わたしん 眠りBlog

肩こりにお悩みの方へ 《オーダーメイド枕 無料体験》のご案内

こんにちは。

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

10月は衣替えの季節ですね。

衣類と同様に、寝具も少しずつ秋・冬物の準備をはじめると良いと思います。

 

今の時期は天候が安定せず天気予報から目が離せませんが、カラっと晴れて風通しの良い日をねらって、押入れの中の引き出しを数時間開け放しておくだけで、十分に虫干しの効果があります。

使わない布団も半年に一度、晴れた日にベランダに干すことをおすすめします。湿気対策をしておくと良いですよ。

 

 

  肩こりにお悩みではありませんか?

 

 

さて、今回は年齢にかかわらず悩んでいる方が多い、肩こりについてお話したいと思います。

 

重いバッグを肩に掛けて歩いたとき、長時間パソコンに向かってデスクワークをしたときなど必ず肩が凝って……という原因から、ストレスの蓄積など精神的なものまで、肩こりにも色々な原因が考えられます。

 

ストレス面でいうと、肩こりだけでなくイライラした気分によって寝つきにまで影響することもあります。

怒りがたまると血流が悪くなり、血流が悪くなると疲れやすくなり、さらにイライラがつのる……

「心の冷え」と「カラダの冷え」はつながっていて、イライラがたまるとカラダが冷えて睡眠の妨げになります。

 

そんな時は、ぜひ「深呼吸」をしましょう。深呼吸は心を穏やかにする副交感神経を刺激し、心に溜まった怒りという「毒」をはきだしてくれます。

イライラする夜は、深呼吸をしてから布団に入ってはいかがでしょうか?

 

 

  肩こりのもう一つの原因はいつも使っている○○○が原因かも?

 

そして、これらの原因以外に肩こりを引き起こしていると考えられること。

それは、毎日お使いのが体に合っていないから、かもしれません。

 

 

枕の高さは、人それぞれによって最適な高さが違います。

体型が十人十色であれば、最適な枕も同じです。

 

ご自身に合わない枕を使っているとなぜ肩こりの原因になるかというと、大きくは寝返りが打ちづらくなるからです。

 

寝ている間に何度も寝返りを打つことによって、体の一部分に圧力がかかって負担になる、そして痛みを感じることを防ぎます。

 

最適な高さの枕を使用することで、横向きになったとき、仰向けになったときにちょうど良いバランスを保つことができ、寝返りもスムーズになるのです。

 

 

「わたしん」では、硬さや特長の異なる数種類の枕素材の中から、お好みの素材をお選びいただき、あなたに合った枕の高さを測定します。そして、あなただけのオーダーメイド枕をつくることができます。

 

 

「オーダーメイドの枕、聞いたことはあるけど、高そうだしちょっと面倒……」とお感じの方も、まずは、無料のカウンセリングをお試しください。

 

眠りのお悩みや日頃気になることなど、眠りに関する幅広い知識を持った快眠マイスターが、無料でお悩みをお伺いします。

 

肩こりや身体の不調を「枕」で解消できるかもしれません。

眠りに関するお悩みのある方は、「オーダーメイド枕」の無料カウンセリングにぜひご来店いただければと思います。

 

「オーダーメイド枕」無料カウンセリングについて詳しくはこちら

 

 

  理想的な寝姿勢になるための敷布団とは?

 

肩こり解消のための条件として、枕が最適な高さであることと同時に、敷布団も重要なポイントになってきます。

 

寝返りを打つのに枕の高さが体に合っていることが重要と書きましたが、それはつまり理想的な寝姿勢を保てるかどうかです。

 

理想的な寝姿勢とは、まっすぐに立っている状態をそのまま横に倒した姿勢のことです。

ヒトの体は凹凸があり、凸部分に体の圧力が集中し、負担がかかってしまいます。負担を抑えるためには、圧力を分散するクッション性がある敷き布団がおすすめです。

 

今お使いの布団は、ご自身に合っているでしょうか?

そのチェック方法はとても簡単です。

 

1. 敷き布団に横になり、布団と身体の間に手を入れる。

2. すき間ができていれば、布団が硬い。

 

敷布団が硬い場合は、敷き布団の上にベッドパッドなどクッション性があるものを1枚追加します。

一方、体が沈み込んでしまうほど柔らかい場合には、敷き布団の下にマットレスなどの土台を敷いて硬度を上げます。

 

 

「わたしん」には、眠りの専門家「スリープマイスター」が常駐しています。

理想的な寝姿勢で就寝することで、体の不調を改善し、翌朝の寝覚めも良くなります。

敷布団でお悩みがある場合は、お近くの「わたしん」にご相談ください。

お近くの店舗はこちら

 

 

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年10月9日

これからオーダーメイド枕を作る方へ、必ず伝えたい情報2つ

こんにちは! 

千葉県と茨城県に5店舗を展開する眠りの専門店「わたしん」です。

 

夏真っ盛りですね。

千葉県、茨城県の花火大会も今週からお盆にかけてピークですね。

浴衣姿の女性やお子さんの姿もちらほらと見かけます。

 

とは言っても、

今年は暑さによる健康への影響が本当に心配です。

外出をためらい、なかなか例年通りの夏を過ごせていない方も多いかもしれません。

 

体調に自信がないときなどは特に、無理は禁物ですのでお気をつけください。

 

そして、たとえ長時間ではなくても、ちょっと用事で屋外に出た場合、30度を超える日はそうでない日よりも見えない部分で体力を消耗しています。

 

だから、夜はぐっすり眠って体を休めないといけません。この夏、ぐっすり眠れていますか? 

 

 

  「オーダー枕」を購入された男性のお客さまの声

 

今回は、お客さまからいただいたお声を紹介します。

 

当店のウェブサイトをご覧になって来店された、25歳の男性のお客さまです。

「肩こり」や「いびき」に悩んでいたということで、「オーダー枕」をお求めになられました。

 

 

寝具は実際に使用する体験なしには購入しにくいものの一つです。

オーダーメイドで枕をお作りする過程で、実際に横になって確認しながら、じっくりと確かめていただきました。

 

その後のアンケートでは

「寝つきが良くなり、肩こりが改善。いびきもかかなくなりました」とご回答いただきました。

 

ご自分の体に合わせて微調整しながら最適な枕を作ることができるのが、オーダーメイドの良いところです。使用していただいたことで、不調やいびきが改善されたんですね。

 

一人でも多くの方に、このオーダー枕がもたらしてくれる快適な眠りを体感していただきたいですね。

 

使用しての感想をお知らせくださってありがとうございました。

 

肩こりやいびきなど、眠りに関するお悩みは、どんな小さなことでも

「わたしん」各店に常駐している眠りの専門家「ピローアドバイザー」に、ぜひご相談くださいね!

 

 

  失敗しない「オーダーメイド枕」の作り方

 

お一人おひとりの体形にあわせた、寝心地の良い枕を作るオーダーメイド枕。

より快適に眠るための、〈枕を作るときのポイント〉をご案内いたします。

 

ご自宅で使用しているマットレス・敷布団の「硬さ・柔らかさ」をスタッフにお伝えください

 

例えば、ご家庭で低反発マットレスを使用していらっしゃる方が、高反発マットレスの上でオーダー枕のフィッティング・調整をすると、出来上がった枕を使用した時に違和感が生まれます。お店ではぴったりだったのに、いざ自宅で使ってみたら何か違う……そう感じるのは、敷布団との組み合わせが影響しているのです。

 

ご家庭で使用しているマットレスと似た感触のマットレスの上で枕のフィッティングを行った方が、体の沈み方が似ているので、違和感が出にくくなります。

 

フィッティングの際におすすめしない服装と髪型

 

・ダウンジャケットなどの厚めの上着

・フード付きの洋服

・髪の毛を後ろで束ねた髪型やおだんごにした髪型

 

オーダーメイド枕を作る際は、後頭部~後ろ首~背中を専用の機器で計測します。

 

そのため、髪の毛を後ろで束ねていらっしゃる場合は一度ほどいていただくことになります。ロングヘアの方はダウンスタイルか、ほどいても差し支えない状態でご来店されることをおすすめします。

 

そして、横になってのフィッティングでは眠るときの服装に近いほうが枕の正しい高さ調整ができます。

 

パジャマと同じくらいの厚さの生地の、ブラウス・シャツ・Tシャツ・カットソーが良いですね。

 

フード付きのトレーナーや、ボリュームのあるダウンジャケットなどを着用したままですと、正しいデータがとれません。
計測時はそれらの洋服は脱いでいただけるように、シャツなどのご準備をお願いいたします。

 

「わたしん」のオーダーメイド枕について詳しくはこちらもご覧ください。

 

 

  オーダー枕は、その後の「メンテナンス」が重要です

 

「わたしん」では、オーダーメイド枕をご購入いただた方のために「5年間定期メンテナンスパック」をご用意しています。

 

ご購入時にはお客さまにぴったりの高さ・お気に入りの柔らかさに調整してお渡ししますが、その後定期的な調整を行うことで、より快適な眠りをお約束する「わたしん」独自のサービスメニューです。

 

人の体型って、ずっと同じではないですよね?

時間の経過によって太ってきた、痩せた、もしくは、筋肉の質が変化した、とさまざまです。

ですので、体型の変化によって最適な枕の高さが変わることもあるので、プロの目による定期的なチェックをおすすめします。

 

 

それから、定期メンテナンスでは、ヘタリ具合のチェックを行います。毎日の睡眠で頭を支えてくれている枕ですので、詰め物がへたってくると、高さも変化してきます。これを放置してしまうとどんどん変化して合わない枕になってしまうので、適切に詰め物の素材を補充していきます。

 

 

さらに、半年に一度行うと安心で効果的な「除菌・消臭」もできますよ!

 

質の高い眠りのカギとなる枕。ぜひ快適な眠りを長く維持していただくために、これらのメンテナンスをしながらご使用くださいね。

 

「オーダーメイド枕の5年定期メンテナンスパック」について詳しくはこちら

 

現在、LINE@の友達を募集しています。

登録すると、その場で使える1,000円クーポンを配布中です!

PCの方は「@watashin」で、LINE内で友達検索してみてください。

  • 掲載日:2018年7月31日

ダニ・カビ対策は大丈夫? 梅雨時の「ベッド」と「枕」

  寝具の「防ダニ対策」をしていますか?

 

 

ジメジメした梅雨の時期。洗濯物をカラッと乾かしたいのに、雨のために部屋干ししなくてはならないのは憂鬱ですね。

空気がジメジメすることによって、寝具もまた影響を受けます。天日干しできない日が続きますが、そんな時期に心配なのが「ダニ」の問題です。

薄手の掛ふとんなど、丸洗いできる寝具は良いのですが、困るのがベッドのマットレスです。汚れやダニが気になっても、丸洗いするわけにはいきません。

皆さまは、ベッドマットレスの「防ダニ対策」をしていますか?

 

 

ダニは、人間のフケや垢をエサにして生息するため、私たちの居住空間から完全に除去することは難しいといわれています。

高温で湿度の高い環境を好むため、1年のなかでも梅雨から夏場にかけて多くなります。

「ダニのことは気になっていたけれど、まだ特に何もしていなかった」という方へおすすめなのが、気軽に使える「防ダニシーツ」の活用です。

「防ダニシーツ」とは、ダニが通過できないように細かい繊維を高密度で織り上げたシーツのことで、マットレスにダニが繁殖するのを抑えるのに効果的です。

湿気が多いとダニにとって好条件になってしまうため、マットレスに汗が浸透しないようにすることも重要です。

マットレスの湿気対策には、マットレスの上に眠っている間にかく汗を吸収してくれる「ベッドパット」を敷くと良いでしょう。

 

 

  「枕のお手入れ」を意外と忘れがちです

 

 

待ちわびた梅雨の晴れ間、「掛けふとんと敷きふとんをしっかり日光に当てて干したから大丈夫!」と一安心。けれど、枕は?

大物のふとん類は外に干しても、枕は干さないというお宅も多いようです。

しかし、梅雨の時期こそ力を入れたいのが「枕のカビ対策」です。

数ある枕の素材のなかでも、カビが発生しやすいのが低反発枕に使われているウレタン素材。

立てかけて通気をよくして、湿気を発散させることを忘れないようにしましょう。

さらに、湿気を逃がすように意識することに加えて、「除菌・消臭」のお手入れを併用することをおすすめします。

除菌消臭といっても、家庭用のアルコールスプレーを吹きかけるタイプのものではありません。

病院や産婦人科などでも使用されているほどの強力な除菌パワーを発揮する機器を使った「除菌・消臭」があります。

1年から1年半に一度、季節の変わり目に寝具に施すと効果的です。

 「寝具の除菌消臭」について詳しくはこちら

 

また、汗をかきやすい時期ですので、枕カバーをいつも以上にこまめにお洗濯することも大切。洗濯物が乾きにくい時期ですから、替えの枕カバーも用意されると安心です。

枕カバーは手持ちのタオルなどでも代用できますが、直接顔が触れるので、何よりも肌触りが良いことが求められます。

お肌や髪の毛が触れても安心な天然素材で、吸湿性・通気性が高いことも重要です。

さらに、体型に合わせて高さを調整した枕には、その高さに影響を与えないような、薄手かつ上質な素材であることも大切です。

せっかくこだわって選んだ枕。カバーもお気に入りを探してみると、もっと愛着がわくかもしれません。

 

 

  梅雨の時期にオススメのふとん

 

梅雨の時期は、気温差が激しく暑い日や涼しい日が交互にやってきたりします。

衣替えでしまいこんだ冬物の上着をひっぱりだすことも。

衣服だけでなく、寝具も調節が難しいですね。

そこで、初夏から梅雨の時期にかけて、本格的な夏を前に1枚あると便利な寝具が、「薄手の羽毛ふとん」です。

羽毛は冬の寒い時期だけのもの、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのボリュームによって使い分けすることで、意外と年間を通じて重宝する寝具素材でもあるのです。

 

 

軽くてあたたかいというほかに、羽毛は外気ふとんの中の温度をうまく調整してくれるという優れた特徴があります。その点から、薄手の羽毛ふとんが気温差の激しい梅雨の時期にあると便利なのです。

種類も「羽毛の中厚ふとん」、「羽毛の肌掛け」、「ダウンケット」などがあり、ご自宅の環境やお好みによって選択できます。

 

 

  寝具リフォームコンサルタントが常駐する寝具専門店「わたしん」

 

千葉県と茨城県に店舗がある「わたしん」には、羽毛ふとん・シープトン・枕を中心とした寝具のメンテナンスに関する知識を備え、お客さまに適切なアドバイスができる「寝具リフォームコンサルタント」が常駐しています。

「寝具リフォームコンサルタント」は、梅雨の間や季節の変わり目の寝具のお手入れ方法や、快眠のためのアドバイスをいたします。

意外とわからないことが多く迷うことが多い寝具のお手入れ。

大きさが大きいだけに、手入れをするだけでも簡単にはいかないことも多いものです。

毎日の快適な眠りのために、1年間の四季に応じて適切なメンテナンスをすることが大切ですので、ご家族の寝具を定期的に点検・見直しすることをオススメします。

そして、例えば今回ご紹介した梅雨の時期に快適に使用できる「薄手の羽毛ふとん」を、不要になった羽毛ふとんからリフォームしてお作りするというようなご相談も受けたまわることが可能です。

古くなった手持ちのおふとんを利用して、新しく使い勝手よく生まれ変わらせる可能性があります。

処分しようかどうか迷っていた羽毛ふとんなど、「寝具のリフォーム」の相談をお受けします。

 

 

寝具に関するお悩み・ご質問・ご相談は、ぜひお近くの「わたしん」へ。

「防ダニシーツ」・「除菌消臭」・「枕カバー」・「初夏用の羽毛ふとん」のお取り扱いがございます。

お近くの店舗はこちら

  • 掲載日:2018年6月7日

「母の日」や「父の日」に “感謝が伝わる贈り物” オススメ2品

 “母の日”の贈り物はお決まりですか?

 

今週末、5月13日は母の日です。

年に一度の母の日、お母さまへ「ありがとう」と日頃の感謝の気持ちを伝えたいですね。

 

面と向かって直接感謝の気持ちを伝えるのはちょっと照れくさいものですが、贈り物と一緒に言葉を添えるなら伝えやすいのではないでしょうか。

 

母の日の贈り物はもうご用意していらっしゃいますか?

毎年のことなので、何にしようかネタが尽きてお悩みの方も多いと思います。

特に離れて暮らしているお母さまですと、普段の生活の様子がわかりにくく、どういったものが欲しいか感じ取りにくいものです。

そういった場合は直接お母さまの欲しいものを聞いてみるのも良いかもしれません。

 

 母の日の次は、6月17日の”父の日”です

5月に「母の日」、そして6月には「父の日」がやってきます。

 

母の日には気合を入れて贈り物やお祝いをしたのに、なぜか父の日は忘れてしまった……そんな経験はございませんか? 

ちょうど1か月の開きがあり、忙しくしているうちに日にちが過ぎてしまうのかもしれません。

お店などでも、ピンクや赤の華やかな色使いのポップやポスターが多い母の日に比べ、父の日は男性らしいブルー系の渋い印象が、目立ちにくいことも影響しているかもしれません。

 

母の日の贈り物を考える際に、父の日へ贈り物も一緒にセットでご用意してみるのも良いかもしれません。

ご両親への感謝の気持ちを表したなら、きっと喜ばれることでしょう。

 

 

 プレゼントにぴったり「今治タオル」が選ばれる理由

 

日常生活で愛着を持って使っていただけるもの。

お母さま用・お父さま用にペアで用意できるもの。

そして、贈り物として渡したときに一目見て「わあっ、嬉しい」と感じてもらえるような、見た目にもちょっと華のあるもの。

 

贈り物に求める条件は人によってもさまざまだと思いますが、年齢を重ねたご両親に喜んでいただけるような上質感があり、暮らしをより良くしてくれるアイテムがオススメです。

 

お母さまとお父さまへの贈り物に、上質なペアの「今治タオル」はいかがでしょうか。

 

 

「”今治タオル”って何がいいの?」という質問をいただくことがありますが、他のタオルとの違いについて、意外と知っている方は少ないかもしれません。

 

その特徴として、まずは“ふんわりとやわらかな触り心地”が挙げられます。

温暖な気候と豊かに流れる蒼社川の伏流水はタオル作りに適した軟水です。

この水が、糸や生地にやさしく、綿が本来持っている柔らかさを引きだします。

 

さらに、品質保持のために決められた厳しい基準がいくつもあります。

例えば「5秒ルール」。タオル片を水に浮かべたとき、5秒以内に沈み始めるかどうかという基準です。

今治タオルの最大の特徴である「吸水性」を保証するため、産地で独自に設けた品質基準のひとつです。

 

これらのルールをクリアした製品のみが「今治タオル」ブランドと認められ、店頭に並びます。

 

「わたしん」旭店では、この「今治タオル」製品の取扱いが千葉県最大級です。

世界に誇る「今治タオル」の心地よさを店頭でお試しください。

 

“今治×西川”のタオルショップ「タオリエ」について詳しくはこちら

豊富な”色・柄・風合い”がございます。ギフトに最適な“名入れ刺繍”も可能です。

 

 

 

 「オーダーメイド枕」はこれからの健康を願う贈り物

 

「ずっと健康でいてほしい」。誰もが望む、お母さまとお父さまへの思いではないでしょうか。

 

毎日の睡眠をより良いものにできたなら、それは、これから先の健康にも大きく影響することです。

 

「オーダーメイド枕」は、お一人おひとりの体に合わせてお作りします。

使用することで、“朝起きたとき腰が痛い“などの不調が改善したというお客さまの声も多くいただいております。

 

お母さまやお父さまが、なかなかご自分で枕のことを気にかけていなかったとしたら、ぜひこの機会にギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか。

 

 

「わたしん」のオーダーメイド枕について詳しくはこちら

 

 

 「わたしん」には、ピローアドバイザーが常駐しています

 

「わたしん」各店には、眠りの専門家「スリープマイスター」が常駐しています。

「スリープマイスター」とは、日本唯一の睡眠を科学する「日本睡眠科学研究所」が認定した睡眠コンサルタントです。

 

スリープマイスターは、睡眠科学や快眠環境などの専門講習を受けた“眠りのプロフェッショナル”。

快適な眠りにつくための環境の整え方や寝具選びをご提案します。

 

「ずっと健康でいてね」という思いをこめて……

ウェブからの来店予約でオーダー枕5年間の定期「メンテナンスパック」10,000円(税別)をもれなくプレゼントいたします。

 

 

お近くの「わたしん」店舗はこちら

 

  • 掲載日:2018年5月7日

食べて快眠!そのおすすめ食材とは? 体調を崩しやすい季節に、朝の目覚めが変わる枕

快眠のためにおすすめの食材は?

 

効率的・効果的な眠りにますます注目が集まっています。

皆さんは、普段口にする食べ物と眠りの関係について考えてみたことがありますか?

身体は食べた食べ物でできているともいえます。

心地よい眠りのための生活習慣として、プラスになることはぜひ取り入れてみていただきたいと思います。

そこで今回は、質の高い睡眠の助けになる食材についてご紹介します。

 

まずは「バナナ」です。

 

 

バナナに含まれる[トリプトファン]は、睡眠を促すホルモンである[メラトニン]に変化するため、摂取すると寝つきがよくなるといわれます。

寝る前に食べるのではなく、朝食のメニューに加えるのがおすすめです。

朝食を毎朝食べることも良い眠りのためには大切です。

 

バタバタと忙しくて時間がない朝。

バナナは調理しなくても手軽に食べられるため、そういった意味でも重宝する食べ物でもあります。

 

もちろん毎日バナナのみの朝食では栄養が偏ってしまうため、

パン派の方もご飯派の方も、魚・卵などのタンパク質を一緒に摂ったり、野菜のおかずも合わせてバランス良い食事をいつも心がけたいですね。

 

 

それから、「セロリ」や「パセリ」も眠りの助けになる食材です。

 

 

独特の香りや味がちょっと苦手な方も多いかもしれませんが、

セロリの[アピイン]、パセリの[アピオール]など、強い香りの素になる成分が、精神安定や疲労回復をもたらし、穏やかな睡眠を促すようです。

 

セロリはトマト風味のスープに他の色々な野菜と一緒に入れると、お子さまでも食べやすい味になるのでおすすめです。簡単にできる市販のピクルス液に漬けてセロリピクルスを作るのも良いですね。

 

パセリはオムレツやパスタに混ぜると、彩りも美しくなり食欲がわく一品になります。普段あまり口にしないという方は、ぜひトライしてみてください。

 

 

就寝前のほっと一息タイムが眠りをより良いものに

 

寝る前に、リラックス効果や体を温める効果がある”ハーブティー”を飲むのもおすすめです。

 

 

ハーブティーはカフェインゼロ。眠りの妨げになりませんので、眠る直前の飲み物として最適です。

 

ゆっくりと香りを楽しんで、温かいハーブティーを飲む時間。

今から眠りにつくという準備になり、香りによって心を落ち着かせることもできます。

この時間はテレビやスマホは見ずに、静かに過ごすことが安眠への近道です。

 

「わたしん」旭店や銚子店では、穏やかな眠りを促す”ハーブティー”のお取り扱いがございます。どれを選んだら良いかわからない、という方も、お気軽にご相談ください。詳しくはこちら

 

 

 春から初夏にかけて、特に眠りの大切さを実感する時期です

 

就寝中、脳と身体がリラックスすることで1日の疲れをとることができます。

今月から新年度がスタートし、もうすぐやってくるゴールデンウィーク、そして6月〜7月の梅雨の時期と、環境の変化による疲れと季節の変わり目につきものの気温差によって、体調を崩してしまう場合があります。

 

新しい環境に慣れることができずにストレスが溜まっている状態や、睡眠不足が続いてしまうと、精神的にも肉体的にも良くありません。

日々、質の高い睡眠をとることがとても重要です。

毎日よく眠り、心と体をリセットして、元気に過ごしたいものですが、

そのためには寝具選びも大切なのです。

 

余計な負担のかからない”敷ふとん”や”枕”を選んで使うことは、質の高い眠りのために必要不可欠といっても過言ではありません。

 

 

 朝の目覚めが変わる枕

 

朝起きて、「疲れが取れない」、「肩や首が凝っている」、「体がだるい」といった症状はありませんか?

 

それは枕が合っていないことが原因かもしれません。

理想の寝姿勢は、自然に立った姿勢でそのまま横になり、その姿勢をキープしておくことです。

 

一人ひとり頭の形や首の形状などが違います。

ぴったりの枕が見つからないのは、あなたの頭部や首の形状にあった枕ではないからです。

 

また、1/3の方は睡眠に関して何らかの悩みを持っているといわれています。

特に「枕」に関しては、「高さが合わない」、「寝て起きたときに首が凝る」、「肩が痛い」、「寝返りがしにくい」などの悩みをよく聞きます。

そういったお悩みを解決してくれるのが、「オーダーメイド枕」です。

 

 

「わたしん」では、”素材”、”高さ”など、お客さまの体型やお好みに合わせてフィッティングをして、快適な枕をお作りいたします。

オーダーメイド枕について詳しくはこちらをご参考ください。

 

  • 掲載日:2018年4月19日

肩こり、頭痛に悩んでいたお客さまの声 ~オーダー枕ご購入者の感想~

 

体調を改善したいというご希望で、

ご自身に合う寝具をお探しだった31歳、女性のお客さまに

ご来店いただきました。

 

まず、肩こりや頭痛があるというお悩みや

毎日お使いの寝具の状況についてお伺いしました。

 

眠りに関する専門知識を持つスタッフが

ヒアリングの結果ご提案したのは「完全オーダー枕」。

 

枕が合っていないことが原因で

寝返りがうちにくい状況や、

身体の一部に負担がかかる寝具環境が

肩こりなどの不調につながることがあります。

 

 

適切な枕の高さは、その人の体型と

実際に使用する敷きふとんによって違います。

 

同じ人でも、敷きふとんが違うと

ぴったりな枕の高さも微妙に違うのです。

そして体型も、個人差はありますが数ヶ月、1年と経つことで

太った、痩せたなど変化することがあります。

 

後頭部から首の後ろ、背中にかけての曲線を

専用の測定器で測ってみると、高めの枕が良いか、

それとも低めの枕が良いかがわかります。

 

そして、敷きふとんの上に横になり枕を合わせ、

横向きのとき、仰向けのときそれぞれに

首と頭の傾きがちょうど良く背骨のラインにつながる

適切な高さに微調整していきます。

 

その調整に使うのが、数種類からお好みの感触を選べる

素材違いの詰め物です。

 

ふかふかした柔らかめの感触、少し固めの感触など、

やはり実際に触って、横になって頭にあててみないと

どれが良いかはわかりません。

 

何回か横になって試すことを繰り返して、

お客さまに合わせたオーダーメイド枕をお作りしていきます。

 

 

今回のお客さまからはご購入後のアンケートで

「店員さんに大変親身に相談にのっていただき、

実際に使用している布団を持ちこんで枕の調整を行いました。

おかげで自分に合う枕をつくることができました」

という感想をいただきました。

 

今後も定期的な枕の使用感の点検をしながら、

快適な眠りのお手伝いを行う予定です。

 

快適な眠りと充実した日常のために

ご自身に合った枕について考えてみませんか?

 

「オーダーメイド枕」に関して詳しくはこちら

  • 掲載日:2018年3月7日

ウェブ来店予約でお得!  オーダーメイド枕の「メンテナンスパック」

睡眠負債という言葉が話題になるなど「眠り」が注目される今、

世の中には睡眠に関する情報が増えています。

このことがきっかけになって、自分の睡眠環境を

あらためて見直している方も多いようです。

 

睡眠不足は単純な問題ではないことがわかったので

生活時間を改善しようとする意識が強くなっています。

「健康」「効率的」「快適」という言葉が

忙しい日々を送る現代の人々が気にかけている

キーワードになっているようです。

 

毎日の睡眠で充分休み、疲れをリセットする。

本来当たり前のようでいて、現代人には少しハードルが高くなった

「質の良い睡眠」を効率的にとるために、

お一人ひとりの身体に合った寝具選びは重要なポイントです。

 

 

眠りの専門店「わたしん」では、オーダーメイドでお作りする枕をはじめ

各種敷きふとん、掛けふとん、ベッドを取り揃えております。

 

スタッフは眠りに関する専門知識をもっておりますので

お客さまの睡眠環境を伺い、最適な寝具をご案内し

お喜びの声もいただいております。

 

特に

「オーダーメイドの枕」は、販売・お渡しした時点で完了ではなく、

そこからがはじまりと考えています。

 

お店で調節した枕の状態と、お客さまが普段寝ている環境の違いによって

微差が生じることもありますし、

お客さま自身の体型も変化するものです。

体型の変化によって、横になったときの

枕に対する角度が変わってきます。

 

そのようなケースは当然どのお客さまにも当てはまること。

最適な睡眠環境を目指し、定期的に見直しして

枕の詰め物の増減をするなど、メンテナンスすることをおすすめいたします。

 

美容院に行って髪のお手入れをすることや

歯科医院で定期健診をするような感覚と思っていただければと思います。

 

「購入してからしばらく経っている枕がある」

「最近枕が合っていないかも?」

そんな方は、ぜひ「わたしん」にご相談ください。

 

こちらの「わたしん」のウェブサイトから来店のご予約をして

オーダーメイド枕を購入された方に

「5年間の定期メンテナンスパック」(10,000円+税)を

プレゼントいたします。

 

 

詳しくはこちらにてご案内しております。

  • 掲載日:2018年2月15日

良く眠れる「抱き枕」の選び方

横向きで寝るときに、

腕を組んだり

腕を伸ばしてみたりしたものの、

何となく寝る体勢が落ち着かないときってありませんか?

 

いつもより疲れた日ほど

脳が興奮状態で落ち着かず眠りにくいこともあります。

 

そんなとき、「抱き枕」を使用することで

体勢が楽になる効果が期待でき、

柔らかい枕に抱きつくことで精神的にも落ち着いて

すんなりと入眠することができます。

 

近年では横向き寝用のサポート寝具、

妊婦の方向け、いびき対策用など、

目的別の抱き枕が多数販売されています。

 

抱きつきながら眠ることで得られる

「安心感」や「癒し」効果を高めるために

まるで “ぬいぐるみ” のようなデザインのものも。

可愛らしくてインパクトのある商品は思わず目を引きますね。

 

日常生活のストレスや疲労を日々解消することは

すべての人にとって大切なことです。

 

オンタイムの活動を充実させるために

「休むこと」も大切な仕事の一つ。

ゆっくりお風呂に入ること、

のんびりお茶を飲むことのように、

眠るときにリラックスするための工夫を

もう一度見直してみることをおすすめします。

 

「抱き枕」を取り入れてみることはその工夫の一つです。

 

そして

抱き枕を選ぶ際の重要なポイントは「使う目的」です。

見た目のイメージや価格ではく

まずは目的をしっかり定めてから探しましょう。

 

枕の形状、詰め物の素材などの種類は豊富にあり、

普段の寝姿勢や目的によって、最適な抱き枕はさまざまです。

 

妊婦さんが大きくなったお腹でも楽に眠るためや、

腰痛の方のお悩みを緩和するため、

入眠しやすくするためなど用途によって異なるので

確認して実際に試してみることが

ぴったりのものを見つける近道。

 

カバーがあって洗うことができるタイプだと

常に清潔に使用できるので安心です。

 

 

ご自身にぴったりの快適な「抱き枕」選びは

「わたしん」各店のスタッフにご相談ください。

「わたしん」各店はこちら→http://watashin.com/shop/

  • 掲載日:2018年1月23日

羽生結弦選手が使用する「オーダーメイド枕」とは?

2018年2月に開催される平昌(ピョンチャン)オリンピックで、

メダルが期待されるフィギュア日本代表の羽生結弦選手。

 

男子66年ぶりの連覇が期待される羽生選手が

遠征先で使う寝具として選んだのが

西川のオーダーメイドブランド「&Free」の

オーダーメイド枕です。

 

スポーツ選手は練習や大会出場で遠征することが多くあります。

長時間の移動や、慣れないホテル等の部屋で生活をしながら

コンディションを整えなくてはなりません。

 

これまでは遠征先のホテルの枕が大きすぎたり、硬かったりして

首の痛みや張りの原因になっていたという羽生選手。

自身の身体に合わせて作った「&Free」の枕を使うことで

「呼吸が楽になり、首の張りも改善されてきた印象がある」と

感じているそうです。

 

どんな環境でも

身体能力を存分に発揮しなければならないのがアスリート。

世界の舞台で挑戦し続けるために、「眠り」が重視されています。

眠りにつく前にイメージトレーニングをするなど、

羽生選手の寝具に対する思いがインタビューから伝わってきます。

 

 

さて、羽生選手も愛用の寝具ブランド「&Free」は

創業450年を迎えた東京西川が

これまでの技術を結集させて、お客さま一人ひとりの

体型や体重にあわせた寝具がオーダーメイドできるオリジナルブランドです。

 

「&Free」の「&」は「つながり」を、

「Free」は「素の自分へ戻り、本来持っているチカラを引き出すこと」を

意味しています。

 

ふとんの中にいるときは、素の自分へ戻って

本来持っているチカラを引き出すメンテナンス時間ととらえ、

一人ひとりに合わせた質の高い眠りを提供することがコンセプトです。

 

オーダー枕のほかにも、

マットレス、ベッドフレーム、ドクターセラ、羽毛ふとん、ベビー用寝具など

幅広いラインナップがあります。

 

「素の自分に戻る」というコンセプトの通り、

シンプルでナチュラルなイメージを大切にした「&Free」シリーズは、

お部屋を上質な雰囲気にまとめてくれる存在感があります。

 

穏やかな気持ちになれるナチュラルカラーと

上質さが感じられるがモダンなデザインが

おしゃれなお部屋にぴったりです。

 

現在ご使用の寝具のデザインがインテリアと合わない、

好みと違う、と感じていらっしゃる方にも

「&Free」は大変おすすめです。

 

身体に合わせた高品質の機能性と、

心地よい暮らしに調和するデザインが

毎日をよりよいものに変えてくれます。

 

 

「&Free」は「わたしん」旭店(TEL:0479-62-0234)にて取り扱っております。

詳しくは、こちらもぜひご覧ください→http://andfree.jp/

  • 掲載日:2018年1月9日

幸せになる枕の向きは?

もうすぐお正月。

会社でもご家庭でも

大掃除をしたり、鏡餅やお正月飾りの準備など、

新しい年を迎える準備に忙しい時期ではないでしょうか。

 

普段より丁寧に掃除をしたり、新年を迎えるためのお飾りを飾る……

これらはすべて一年を無事に終えられることに感謝し、

新年も良い年になるように願いを込めて行う伝統行事です。

 

普段から、運勢を占う雑誌やウェブサイトの特集を

チェックするのがお好きな方も多いと思います。

 

「開運」、「運勢アップ」など、魅力的なフレーズです。

「西に黄色のものを置くと金運アップ」や、

「良い運気を呼び込むために玄関は常に清潔に」など

風水にもとづく、方角やカラーの考え方があります。

 

みなさんは、寝るときの枕の向きを意識していますか?

 

「北枕はよくない」と言われていますが、

風水的には健康運・金運アップの向きだそうです。

亡くなった方を北枕にすることから、

あまり縁起の良くないイメージがついてしまったのかもしれません。

健康運や金運は性別・世代を問わず望まれる運気です。

 

逆に、気持ちが高ぶって寝つきが悪くなるのは

「南枕」なのだとか。

「東枕」は仕事運・成長運がアップし、

「西枕」は心穏やかにしたいときにおすすめの向きとのこと。

ただし、西枕は若さが失われる向きともいわれるため、

女性には好ましくない向きかもしれません。

 

皆さんはどんな運気をアップさせたいでしょうか?

お部屋の間取りによっては

枕を好きな向きにするにも制限があるかもしれませんが、

毎日の眠りが良い「気」の流れで

運気アップにつながると良いですね。

 

 

いずれにしても、快適な眠りのためには、

身体にあった枕選びが大切です。

 

起きたときに首や背中、腰が痛いなど、

「枕が合っていないかも?」と思ったりしていませんか?

そんな時は、枕が体にあっていないこともありますし、
敷きふとんやマットレスが体にあっていないということも多々あります。

実は、人の体って

首の形、頭の形など一人ひとり違いますので
本当にその方にあった枕にしようと思うと、最終形は
オーダーまくらなんです。

日々のライフスタイルを伺いながら、頭部や首の形など計測をして
プロのまくらアドバイザーがカウンセリングいたします。

少しでも気なることがある場合は、お気軽に

わたしん にご相談ください。

 

お使いの敷きふとんやベッドのかたさによって、

また、その人の体型によって、ぴったりな枕は違います。

 

枕選びは、信頼のおける専門店で

実際に横になってみて選ぶことをおすすめします。

枕選びのそのひと手間が、毎日の睡眠の質を変え

上質な毎日を過ごすことにつながります。

 

新年をより充実した日々にするために

運気がアップする向きで、そして最適な枕で眠ってください。

 

眠りに関する専門知識をもつ「ピローアドバイザー」が

最適な枕選びをご提案いたします。

おすすめの枕はこちら→http://watashin.com/bedding/page/4/

  • 掲載日:2017年12月28日