取り扱っています。

運動と聞いてあまり気が乗らなければ、まずはお気に入りのウォーキングシューズを見つけてモチベーションアップするのも良い方法ですよ。

 

普段のお出かけにも履けるタウンユース兼用のタイプもございます。

お近くの「わたしん」店舗はこちら

 

 

  寝つきが悪いのは布団が原因かもしれません

 

寝つき、寝起きともに良くなかったという50代の女性のお客さまのお話をご紹介します。

当店のチラシをご覧になったのをきっかけに来店されました。

 

「枕が合わないのか、朝起きると体調がすぐれない日が多くて……」というお悩みを伺い、ヒアリングを行ったのちに「整圧ふとん」をおすすめしました。実際に横になってみてお試しになられた結果、整圧ふとんを購入していただきました。

 

数日後、購入者アンケートハガキが届き、こんなメッセージをいただきました。

 

「枕が合わないと思っていたのですが、ふとんが合わなかったことに気がつきました。1日目からとても快眠でした。早く、買いかえておけば良かったと思いました」。

 

頭痛、肩こりも改善したそうです。

少しでも体調の改善につながるお役に立てたことが、スタッフ側としても一同とても嬉しく励みになりました。

 

今回のお客さまのように、寝具を変えることで体の不調が改善されることがあります。

 

生活必需品の寝具ですが、使用頻度が高く、使用時間も長いだけに、快適に使用できる期間にも限りがあります。

最初は快適に眠ることができて問題がなかった場合でも、長く使用しているうちに体に負担がかかるようになってしまうこともあれば、体型の変化によって寝返りがうちにくくなり合わなくなってくることもあります。

 

 

1日の1/3の時間を過ごす眠りの時間、その眠りに欠かせないおふとんや枕こそ、しっかりと向き合って本当に最適で愛着の持てるお気に入りをお選びになることをおすすめします。

 

寝具選びは実際に試してみないとわからない部分もあるため、きちんと相談にのってくれるスタッフがいて、アフターメンテナンスの対応にも応じてくれる専門店が安心です。

 

眠りや体調不安などのお悩みがございましたら、お気軽にお聞かせください。

「わたしん」の眠りの専門家「スリープマスター」が最適な寝具をご提案いたします。

 

「整圧ふとん」について詳しくはこちら

掲載日:2018年6月3日

腰の痛みと戦っていたお客様の声

世の中には腰痛もちの方がこんなにも多いのか!と
店で接客していると感じています。

 

我が店には、ベットやおふとん、シーツやまくらなどを
お求めにご来店される方が多いですが、

 


よりよい眠りで健康的な生活をおくっていただきたいので
様々なライフスタイルのご質問をさせていただくと、
出てくるお身体のきになる点ベスト3が出てきます。


第1位 
腰痛

こちらも多いです。年配の方に多かったり、ヘルニアもちの方なども。
朝、起きたときの腰のだるさが気になっているみたいです。

 

 

第2位 肩こり

これは、本当に多いですね。肩が凝っているため頭痛がひどいとか
首がいたいなどです。
まくらを今まで何十個試しても、なかなかしっくりくるものがないと
ご相談でお見えになる方が多いです。

 

 

 


第3位 冷え性

女性の方は、とっても多いです。
夏でも靴下を履いて寝られる方など、症状がひどい方がおります。

 

 

 

 

 


私たちは、お医者さんではないので、診断などはできませんが、
「皆様の快適な眠り」のお手伝いができれば思っております。

その方その方の生活のリズムだったり、
ライフスタイルだったり、体の大きさだったりとすべて違いますので

その方にお悩みになった寝具アイテムのお話をさせていただきます。

今回は、とくに1位のお悩み、腰痛に関してお客様からいただいた
喜びの声をまとめてみましたのでご紹介します。

 

 

 

みなさん、よかったと思っていただいているお品は、整圧敷きふとんという商品です。
今では、このような高機能マットレスの進化もすごいです。

 

 


また、スポーツ選手はじめ、全国の高級ホテルなども心地よい高機能マットレスの
素晴らしさを実感して、ご使用いただいたり、サービスの一環としてお使いいただいたり
しているようです。

腰痛と敷ふとんの関係って、一見すると、関係性がわからない部分がありますが
実際に上記のような生のお声をいただくと、大変嬉しいと同時に
「快適な眠り」を提案している我が店としては誇らしく思っております。

 

 

 

掲載日:2017年8月25日

「寝起きがつらい」人におすすめのふとん

みなさんこんにちは。
夏本番という感じですが、いかがお過ごしですか?

 

 

暑くて寝苦しいということはありますが、
それよりも、寝て起きたときの倦怠感とかだるさを
感じている場合はありませんか?

 

 

 

寝ているときの姿勢によって、体に負担がかかってしまって
寝起きに疲れやだるさを感じてしまうこともあるようです。

特に腰痛もちの方にとって、やわらかめのベッドや敷きふとんを
ご使用になっているとより症状がつらくなったりするようですので
注意が必要となります。

 

 

当店では、肩こりや腰痛もちの方。
または、寝ておきたときの倦怠感を感じはじめる
50歳以上の方には「整圧敷きふとん」をおすすめしております。

商品的には、寝姿勢をたもち、体の圧を均等にする凹凸の点があります。

 

 

商品の細かい説明は今回はおいておきまして
実際にお求めいただたきまいた方からの声をこのブログでご紹介したいと思います。

 

整圧敷ふとんを購入された方からのアンケートハガキをご紹介します。

「3ヵ月使用しましたが、とても寝起きも良くもっと早く使用してたらと思いました」(千葉県旭市在住 70代 女性)
ぐっすり寝ているのに、寝起きが疲れるなどの症状は、 今お使いのふとんがご自身のカラダにあっていないからかもしれません。

他にも

 

こういう寝返りがしやすくなったというお声はたくさんいただいております。

 

 

 

はい、はじめの場合などはやや硬さを感じる場合もあるかもしれません。
この方も当初はなれるまで時間がかかったようですが、今では心地よく寝ていただいております。

 

 

この方は、もともとベッドで眠っていらっしゃった方ですね。
ベッドのマットレスを整圧敷きふとんに変更してお使いいただいた方のお声です。

 

 

とても嬉しく、ありがたいお声です。たかだ敷きふとんかもしれませんが、されど敷きふとんです。
早い人だと1-2日で朝の目覚めの違いを実感していただける方もおります。

 

 

お尻の痛みが軽減は、体圧を均等にする機能を感じていただいたことになります。

 

 

 

カーボンのウレタン素材ですので、気になる方もいらっしゃいます。
使っていくうちに匂いも気にならなくなってきますし、当店の有料サービスで行なっている

除菌サービスをご利用いただくと匂いが気にならなくなるとお客様から好評です。

 

 

こちらは感じ方は個人差がありますので、なんともいえませんが。血行がよくなったのでしょうか。

 

 

商品に関してのアンケートを行なって、こう褒めていただけるととっても嬉しいです。ありがとうございました。

 

シンプルですが、この言葉、とっても嬉しいです。

 

私たちは、寝具をとおして、皆様の快眠、健康のお手伝いができればと思っております。

眠りの専門店として、皆様の悩みや気になること、快適な眠りのための情報も

発信していきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

掲載日:2017年7月21日

横向きで寝る 肩が痛い

朝起きると「肩が痛い」「腕がしびれている」という方がいらっしゃいます。

 

そういった症状のあるお客さまにどんな寝具を

使っているかうかがってみると、敷き寝具が硬めだったり、

使い古したぺしゃんこな敷き布団を使っている人が多いようです。

 

 

硬めの敷き寝具は、沈み込みがなく真っすぐな
姿勢で眠れるので仰向け寝の時にはよいのですが、
横向き寝になると肩や腕がつぶされてしまいます。

 

 

そこでおすすめしたいのが
西川の高機能マットレス「エアー」です。

「エアー」について詳しくはこちら→https://watashin.com/air/

掲載日:2017年6月24日

枕 おすすめ 店舗

首が痛い、不眠、肩こりなど


睡眠のお悩みがありませんか?

睡眠の悩みは「寝姿勢」が原因の場合があります。

元気のもとは快適な眠りから。まずは枕を見直してみませんか?

わたしんではお客さまの

お悩みにあわせたおすすめの枕をご提案いたします。

 

わたしん各店の眠りの専門知識を持つ「ピローアドバイザー」にご相談ください!

わたしん店舗はこちらから→https://watashin.com/shop/

お近くのわたしん店舗はこちら→https://watashin.com/shop/

掲載日:2017年4月5日

枕 おすすめ 横向き

普段、みなさまはどんな向きで寝ておりますか?

寝相の良い方は、
仰向けのままの状態でしょうか?

 

 

寝相の良くない方は、

おきたら、私はどこ?という場所にいらっしゃいます???(笑)

横向きで寝ている方も多いと思います。

枕のおすすめは、寝返りが打ちやすい枕がおすすめです。

一番は、その方にあったオーダーメイド枕がいいですが
東京西川の「もっと横楽寝 医師がすすめる健康枕 」という商品もございます。

 

整形外科のお医者さまもおすすめのお品


 

 

 

掲載日:2017年2月28日