わたしん 眠りBlog

ふとんと抗ウイルスと抗菌の関係について

「ウイルスに負けない の巻」

 

前回、コースケに「コロナとか、インフルエンザのウイルスを

やっつけることのできる寝具、ないかな~」なんて頼まれて、

調べたけど、そんな便利な寝具はニャイという結論だった。

前回の内容
https://watashin.com/blog/200316/

 

でもね、ウイルスは無理だけど、ばい菌なら、抗菌防臭寝具で、

驚くくらい防げることもわかったニャ。

あ、ウイルスとばい菌の違いは、ここで説明するのは

ちょっと難しいので、後まわしニャ。

 

 

ただ、今回は、寝具そのものじゃなくて、

他のグッズのことを書くニャ。

 

それは「ウイルス除去・抗ウイルス」とか書かれたスプレーのこと。

コロナとかインフルエンザを完全に防ぐことができるものはないみたいだけど、

病院や介護施設でも使っていて、これがあるとずいぶんと安心できて、安眠できると思うニャ。

 



スプレーも、空気中に使うものや、物に吹き付けるものなど、

いろいろあるニャ。だから、部屋、寝室にスプレーしたり、

寝具に軽く吹き付けたりすればいいってこと。

 

コースケやマミーも、そんなに若くないし、特にコースケは喘息持ちだから、

コロナウイルスに感染すると心配だニャ。

 

 

だから、スプレーのこと、コースケに教えてやったニャ。

そうしたら、コースケ、「スプレーって、どんなシロモノなんでい」なんて聞いてきた。
コースケは呼吸器系が弱いから、コロナウイルス、すんごく気になるんだニャ。

 

「キティ、おいら、どんな成分がどう効くのか、ちゃんと理解して使いたいんだ。

ほら、カレーだって、インド音楽流しながら食べたほうがウマいだろう?

それと同じってえわけだ、な、わかるだろう」

 

なんかよくわからないこと言ってるけど、アタシ、教えてやった。


「それじゃ、よ~くお聞きよ。

種類によって違うけど、抗菌・ウイルスのスプレーには、

エタノール(アルコール)や銀イオン、

亜鉛イオンなんかが入っていてね、

まずエタノールでウイルスや菌を取り除くんだよ。

そして、その後、銀イオンなんかで、

ウイルスや菌を寄せ付けないようにするんだ。

ね、すごいだろ。

コースケも早く使ったほうがいいよ。

あ、アタシにかけるのだけはよしとくれよ」

 

 

こんなスプレーが家に1本あると、

朝、服やバッグにシュッシュ……。

で、一日中、ウイルスや菌を寄せ付けない。

家では、ドアノブにシュッシュしておけばいいし、

いろいろ使えるニャ。そして肝心の寝室では、

ベッドに入る前に部屋の空気を殺菌するような

気持ちで使うといいニャ。それに、寝具にも軽く吹き付けておく。

 

こうすれば安心して眠れるよね。

安心して眠れるって、すごく大切なことだニャ。

熟睡できるんだから。

 

コロナが大変だから、

アタシのブログもしばらく抗菌のことを中心に書くニャ。読んでニャ。

掲載日:2020年5月4日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

カバーも大事ニャ の巻

アタシ、ネコのキティ。 去年の春から、ア Read more

ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、
アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、

今年22歳になる陸ガメさんで、
アタシの尊敬するピエール兄ちゃんの
四人で暮らしているニャ。

 

前の回の最後に、睡眠不足は免疫力を低下させて、
ウイルス感染にかかりやすくなるって話をちょっとだけ書いたニャ。

 

今回は、このことをもう少し深~く調べてみたよ。
結論から書くと、やっぱり睡眠をしっかりとることは

大事だってことかニャ。

 

どうしてか?

 

いくつか理由はあるけど、睡眠は病気に抵抗する力、
免疫力と関係しているからニャ。

 

ニャンゲンは、眠っている間に、昼間に
活動している間に傷ついた体を
修理(修復)していて、睡眠不足だと、それが十分にできニャイ。

 

すると、病気に抵抗する力、免疫力も低くなってしまうというわけニャ。

昔から「寝る子は育つ」って言われるけど、
なるほどニャ~、

よく寝る子は免疫が強くなって、

 

少しくらいの病気や怪我くらいなら、
薬なんか使わなくても自然に治ってしまう、
だから元気に育つっていうわけだニャ、きっとニャ。

 

こんなアタシのひとり言を聞いていたコースケが話しかけてきた。
「キティも、よく寝るから、元気で大人のネコになれたんだね。
去年、家に来たときは、本当に小さくて、育ってくれるかどうか
心配だったニャ、いや、心配だったよ。そんなキティが、
こんな立派な大人のネコになるなんて……、
本当に良かった~、オーイ、オイオイ~」(^▽^)/

 

 

「あのさ、コースケ、アタシが元気で大人になれたのは、
愛情いっぱいで育ててくれたコースケとマミーのおかげで、
感謝してるけど、なにも泣くほどのことじゃないニャ~。

 

ひょっとして、コースケも、おじいちゃんの年齢に近づいて涙もろくなったんじゃないの?」

 

「そんなことねえよう~。オイラ、北国生まれの江戸っ子で~、
小さなときから感激や~、ちい~とばかり、目から汗が出やすいのはそのとおりでい。
で、キティ、オイラ、聞きてえことがあるんだ。

 

あのな、ばい菌をやっつける寝具みてえなモンはねえのかい?
オイラ、ほら、コロナってのが怖くてしょうがないんだよ~」
「だらしないね、コースケ。しっかりおしよ。ちゃんと調べたからさあ~」

 

で、きちんと調べたニャ。結果を書くと、コロナとかインフルエンザの
ウイルスをやっつけるような、そんな便利な寝具は……見つけられニャかった~、
残念。

でも、前にも書いたけど、ばい菌なら防ぐことのできる
抗菌防臭加工をした寝具はたくさんあって、普通の寝具に
比べるとずいぶん菌を減らせるものがある。

だから、これからは、抗菌防臭加工の寝具が
人気になると思うニャ。ひょっとすると、
買い占められて店からなくなるかも~?

 


というわけで、次回は、それと抗菌防臭加工の寝具に
ついて書くことに決めた。読んで参考にしてニャ。

掲載日:2020年3月16日

人気記事
関連記事
花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

カバーも大事ニャ の巻

アタシ、ネコのキティ。 去年の春から、ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」

前回のブログは寝具と花粉の話を書いたニャ。

読んでくれたよね、ね……? あ、……ありがとう。

 

 

というので、ご好評にお応えして、

 

「ザ・花粉 2」

 

どうしてかといえば、寝室と花粉について、

いくつか書き残したことがあったから。

 

一つ目は、換気の話だニャ。

 

 

まず知っておいてほしいのは、

花粉が飛ぶ時間のこと。

 

 

花粉は午前中、10時ころから飛び始めて、

アタシが昼ごはんを食べているころから

夕方にかけて、

すごく多く飛ぶニャ。

 

 

だから、この時間帯には、

窓を開けないほうがいい。

 

逆に、窓を開けて換気するときは、深夜とか、

朝早い時間がおすすめ。

 

二つ目のカギは、「コロコロ粘着テープ」。

感のいいニャンゲンはわかったと思うけど、

コースケはどうかニャ?

 

「なんだよキティ、そのくれえ、オイラがわからないわけ、

ねえじゃねえか。そりゃあ~、なんだ~、

粘着テープってえくれえだから、

 

 

花粉をくっつけてとっちまおうってことだろ?

え? どうでい? 当たりだろ……」

ちょっと簡単すぎたかな。

 

 

そう、コースケの言うとおり、ベッドに入る前に、

枕カバーや布団カバーをコロコロするニャ。

その後、ベッドシーツもコロコロ。

 

 

アタシの抜け毛にもコロコロ、コロコロ、……それはNО。

前回のブログの内容に加えて、

ここまで花粉を取ると、

もう、寝室に花粉はどこにもニャイ、ってくらいになる。

 

 

あと、この時季に注意したいのは、

寝具や洗濯物を外に干さないで、乾燥器を使ったり

部屋干しにすること。エアコンを使うときは、

その前に吊るすと早く乾くからいいよ。

 

 

どうしても寝具をお日様で干したいときには、

花粉やホコリを通さない、布団を干す専用の

袋があるから、そんなのを使うのもいいかもね。

 

 

もう一つ、小さいことだけど、部屋の中では、

あまりドスドス歩かないことも大事。

花粉が舞い上がるから……。

 

 

だから「和」の心で、「そろーり」「そりーり」、

「チントンシャン」って歩くのが基本だよ~って、

誰かが言ってた。

 

 

その点、アタシは「和」とは関係なく、

なんてったってネコだから、しなやかなネコ足で歩く。

なので花粉なんか舞い上がらニャイよ。

最後に大事なことを一つ。

 

 

睡眠不足になると免疫力が低下して、

ウイルスに感染しやすくなるっていうデータもあるらしいニャ。

これって、日本でも心配な新型コロナウイルスって

いう病気を防ぐにも、しっかり眠ることが大事ってことだよニャ。

 

 

やっぱり、もっともっと真剣に寝具のこと考えなきゃいけないニャ。

あ、なんだかアタシ、眠くなってきちゃった。

掲載日:2020年2月26日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

カバーも大事ニャ の巻

アタシ、ネコのキティ。 去年の春から、ア Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、
アタシの言うことは何でもきいてくれる


ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年22歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

 

寒い夜はマミーのベッドに入って一緒に寝ることが多い。

コースケは夜中に仕事してるけど、たまに普通の時間に寝るときは、

コースケのベッドでも寝ることがある。

 

 

ただ、コースケは汗っかきなくせに寒がりで、

分厚いトレーナーなんかを着たままベッドに入ることもある。

だから、布団の中が蒸れてしまう。

 

そこでアタシはコースケのために調べてみたんニャ、

布団の中が蒸れないようにするモノがあるかどうか……。

 

 

最初に見つけたのは、前々回のブログで書いたシルクの寝具。

 

 

これはいいと思うニャ。値段はやすくはないけど、

手入れもいろいろ気を使わなければいけないみたいだけど、

アタシとしてはおすすめだニャ。

だからアタシ、布団から出ちゃう。

 

 

でも、調べているうちに、へ~、

こんなのもあるんだ!というのを見つけた。

寝具用の除湿用品。「除湿シート」とか「除湿マット」とか、

「すのこ型の吸湿マット」とか、いろいろあって、

値段も安いものは3,000円くらいからある。

 

 

洗えるものが多くて、防カビ、防臭加工をしてあるものもあるニャ。

 

 

とくに、梅雨の季節には湿度が高くなって、

布団も何となく湿った感じになって、気持ち良く眠れなくなってしまうもの。

部屋に除湿機を入れるのも方法だけど、布団の湿気をとるのは簡単じゃニャい。

え? 布団乾燥機がある? そうだニャ。

でも、布団乾燥機は掛布団には効果的だと思うけど、

敷き布団にはどうかな~、ってネコながらに思う。

 

 

 

で、寝具用除湿グッズに話を強引に戻すと、

やっぱり使ってみる価値はありそうだニャ。

 

 

その前に、どうして敷き布団が湿るのかってことを、

いつものようにコースケに質問しながら教えてやったニャ。

 

 

「そりゃ~、キティやん、オイラみてえに汗かくからだろ? 

普通のおヒトだって、コップ1杯くらいの汗をかくっていうじゃねえか。

オイラなんか、たぶん2杯とか3杯くらいはかくんじゃないかな……、

え、どんなもんでぇ」

 

 

コースケ、そこは自慢するトコじゃニャい!

たしかに半分はそのとおり。

でも、もうチョイとばかり科学的な理由もあった。

それは、敷き布団がニャンゲンの体温と床の冷気の間に

挟まれる形になっているからだニャ。

 

 

「暖かさ」と「冷たさ」が敷き布団のところで出会って、

そこに愛が生まれ、いや湿気が生まれてしまう。

 

 

だから、敷き布団が湿るんだって。あ、話は違うんだけど、

ウチではアタシは「キティやん」って、「やん」付けで呼ばれてるニャ。

一部にはヤンキーの「やん」だって説もあるけどニャ。

 

 

でも、乃木坂46の卒業を発表した白石麻衣ちゃんも

「まいやん」って呼ばれてるし、本当はアタシ、

かわいいから「やん」付けて呼ばれてるにちがいニャイのだ。テヘ。

 

 

あ、また話は戻るけど、布団の除湿用品が必要か

どうかは寝室の床なんかによっても違ってくるみたいだニャ。

畳の部屋で、朝、布団をあげたとき畳や布団がジットリと

湿っている状態なら使ったほうがいいし、フローリングの

床に敷き布団を敷いている場合も絶対必要。

 

 

ベッドなら、そんなに必要なさそうだけどニャ。

また次回、読んでニャ~。

掲載日:2020年2月10日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

カバーも大事ニャ の巻

アタシ、ネコのキティ。 去年の春から、ア Read more

カバーも大事ニャ の巻

アタシ、ネコのキティ。
去年の春から、アタシの言うことは何でも
きいてくれるニャンゲンのコースケと、
その奥さんのマミー、今年22歳になる陸ガメさんで、
アタシの尊敬するピエール兄ちゃんの四人で
暮らしているニャ。




少し前から、すごく寒い夜はマミーの
ベッドに潜り込んで寝ている。



あったかくて気持ちいい。
特に、毛布と布団(布団カバー)の間で
寝るときが最高だニャ。


だって下はフワフワの毛布、
上はサラサラの布団なんだから……。

そこで少し気になることがあった。
それは、布団にはどうしてカバーが
付いているんニャ?ってこと。

 

もちろん、好奇心、知識欲が旺盛なアタシ、
キティは、何冊も本を読んだり、ネットで調べたりしたニャ。
そこでわかったのは、布団カバーって、
思っていた以上に、しっかりした役割があるってこと。
で、またまたコースケに教えてやったニャ。


「コースケさん、お前さん、
布団カバーって何のためにあるか
知っておいでかえ?」


「キティ、オイラをバカにしちゃいけねえよ。
そりゃあ、カバーっていうくらいだから、
なんだ、布団をカバーするってことだろうよ。
な、ちゃんと知ってるだろ?


ありてえに言えば、布団を汚れから、
それとホコリから守るってこったな」



「やっぱりフツーの答えだねエ。
ま、正直に言うと、
アタシも、それくらいしか知らなかったんだけどね。
それでさあ、ちゃんと勉強したんだよ。


それでわかったのさ、布団カバーって、
布団を守っているだけじゃないってことを。


昔はたしかに布団を保護する役割だったんだけどね、
今じゃ、肌触りの良い素材を使って寝心地を
良くしたものもあるんだよ。お前さんだって、
気持ちがいいからって、アタシの毛にスリスリするだろ? 


それとおんなじさ。それとね、
ホンワカあったかくなるカバーまで
あるってんだから驚いちゃったよ」

  

アタシの話を聞いて、寒がりのコースケ、
マミーに言ってた。「来週、布団カバー、買いに行こうよ」
って。

マミーは、どうして急にコースケが
布団カバーのことなんか言いだしたのか
わからなくて、ドギマギしてた。

ちょっと、お笑いだニャ。



あ、忘れちゃいけないのが、
布団カバーには抗菌防臭加工されたものや、
防ダニ加工されたものもあるってこと。

日本は、アレルギーをもっている
ニャンゲンが増えて、いろんなつらい
思いをしてるよね。そんなニャンゲンには、
いい布団カバーだニャ。




あ、それともう一つ。
ほら、これから春先に花粉アレルギーに
悩まされるニャンゲンが多くなるけど、
花粉を防ぐ働きがあって洗っても乾きやすい
布団カバーもある。

どのくらい効果があるかわからないけど、
重症の花粉症のニャンゲンは、一度試して
みてもいいんじゃないかニャ~。


アタシはサテン織の布団カバーが好きだニャ。
肌触りはいいし、光沢があって高級感があるから。

それでも、アタシのツヤツヤとした毛並みには
かなわないけどね。あ、コースケの布団カバーのこと、
バラしちゃおう。コースケはディズニーのキャラクターで
いちばん好きな「熊のプーサン」の布団カバー使ってる……、
オイオイ、大丈夫か~。

 

 

掲載日:2020年1月31日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

シルクの話の巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、
アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年22歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。



大事なお知らせです。ついにアタシ、
キティは1月の25日に、1歳の誕生日を迎えました~。……、
あ、これ、前回も書いたニャ、ごめん、ごめん。
つい、皆さんに言いたくて……。

 


今回は、前回の続き

 

 

絹の話。アタシの体、正確に言えば毛だけど、
アタシのお手入れがいいから、ツヤツヤ、ツルツル! 

だから、コースケもマミーも、いつもアタシの
身体にホホをスリスリしてくる。
ま、そんな時はアタシも二人の愛情をいっぱい
受けてることを実感できて、うれしいニャ。テヘ。

 

 


そう、アタシ、絹のこと調べてみた。
絹、シルクとも言うニャ。で、シルク、すごい。
シルクの寝具は、アタシの毛にも
負けないくらいなめらかで、肌さわりがグンバツ、
いや抜群! そして何よりもすごいと思うのが、
水分を吸ったり出したりして、
ちょうど良く保つこと。

 

 

 

これがシルクの真綿ふとんですよ。



コースケなんか汗っかきだから、
普通の素材の寝具だと、ベッドに入って、
少し暑いだけで大汗をかいて布団の中が蒸れちゃう。

 


だから蒸し暑くなって掛布団をはね
飛ばしたりするんだニャ。で、

そのまま寝続けると体が冷えて風邪ひいたりする。

 

 


もうずっとこの繰り返し。
これって、健康のためには、いけニャイ。

 

シルクの場合は、汗をかいても吸収してくれて、
それを空気中に出しちゃう。

 


だから、気持ち良くグッスリ眠れるんだニャ。
しっかり眠れると、次の日の朝、
「オハヨー!」って大きな声で挨拶
できるくらい元気に起きられるし、
きっと、その日一日がんばれると思う。

 


その結果、いろんなことが、
いいほうへ行くようになる……、と思うニャ。


 

ね、寝具って大事だよね。
すんごく極端なことを言えば、
「寝具は人生を変える」んです(キリッ)。
逆に、寝具って、
「きちんと、しっかり、はっきり、しゃっきり」
選ばないと、コワイよー、コワイよー。


アタシのブログ読んで、寝具選びの参考にしてニャ。

 

あと、絹の、あ、シルクのいいところ、
もう一つ書いちゃおう。それはね、
シルクは繊維が壊れにくいのでホコリが立ちにくいってこと。

 



だから、寝室にもホコリがたまりにくくて、
ハウスダストにアレルギーがある
ニャンゲンにはうれしいニャ。


 

 

こんなにいいところがあるシルクだけど、
マイナスなことも知っておいたほうがいいニョ。
まずお値段は安くはないこと。それに汚れても洗濯はできないし、
日光にも弱いから、天日干しもダメで、長持ちしニャい。

 

 

わたしんなら、真綿ふとんの丸洗いも可能なんで
相談したらいいですよ。

 

 


だから、最低限、シルクの寝具の手入れ法を勉強してから
買ったほうがいいニャ。ただ、シルクと綿や他の
繊維を合わせたものもあるから、
そっちを買うのもいいかもしれない。

 


コースケとマミーは、今のところ、
アタシが一緒に寝てあげて、毛の感触を
楽しませてあげてるから、
シルクはいらないんじゃないかニャ~。



ま、いいか。

 

掲載日:2020年1月27日

人気記事
関連記事
新品のようによみがえる羽毛ふとんのリフォーム

みなさん、こんにちは。 羽毛ふとん・マッ Read more

「コロナ-免疫力を高める寝具―特別編」の巻

今回は、寝具とは少し離れたことを書くニャ Read more

花粉が飛ぶ、飛ぶ季節の家での過ごし方

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

枕の洗濯、モミモミ編

新シリーズ・ネコの片手(キティの寝具夜話 Read more

トイレと眠りの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、
アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年22歳になる陸ガメさんで、アタシの
尊敬するピエール兄ちゃんの四人で
暮らしているニャ。

 



え~、大事なお知らせです。

 

ついにアタシ、キティは1月の25日に
1歳の誕生日を迎えます。

 

 


ニャンゲンでいえば6歳くらいで、まだ子ども。
でも一生懸命に頑張って寝具のブログ書くから
読んでニャ、お願いニャ~。あ、誕生日プレゼント、
受付中ですニャ。

 

 

 


というので、今回のブログは「トイレと眠り」について。

 

 

 


どうしてかといえば、ニャンゲンは熟睡、しっかりと
眠ることが大事らしいけど、それを邪魔するのがトイレだから。

 



アタシたちネコ族は熟睡しないし、トイレだって、
普通は部屋に置いてあるから、チャッチャッの
チャって済ますこともできる。

 

 


だからトイレと眠りはそんなに関係ニャイ。
あ、アタシね、トイレのあと、砂を山のように
かけるクセがあるんニャ。だって見られるの
恥ずかしいからニャ。ま、始末してもらうとき、
結局は見られるけど……。

 

 



でね、ニャンゲンはトイレが近いと
目が覚めて深い眠りができなくなっちゃう。
特に何年も生き続けてきたお年寄りはそうみたいだ。

 

 



じゃ、どうすればいいか……、あまりに夜中に
トイレタイムが多いときは、病気が原因の
可能性もあるから、一度は病院で診断して
もらったほうがいいニャ。

 

 




あと、毎日の生活でも、いくつか気をつけると、
夜中にトイレに起きることがなくなったり、
回数を減らせるみたいだニャ。


 

 

 

そのポイントは二つある(キリッ)!


まず、誰でも想像できると思うけど、
「水分を取り過ぎないこと」。

 

 



特に、寝る前に、ビールなんかのアルコールや、
コーヒーのようなカフェインの多い飲み物、
それに刺激の強い食べ物を控えること。

 



ただ、間違っちゃいけないのは、水分を
「取り過ぎない」のは大事だけど、
「適量は必要」だってこと。


 

 

 

夜中にニャンゲンは汗なんかで身体の水分が
失われるから、血液が濃くなりがちになるんだって。

 

 


するとね、血管、脳、心臓なんかが
「まずいな~、やべえな~」ってなってしまう。
だからほどほどの水分は必要なんだ。
これが難しいところだニャ。


 

 

そこでおすすめなのは、ベッドサイドに、
すぐ飲めるように水を用意しておくといいらしい。
そういえば、うちのコースケもマミーも、
水を入れたペットボトルをベッドサイドに用意している。



けっこうしっかり健康に注意してるんだ。
そういえばコースケって健康や医学雑誌の
編集の仕事もしてたらしいから、知識はあるんだニャ。


ネコのアタシの体のこともよく知っていて
注意してくれてるし、ウン、
アタシ幸せだニャ~。テヘ。

 



もう一つのポイントは、身体、
特に下半身を冷やさないこと。

 


だから寝る前にお風呂に入って、
皮膚の水分が飛ぶまで部屋でゆったりして、
コップ1杯くらいの水(白湯)で身体を潤して、
身体がほんのり温かい状態でベッドに入る……、
これがいいニャ。


 

で、大切なのが寝具。
水分ついでに布団の中の湿気について
調べてみると、素材はシルクなんかがいいらしい。
値段が高くて、きめ細かな手入れも必要だし、
長持ちはしないみたいだけど……。

詳しいことは次からのブログで書くニャ。
読んでニャ~。

掲載日:2020年1月20日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

あったか~毛布 の巻

アタシ、ネコのキティ。
今年の春から、アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年21歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

前回 https://watashin.com/blog/191205/

長年の懸案事項であった
パジャマ問題の解決に一筋の光明が
見えたことは大変に喜ばしいことである。……、

 

え? 冗談です!

 

ちょっと偉そうな書き方してみただけ、
ごめんなさいニャ。で、今回も、寒がり
ニャンゲンのための寝具について。

 

またコースケが叫んでいるニャ。
「なんか寒いな~、毛布、もっと厚いのあったよね~、
毛布じゃなければ布団でもいいけど。

 

だけど、布団だと、ちょっと暑いかな。
暑すぎて汗かいて、風邪ひいちゃうかもしれないし、
あ~、どうしよう~、どうしよう~」

 

まったく、コースケって「決められない男」だニャ、
ホントに情けない。だけど、コースケ、結局、
まだ冬の始まりなのに、真冬用、最終兵器の
羽毛布団を出してきた。でも、出してきたのはいいけどニャ、
この前なんか、下半身は裏起毛のスエット、
上半身はモコモコのフリースのまま布団に潜り込んでた。

 

「それって暑くね?」って思いながら見ていたら、
しばらくして布団から脚が出てきて、その後すぐに、
毛布と布団がはねのけられた。次の日、コースケ、
「くそー、鼻グズだ~、風邪薬、もうなかったっけ? 」

 

なんてことに。
だから、前回、ちゃんとパジャママンになれって言ってあげたのに……。

 

 

でも、こんなニャンゲン、コースケだけじゃないと思うニャ。
夜、寝具の温度管理、難しいみたいだから。

 

 

で、またまた研究心がムクムクしてきたアタシ、
ものの本をひも解いてみると、……発見!
毛布や布団の温度調節にはコツがあるらしい。

 

 

その内容を披露すると、羽毛布団と毛布は、
身体にかける順番が大切なんだって!

 

まず、羽毛布団は体温を吸収して温まってくるので、
最初に羽毛布団を体に直接かけること。

 

それと羽毛布団は蒸発した汗を逃がしてくれるので、
その働きを邪魔しないように、カバーも通気性の
いいコットンがおすすめみたい。

 

あと、毛布は、薄いもののほうがいいらしいニャ。
なぜかっていうとね、羽毛布団がたくわえた
「温かさ」を逃がさないように、そして羽毛が
つぶれないように羽毛布団の上にふんわりとかけるためだって。
ニャ~るほどね、ネコのアタシでも納得できるニャ。

 

そういえば、アタシの毛はすごくふわふわしていて、
間に空気がいっぱいだから体温が逃げない、だから寒さにも強いんだニャ。

 

 

だけど、コースケ、自分でも、寝るときに暑すぎると
汗かいて、風邪をひく……ってわかってるのに、
いつも、そのまま風邪薬のお世話になるなんて、
アタシとしちゃ、どうしようもないニャ。

 

 

夜、寝くずれて、風邪ひきそうなコースケの様子を見たら、
今度からアタシが乗っかっていって、
温めてやろうかな……。こんなアタシのネコ心、
コースケ、わかってるのかな……。しかし、アタシって、
何てやさしい、そしてかわいいネコなんだろう、
自分でも感心しちゃうニャ、ニャ?

 

 

 

掲載日:2019年12月20日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

「のど、からっから の巻」

アタシ、ネコのキティ。
今年の春から、アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年21歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

なんか、寒くなってきた。
アタシはネコだから寒さに強いけど、皆さんは大丈夫かニャ?

 

ウチのコースケも寒がりでつらそう。
そう、最近、コースケのことで気になることがある。
この前、コースケとマミーが、こんな話をしていたからニャのだ。

 

「最近さー、空気かわいてるからさー、夜、寝てて、
のど、からっからだよ。僕、口呼吸だから……、
きっとだらしない顔して寝てるから、あまり見られたくないけどね」

 

 

「そう、ほんと……、ハハハ。もう、慣れたけどね、ハハハ。
でも、のどがかわくと、いろいろな病気の原因にもなるみたいだし、
いい方法ないのかしらね」

 

 

冬になると空気が乾燥して、寝てるときに口呼吸してるニャンゲンは、
のどがかわいちゃうんだニャ。それにコースケ、
「ンガガ、ガガッ」なんて、壊れたラジオみたいないびきかくし……。

 

だけど、なんでコースケは口で呼吸してるのかニャ?
アタシみたいなネコだ~って♪、犬だ~って、アメンボだ~って~、
みんな、みんな~♪ 鼻から呼吸で生きているんだニャ~♪
なのに。……あ、アメンボは違うニャ。

 

 

そこで、アタシ、今回も調べてみたよ。
わかったのは、口呼吸ってマミーの言うように
健康に良くないってこと。アタシには難しいけど、
専門家の先生たちの説明をいくつか挙げておくと、

 


●風邪を引きやすくなる/鼻の穴って、細かい毛が
生えているし粘膜もあって、空気中のアレルギー物質や
ウイルスが体の中に入ってくるのを防いでくれるらしい。

 

口呼吸でのどが乾燥すると、
病原菌やウイルスが入ってきやすくなるんニャ。

 


●酸素が少なくなる/口呼吸は、鼻呼吸よりも
酸素を摂取する量が少なくなるんだって。

 

眠っているとき、何となく息苦しくなったり、
脳に十分な酸素がいかない、なんてことがあるかも……。

 

 

掲載日:2019年12月15日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

パジャマのはなし、パジャママン

新シリーズ・ネコの片手(キティの寝具夜話〈やわ〜〉)
(しょの⑧)「もう少し マットレスの研究)」

(しょの①のお話/「かニャ~、かニャ~の法則」 https://watashin.com/blog/190915/
(しょの②のお話/アレ、コレの枕カバー編 https://watashin.com/blog/190916/
(しょの③のお話/「枕の洗濯、ガーガー編」) https://watashin.com/blog/190923/
(しょの④のお話/「枕の洗濯、モミモミ編」)→ https://watashin.com/blog/190928/
(しょの⑤のお話/「点、点、点の編」)    → https://watashin.com/blog/191013/
(しょの⑥のお話/「呼吸が楽になるベッドの編」)    → https://watashin.com/blog/191028/
(しょの⑦のお話/「もう一度マットレスの点の研究をしてみたの編」)→ https://watashin.com/blog/191113/
(しょの⑧)「もう少し マットレスの研究)」 → https://wtashin.com/blog/191129/

 

アタシ、ネコのキティ。
今年の春から、アタシの言うことは何でもきいてくれる
ニャンゲンのコースケと、その奥さんのマミー、
今年21歳になる陸ガメさんで、アタシの尊敬する
ピエール兄ちゃんの四人で暮らしているニャ。

 

コースケが朝から、地球に文句を言ってる。
「寒いよ~、寒いよ~。早く夏、来ないかな〜。寒いよ〜」

 

 

これからホンマもんの冬が来るっちゅうのに、
今からこれじゃ、どうなることニャら。

 

ま、アタシは最高品質のウエアをまとってるから、
まだ寒くないけど、ニャンゲンは大変かもニャ。

 

夜とか朝は、アタシでも自然に体が丸くなっちゃうくらいだし……。

そこでアタシ、寝具について調べてみた。で、
いくつかわかったことがある。最初に書きたいのは、
寝具じゃなくてパジャマのこと。は? なんでか?
というと、コースケはパジャマ着ないで、そのまま
ベッドで寝落ちしちゃうことが多いから。

 

で、ある晴れた日の昼下がりに聞いてみた、
なんでパジャマ着ないんだニャ?って。そうしたら、

 

「オイラ、失神するくらい眠くなるまで起きていたいんだよ。
寝てる時間なんて、死んでるみてえなもんだろ?
時間もったいねえじゃねえか、

 

だからよ、風呂にへえった後は着替えるけど、
寝るときゃあ、倒れる寸前で、パジャマに
着替える元気も出ねえんだ。

 

それに仕事がたてこんできた日にゃ、風呂に入れないで、
ジーンズはいたままベッドでバッタリってエこともある、
ダハハ……。ま、カミさんと、メオトになった当初は
『おまいさん、ちゃんとパジャマにお着替えなさいな』
なんて、カミさんに叱られたけどよ……、え?

 

オイラのカミさん? 怒った顔もまた、かわいいんだ、これが、テヘ」

 

なにが「テヘ」だ、コースケ。しょうがないニャ。
でも、気持ち良く眠るためには、パジャマが大切だってこと、
教えてあげることにした。
まずは、パジャマの素材。ニャンゲンは汗をかくから、
汗を吸収して蒸れにくいコットンがいちばん。

 

冬だって寝てるときは汗をかくから、これは大事だニャ。
あと、冬のパジャマは、やっぱり少し厚みがあって、
裏地が起毛、そう、アタシの毛みたいな、ふんわりした毛が、
やさしく立っているものが「あったか~くて」いいらしいニャ。

 

あと大事なことは、パジャマは体を締め付けない、
だらしニャ~いもの、いや、ゆったりしたものを選ぶこと。
パジャマの上は、大き目で少し厚手のTシャツなんかで、
「もう飽きちゃったし、テロンテロンだから、もう着ないな~」
なんてのを着てもいい。

 

そうすれば、そのTシャツを着ていたときの楽しい
思い出をまとって眠ることもできるニャ!?

 

アタシってロマンチスト~! え?
嫌な思い出しかない? 捨てるニャ!

 

それと大事なのはパジャマの下。
特に、長く生きてきたニャンゲンは、寝ている間に
ゴムが締まってきつくなると、血行が悪くなって
熟睡できないし、疲れっちゃう。

 

だから、パジャマの下はゴムじゃなく、
ヒモヒモでしばるタイプのほうがいいニャ。

 

ん? 今、気がついたニャ。アタシもコースケと同じで、
昼間の毛皮のままベッドで寝てるニャ……。

 

アタシも野蛮人、いや、野蛮ネコだったのか? ん?
まてよ、アタシは、体をなめて、すっごく、
すっごくキレイにしてるじゃないか。
コースケとは違って清潔だニャ、ダハハ……。ん?

あったか寝具は次の回に書くニャ。読んでニャ。

掲載日:2019年12月5日

人気記事
関連記事
ウイルスを防ぐための抗菌

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more

花粉と換気と寝室の話

(しょの20)「花粉が飛ぶニャ の巻」 Read more

湿気は嫌いの巻

アタシ、ネコのキティ。去年の春から、 ア Read more